« 谷川俊太郎展/収蔵品展061「なつかしき」/project N 70「宮本穂曇」 | トップページ | サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法 »

会田誠「GROUND NO PLAN」展

会田誠「GROUND NO PLAN」展
“東京は、日本は、何処に向かうべきか―会田誠の愚案・暴案10連発以上!”
青山クリスタルビルB1F、B2F
2/10-2/24
 
いや、かなり前の展覧会なのですが、なかなか感想を書けなくて、後回しにしていたら今になってしまったというやつです。すいません。
 
Img_0911
 
いやー、想像以上に(失礼)ホンキの展示でした。スポンサーの大林組が青ざめてないか心配です。この場所、一昔前にクラブ ミューズがあったところですね。その前はKing &Queen。
 
Img_0962
 
この展覧会見るのに結構時間かかりました。作品数もそこそこありますが、読み込むものも結構ありました。写真撮影もOKでしたし。無料だし、期間が短かったのもあってでしょうか最後のほうは入口に行列が出来たとか。
 
Img_0920
 
Chim↑Pomや山口晃も参加してます。この展覧会はそもそも都市というものは?と言うお題を元にアーティストに展覧会をひらいてもらったもの。公益財団法人大林財団の助成プログラムで第1回目のアーティストが会田誠さんと言うわけです。
 
Img_0917
 
会田さんが東京都庁の理想像みたいなものの下絵を描いて、山口晃さんに清書を頼んで出来たものがこれ。出来たというか少々途中気味でもありますがね。
 
Img_0914
 
逆に山口晃さんの作品「新東都名所東海道中日本橋改」を会田誠バージョンとして描いたものが「シン日本橋」。
 
Img_0937
 
東京湾にある人工島海底道路の風の塔改良案が「ちくわ女」。そうこれ「コージ苑」!相原コージも来てサインして行ったとか。他にも中央線ネタのスケッチとかも面白かった。
 
Img_0953
 
過去にも発表したという「新宿御苑大改造計画」は見ごたえある。
 
Img_0956
 
ジオラマの周りには黒板絵でどの様に改造するかが描いてある。
 
Img_0959
 
わかっていた事なんですけど、やはり絵が上手いなぁ、とあらためて思いました。
 
Img_0973
 
地下2階すぐにある部屋が一番何か衝撃的だったかも。ただの雑草が容器に入ってるだけの展示。この前の階段の吹き抜けにあった雑草の絵とのつながりだろうか。
 
Img_0975
 
雑草の周りには電車が走っている。壁には坂口安吾のテキスト。なんかこのコーナーは痺れる。
 
Img_0985
 
後は地下2階は混沌の世界。会田さんやりたい放題。もちろんそこにはコンセプトがあってそれに則っているものではありますが。エヴァンゲリオンもでてきたり、サラリーマンのネクタイが出てきたり。
 
Img_0989
 
少しチンポムの歌舞伎町での展覧会を思い出したりもしたけど。根っこは繋がっている感じですね。 
 
Img_1010
 
さらばH鋼とか建物は2階建て以上いらないとか、現代建築へのアンチテーゼスローガンもあり、ねぇ、大林組さん大丈夫ですかね、笑。
 
Img_1025
 
息子とのコラボ展示もありましたね。 その奥には棚田炎上コーナーや某首相に扮して演説するコーナーなど。
 
Img_1003
 
Chim↑Pom参加コーナーがあります。
 
Img_1005
 
その奥では会田さん自身がヨゼフ・ボイスに扮してカサブランカダンディの替え歌で、ボイスあんたの時代は良かった、とカラオケで歌っている。
 
アート展とはこのくらいアバンギャルドであるべきだという姿勢とかそれを判ってOK出している(?)スポンサーとかアナーキーな点をどこまで攻められるかとか、いろんな意味で見ていて面白い展覧会でした。
 
何年後かに「会田の時代は良かった」と歌うアーティストは出てくるのだろうか?
 
 

|

« 谷川俊太郎展/収蔵品展061「なつかしき」/project N 70「宮本穂曇」 | トップページ | サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会田誠「GROUND NO PLAN」展:

« 谷川俊太郎展/収蔵品展061「なつかしき」/project N 70「宮本穂曇」 | トップページ | サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法 »