« こいのぼりなう!/至上の印象派展 ビュールレ・コレクション | トップページ | 「いまトピアート部」:さて9人揃ったら何が出来る? »

阿佐ヶ谷アートストリート2018

阿佐ヶ谷アートストリート2018
産業商工会館ほか、阿佐ヶ谷各所
4/1-5/25
 
どこか別のところでたまたまチラシを発見して「え?いまやっているの?」となったのでした。阿佐ヶ谷に住んでいるアートファンが開催中にやっていることに気がつかなかったイベントです。私のSNS周辺にも出て来ないですね。比較的アートクラスタや中央線クラスタはフォロワーに居るはずなんだけど……。
 
去年も書いたのだけど、この時期にこれをやっていること知らない!もうちょっと街中でやってる感出せないでしょうか?そう言う広報的なものなんとかならないだろうか?な思いは今年もありました。
 
Img_2645
 
とは言ってもなんだかんだで5回目の様です。私が見たのはこれで3回。
 
産業商工会館と地域区民センターで現代アート系の展示。絵画や写真や立体や書など様々。狙いかもしれないけど展示室によってはどの作品がどの作者が良く判らないところも。作家も前回と被っている人もいる。あと、システムのパネルの展示など展示の仕方がなんとなく区民公募展的な寂しさも。フェア感、と言ってもうまく説明できないけど、その感じはあまり無い。
 
また前回に見て比較的力が入っていたように見えた建築系の展示が今回は区民ギャラリーでの展示になってしまった。区役所の中の施設なので日曜祝日はやっていない。平日は17時までの開催。と言うことで私は残念ながら見ることは出来ませんでした。せっかく永山祐子さんなどの有名な建築家が参加しているのでなんとかならなかったのだろうか?
 
とはいいつつも、このフェア、おそらく私みたいな狭義な意味でのアートファンがターゲットでは無いのかと思います。去年も書きましたが、もう少し広義な意味でのアートとして展開されているイベントで、ダンスやパフォーマンスあり、谷川俊太郎さんの詩の朗読なども行われています。今年は善福寺川の川沿いで彫刻の展示もやっていたようです。
 
ま、そういう面が特色のイベントだともう3回も参加しているので判ってはいるのですがね、でも全うな現代アートの展示ももう少し頑張ってくれてもいい気はするし、なによりも今この期間にこのイベントが開催されていると言うことを地元に住む人が(そして地元のアートファンが)知らないというのがちょっと残念です。
 
 
 

|

« こいのぼりなう!/至上の印象派展 ビュールレ・コレクション | トップページ | 「いまトピアート部」:さて9人揃ったら何が出来る? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/66701137

この記事へのトラックバック一覧です: 阿佐ヶ谷アートストリート2018:

« こいのぼりなう!/至上の印象派展 ビュールレ・コレクション | トップページ | 「いまトピアート部」:さて9人揃ったら何が出来る? »