« 束見本は夢をみる?/富田菜摘展「中吊りの日々」/束芋 | flow-wer arrangement/アニマルワールド/国宝 雪松図と花鳥/ 鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます/2018波音の会 | トップページ | 谷川俊太郎展/収蔵品展061「なつかしき」/project N 70「宮本穂曇」 »

熊谷守一展/近美コレクション展/20th DOMANI・明日展/en[縁]:アート・オブ・ネクサス/民俗写真の巨匠 芳賀日出男

さて終わってしまっていて、でもまだ書いてなかったよね、記録に残してきましょうシリーズ(シリーズにしちゃいけないね)ももう少し。以下の4展のメモ。
 
・熊谷守一展
・20th DOMANI・明日展
・en[縁]:アート・オブ・ネクサス
・民俗写真の巨匠 芳賀日出男 伝えるべきもの、守るべきもの
 
 
 
熊谷守一展
東京国立近代美術館
2017/12/1-2018/3/21
 
Img_1321
 
熊谷守一さんの絵、独特の世界観ありますよね。はじめの頃はあの輪郭線は無かったのを知りました。そして何を見て、何の影響はわかりませんがあの輪郭線の絵が出てきた。初期の絵にある逆光の赤いラインがあのような形に現れたのか?個人的には素直にはそうとは思いませんが、輪郭のあり方に何か感じを掴めたきっかけであったのかもしれませんね。その後も同じモチーフを何度も描いたりととにかく実験を繰り返し探究心強く様々な事をも模索しながらスタイルを作って行った方なのかと思いました。あとは、猫の絵多かったですね。好きだったのでしょうね。
 
Img_1331
 
ここに来たらコレクション展も見て行きたいですね。小茂田青樹「虫魚画巻」が目を惹きました。これ良いですね。
 
Img_1338
 
あとはゴームリーを見ながら自分でも見つめ直しますかね。
 
 
 
20th DOMANI・明日展
国立新美術館
1/13-3/4
 
今回のDOMANI展の参加作家:雨宮庸介/猪瀬直哉/田中麻記子/中谷ミチコ/中村裕太/西尾美也/増田佳江/mamoru/三宅砂織/盛圭太/やんツー、と言うメンバー。
 
Img_1072
 
私的には中谷ミチコさんのコーナーが一番でした。横浜トリエンナーレ時期に開催されていたBankartの「観光」展で見て気になっていた作家さん。この後に北参道のギャラリーでやっていた個展も見に行きました。
 
Img_1079
 
彫り込まれた面に絵を描いてその表面に透明な樹脂を流し込んでいると言う立体作品なんです!樹脂によって表面は平らなので平面作品に見えますが、凹面の立体なので見る角度で表情が変わっていきます。この方は凄いな。
 
Img_1036
 
はじめのコーナーにあった田中麻記子の絵もとても面白い。かわいいし、シニカルだし。
 
Img_1039
 
三宅砂織さんの写真を超えた写真、そんな作品も相変わらずびっくりです。
 
Img_1052
 
雨宮庸介さんはあの溶けた林檎がある、とおもったら作家さんが会場で制作を行っていました。
 
Img_1056
 
やんツーさんの世界観も面白い。作用反作用する様に見えてしてない感じもいいです。こう言う作品、たまに見るけど作用していくつながりが面白いのに、していない肩すかしな感じ。
 
Img_1070
 
猪瀬直哉さんのSF的な世界。でも一部現実が入り込んできている感じもいいですね。
 
 
en[縁]:アート・オブ・ネクサス
-第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館帰国展
ギャラリー間
1/24-3/18
 
Img_1115
 
日本の家、って実際はどこまで海外で評判なんでしょうね?汐留の展覧会、竹橋の展覧会など見ていた、確か狭い土地に建てているからからかに工夫は多いし、多分海外とは発想が違うところがあるのかもしれませんね。
 
Img_1118
 
この展覧会そのもの単独としては面白いと思いましたが実際にこれがベネチアビエンナーレでどう受け止められたかが気になります。同じ感じの展覧会としては汐留の方が個人的には好きでした。
 
 
 
民俗写真の巨匠 芳賀日出男 伝えるべきもの、守るべきもの
FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館
1/4-3/31
 
Img_1135
 
人のパワーってこう言うのに出ますよね、と言う感じで、祝祭など伝えられていくものとしての写真。
 
Img_1141
 
しかし、これを、この瞬間を写真として閉じ込める事が出来ると言うのもすごい。人の力って本当に凄いね。
 

|

« 束見本は夢をみる?/富田菜摘展「中吊りの日々」/束芋 | flow-wer arrangement/アニマルワールド/国宝 雪松図と花鳥/ 鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます/2018波音の会 | トップページ | 谷川俊太郎展/収蔵品展061「なつかしき」/project N 70「宮本穂曇」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊谷守一展/近美コレクション展/20th DOMANI・明日展/en[縁]:アート・オブ・ネクサス/民俗写真の巨匠 芳賀日出男:

« 束見本は夢をみる?/富田菜摘展「中吊りの日々」/束芋 | flow-wer arrangement/アニマルワールド/国宝 雪松図と花鳥/ 鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます/2018波音の会 | トップページ | 谷川俊太郎展/収蔵品展061「なつかしき」/project N 70「宮本穂曇」 »