« 小瀬村真美:幻画~像(イメージ)の表皮 | トップページ | 「第12回 shiseido art egg」冨安由真展 くりかえしみるゆめ »

ゴードン・マッタ=クラーク回顧展/「第12回 shiseido art egg」佐藤浩一展/藤森兼明展/昭和~平成 日本画 師弟の系譜/ 山田純嗣展 絵画をめぐって―2・3・2―/新宮 さやか展

ゴードン・マッタ=クラーク回顧展
国立近代美術館
6/19-9/17
 
Img_4552
 
Img_4625
 
好きだと思っていたんだけどなぁ、な展覧会でしたが、結果、どうも私の中ではイマイチでした。
 
Img_4558
 
Img_4561
 
なんか、展示の装飾もやり過ぎな感じもあって、ちょっと興ざめでしたね。
 
Img_4579
 
Img_4587
 
作品自体は70年代の文化!て感じで好きなものもありました。
 
Img_4568
 
Img_4567
 
単管使ったり、工事現場風、もしくは建物の一部風と言うのは演出方面としては決して間違っていないとは思うのですが。
 
Img_4603
 
Img_4630
 
もうちょっと抑えても良かったよね、な感じは否めない。作品と空間演出の垣根が低いといえばいい感じもあるかもしれませんが、作品が目立たないというところもありますね。
 
Img_4665
 
Img_4690
 
常設展は相変わらず素晴らしいです。
 
Img_4681
 
高嶺格 “God Bless America”は名作だと思います。10年くらい前でしょうか、一番初めに見たとき(国立近美だった気がします)の衝撃は忘れない。
 
 
 
第12回 shiseido art egg 佐藤浩一展 半開花の庭
資生堂ギャラリー
7/6-7/29
 
Img_5052
 
今回のshiseido art eggは好みの作品が多かった。と言うか、似たベクトルの作家が集まったのか、審査の好みでそうなったのか。今までは敢えて別のタイプの作家を取り上げていた気もするけど、今回はたまたま好みの方向性が近くなったのかな。
 
Img_5062
 
いちじくが印象的な展示でした。
 
Img_5063
 
資生堂ギャラリーのショーウィンドウ。
 
 
 
藤森兼明展
日本橋三越本館6階 美術特選画廊
6/20-6/25
 
多分実在の人をまるで宗教画のように神々しく描いています。座って足を組んでいる正面向きの美人さんが多い気がします。
 
 
 
昭和~平成 日本画 師弟の系譜
日本橋三越本館6階 美術特選画廊
6/20-6/25
 
面白かった。ギャラリーにあった説明を売って欲しかったです。昭和の大家な画家から現代に活躍している画家の系譜がどうつながっているか実際の絵を見ながら勉強できました。
 
 
 
山田純嗣展 絵画をめぐって―2・3・2―
日本橋タカシマヤ6階 美術画廊 X
6/6-6/25
 
モネや琳派などの名画のモチーフを立体化し、白銀色で表現しています。ここら辺のブログに作り方が載っています。
日本橋タカシマヤ 美術画廊 Xブログ
 
 
 
新宮 さやか展
日本橋タカシマヤ6階 美術工芸サロン
6/20-6/25
 
陶の作品なのですが有機的な曲線を描いた植物の花などがすごい。とにかくすごいです。ここら辺のブログの中頃に載っています。
京都タカシマヤ アートdeほっこりブログ
 
 

|

« 小瀬村真美:幻画~像(イメージ)の表皮 | トップページ | 「第12回 shiseido art egg」冨安由真展 くりかえしみるゆめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴードン・マッタ=クラーク回顧展/「第12回 shiseido art egg」佐藤浩一展/藤森兼明展/昭和~平成 日本画 師弟の系譜/ 山田純嗣展 絵画をめぐって―2・3・2―/新宮 さやか展:

« 小瀬村真美:幻画~像(イメージ)の表皮 | トップページ | 「第12回 shiseido art egg」冨安由真展 くりかえしみるゆめ »