« 「いまトピアート部」:さて9人揃ったら何が出来る? | トップページ | ブルーノ・ムナーリ展/抽象の悦び/百花繚乱、そして葉山女子旅きっぷ »

琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―

少し前にいまトピの方にこんなコラムを書きました。
 
とにかくカッコいい。デザイン好きは必見、それが琳派!
 
このコラムの内容にピッタリの展覧会が山種美術館で始まっています。これはコラム読んでから展覧会を観るか、展覧会を観てからコラムを読むか!?
 
 
Rinpaten
 
【特別展】琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―
山種美術館
5/12-7/8
 
「琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―」展の内覧会に参加させて頂きました。
写真は内覧会で特別に許可を得て撮影したものです。
 
 
Img_3026
俵屋宗達(絵)・本阿弥光悦(書)《鹿下絵新古今集和歌巻断簡》、山種美術館所蔵
 
タイトルにあるとおり琳派の祖である俵屋宗達本阿弥光悦、その後に活躍した尾形光琳酒井抱一鈴木其一、そしてその琳派の画家達に影響を受けた近代・現代の日本画家やデザイナーまでを辿る展覧会です。
 
宗達や光琳の作品から始まり神坂雪佳までを琳派の流れとし、菱田春草福田平八郎速水御舟加山又造などの近代以降の画家達の作品と琳派作品を見比べる事が出来るようになっています。そして20世紀の琳派として琳派を現代に広めたグラフィックデザイナー 田中一光の作品が展覧会の最初と最後で象徴的に扱われています。
 
 
 
Img_3032
俵屋宗達(絵)・本阿弥光悦(書)《四季草花下絵和歌短冊帖》(一部)、山種美術館所蔵
 
まずは琳派第一世代とも言える俵屋宗達本阿弥光悦。琳派はここから始まっています。この二人のコラボは素晴らしいですよね。単純化された図案、大胆な構図。この短冊の黒い部分、銀が参加して黒くなってしまったのですが、これが銀色の時に見てみたかった……。
 
 
Img_3054
伝 俵屋宗達《槙楓図》、山種美術館所蔵
 
この《槙楓図》は今回の展覧会で通常の会期中でも撮影OKなもの。琳派第二世代でもある尾形光琳がこれと同じような図柄を屏風に描いています。
 
 
Img_3057
酒井抱一《秋草鶉図》【重要美術品】、山種美術館所蔵
 
そして琳派第三世代でもある酒井抱一鈴木其一。山種美術館はここらの作品の層が厚いですね。この《秋草鶉図》は抱一の作品の中でも名品の一つだと思います。
 
 
Img_3046
酒井抱一《月梅図》、山種美術館所蔵
 
手前の梅と奥の月が重なり合う感じが良いですよね。先の《秋草鶉図》もそうですし、他に出展されている酒井抱一の《秋草図》(前期展示のみ、5/12-6/3まで)でも月に薄が被さってきています。抱一は何か月に恨みでもあるのでしょうか、笑?この月を引き立て役にしてしまう感じのセンスがとても好きです。
 
 
Img_3069
鈴木其一《四季花鳥図》、山種美術館所蔵
 
そして抱一の弟子でもあった鈴木其一。四季を全部詰め込んでいる屏風。其一は師匠の抱一よりも尾形光琳寄りの絵を描く人だと思っていましたが、この屏風を見ると其一の個性は出ていながらも抱一の《秋草鶉図》にもちゃんと繋がっているんだなぁ、と改めて思いました。
 
 
Img_3061
鈴木其一《牡丹図》、山種美術館所蔵
 
中国絵画風で描かれた其一の牡丹。この絵、琳派風ではありませんが其一の作品のなかでも思わず足を止めて見入ってしまうものの一つです。色っぽいんですよね。艶かしい絵です。
 
他にも琳派の流れとしては京都で絵画だけでなく工芸などにも関わっていた神坂雪佳の作品などもあります。あのエルメスが発行した雑誌『LE MONDE D`HERMES』の表紙も飾っているんですよね。
 
 
 
Img_3076
菱田春草《月四題》(一部、手前から「春」「夏」)、山種美術館所蔵
 
さて、後半は琳派の影響を受けた近代・現代画家の作品展示となります。菱田春草の月の絵、月の前にかぶせてきてますねぇ。写真には見えないですが「秋」も葡萄の蔓が思い切り月の前を横切っていました。
 
 
Img_3071
速水御舟《翠苔緑芝》、山種美術館所蔵
 
速水御舟のこの屏風、個性的で、部分部分は現代的な点もありますが、全体の構図や平面的な点、あとはウサギの描かれ方などが琳派的です。
 
 
Img_3102
奥村土牛《啄木鳥》、山種美術館所蔵
 
奥村土牛の絵も思い切りたらしこみを使っていて琳派風です。この他にも福田平八郎荒木十畝加山又造の絵などが並びそれぞれが構図だったりモチーフだったり装飾的な面などで琳派を意識しているのがわかります。
 
 
そして20世紀の琳派、現代の有名グラフィックデザイナーである田中一光。会場に入って最初のところに宗達が平家納経修復時に描いた鹿をモチーフにした《JAPAN》のポスターがあります。最後の部屋には光琳かるたの流水をモチーフにした《Toru Takemitsu:Music Today 1973-92》のポスターなどがあります。《JAPAN》の鹿のポスターはこの展覧会のチラシにも使われています。琳派のモチーフを使っているとハッキリとわかるのに、ちゃんと田中一光作品として完成されているのが素晴らしいと思います。
 
 
Img_3105
伝 藤原公任《石山切(伊勢集)》【重要美術品】、山種美術館所蔵
 
そして知りませんでした。田中一光が石山切をはじめとする古筆の料紙装飾をモチーフに使った作品を作っていたとは。和様の書好きとしてはこの展覧会で石山切を見ること出来るとはなんと幸せなこと!
 
 
山種美術館に普段の展覧会を見に来る層は日本美術が好きな人が多いでしょうから、田中一光作品はあまり見慣れないものかもしれません。私のようなデザイン好きとしては現代のデザインと言う世界で琳派の流れが続いていることを日本美術ファンに知って欲しいです。そして、デザインに関わる人で日本美術の展覧会に行く人って意外に限られるのですよね。そう言うデザイン寄りの人にこの展覧会を見て日本美術に触れて欲しいと思います。
 
 
 
さて、来年の2019年、「Seed 山種美術館 日本画アワード 2019」が開催されるそうです。昔、日本画の新人登龍門として開催していた「山種美術館賞」を今の時代に復活させた「Seed 山種美術館 日本画アワード」の第1回目が2016年でした。
 
Seed 山種美術館 日本画アワード 2016 ―未来をになう日本画新世代―
 
2019年はその第2回目です。さて今回はどんな作品が出てくるのか、楽しみです。山種美術館の公式ホームページに6月頃に公募の詳細が発表されるそうですので、若き日本画家さん達は心待ちにしていてください!私達見る側も素晴らしい作品を見ることが出来るのを心待ちにしています。来年まで待てませんね。
 

|

« 「いまトピアート部」:さて9人揃ったら何が出来る? | トップページ | ブルーノ・ムナーリ展/抽象の悦び/百花繚乱、そして葉山女子旅きっぷ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/66722833

この記事へのトラックバック一覧です: 琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―:

« 「いまトピアート部」:さて9人揃ったら何が出来る? | トップページ | ブルーノ・ムナーリ展/抽象の悦び/百花繚乱、そして葉山女子旅きっぷ »