« 線の造形、線の空間 | トップページ | AUDIO ARCHITECTURE/TRAVELS TRAVEL/平田晃久展 »

人麿影供900年 歌仙と古筆/大名茶人・松平不昧/ うるしの彩り

「人麿影供900年 歌仙と古筆」展
出光美術館
6/16-7/22
 
とても見応えのある面白い展覧会でした。様々な歌人の出てくる三十六歌仙の図、柿本人麿の図などを中心の展示でした。そして、岩佐又兵衛関連の作品が多い贅沢な展覧会。広範囲は石山切などの和様の書なども並びます。眼福!な展覧会でした。
 
 
 
大名茶人・松平不昧 -お殿さまの審美眼-
三井記念美術館
4/21-6/17
 
Img_3767
 
茶人、松平不昧の集めた名品の展示です。茶道具が中心ですが、とにかく素晴らしい品ばかり、国宝だの重文だのの指定品も多くあります。
千利休、本阿弥光悦、牧谿などの名前が並び間ます。個人的には原羊遊斎作のものが目を惹きました。同じ時期にやっていた畠山記念館の松平不昧展には行けず残念。
 
 
 
うるしの彩り―漆黒と金銀が織りなす美の世界
泉屋博古館 分館
6/2-7/16
 
Img_4743
 
漆加工された逸品が並びます。漆の加工の種別や技術などについても説明してあって、とても勉強になる展覧会でした。また日本と中国や朝鮮などの漆を使った器の違いなども実際に見て確認することができました。
 

|

« 線の造形、線の空間 | トップページ | AUDIO ARCHITECTURE/TRAVELS TRAVEL/平田晃久展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人麿影供900年 歌仙と古筆/大名茶人・松平不昧/ うるしの彩り:

« 線の造形、線の空間 | トップページ | AUDIO ARCHITECTURE/TRAVELS TRAVEL/平田晃久展 »