« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質

くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質
東京ステーションギャラリー
3/3-5/6
 
隈研吾さんの建築展。展示会の切り口は「物質」。建築を構成する素材に注目をした展覧会になっていました。
 
ちなみに東京ステーションギャラリーでの建築家の個展は「前川國男建築展」以来12年ぶりだとの事です。「前川國男建築展」は東京駅の改装前の2006年。現在のステーションギャラリーになってからは初めてと言うことですね。
 
Img_1534
 
まずは「竹」
会場の入口で迎え入れてくれるのはナンチャンナンチャンと言うパビリオンの一部再現。竹の質感をそのまま使っていながら構成された曲面の壁。
 
Img_1548
 
そして少し奥の個室では竹ひごの香柱と言うパビリオン。細い竹ひごで物質の存在感を無くしながら空間としての存在感を生かしていました。
 
Img_1538
 
そして「木」
Coeda Houseは熱海のホテル「ニューアカオ」に隣接するアカオハーブ&ローズガーデン内に出来たカフェ。写真を見る限りはこの傘の四方の端にガラス板が入ってますね。構造的にはガラス無しでももつのかな?
 
Img_1567
 
「木」のファサード物は隈研吾さんお得意で、スターバックス太宰府天満宮店サニーヒルズジャパンなどの有名建築の模型がありました。そして、例の後出しじゃんけん的な……いや、それはわたし個人の感想ですが。
 
Img_1583
 
次は「紙」
Archives Antoni Claveはエキスパンドメタルに和紙を覆ったもの。紙を液体の素材として扱ったという発想のもの。
 
Img_1592
 
次は「土」
虫塚はステンレスメッシュに土とガラス繊維を混ぜたものを左官したと言うもの。これは鎌倉の建長寺にあったのね。見に行きたかったなぁ。
 
Img_1661
 
次の「石」は「木」と並んでメインの扱いの展示。
石は嫌いだったと言う隈さん。ガウディのコロニア・グエル公園を見て石を塊で使うことにしてから好きになったということです。ただ、中央にあるヴィクトリア&アルバート・ミュージアム ダンディはコンクリートですよね?まぁ、でも、この大きな模型は壮観です。
 
Img_1615
 
そしてその周りに「瓦」「金属」などの建築が続き、さきほどのヴィクトリア&アルバート・ミュージアム ダンディの模型のすぐ横にあるのが「幕」であるパビリオンの浮庵。これは茶室として造られたもの。ヘリウムガスで浮いているので柱の無い移動式の茶室という発想。「幕」の展示自体は最後の方にまとまっていました。
 
Img_1629
 
次の「樹脂」ではケーブルの繊維を使った展示。これは吉祥寺にある焼鳥屋の内装に使っています。この焼き鳥屋には行ったことがあるけど、まぁ、焼き鳥屋に隈研吾の内装は必要なのかな?と思ったくらいしか記憶に無い。
 
Img_1631
 
「樹形図」の壁では隈研吾建築の分類が素材などの分類を元にプロジェクションも使って表現されていました。
 
Img_1653
 
「ガラス」のコーナーときて、最後の「幕・繊維」のコーナーにあったのがこちら品川新駅。ああ、なるほど、それでここで展覧会開催となったわけなんですね!
 
Img_1656
 
構造フレーム+幕で大屋根を構築しているというもの。駅名はどうなるのですかね?新品川なのか北品川なのか。
 
素材で分かれている展示というのが判り安いかどうかはさておきですが、色々こだわりや好き嫌いというのがあるのだなぁ、と言うことは判った。ま、それがわかったからどうなるものでもないけど、なんか、人間味あっていいかもしれないです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルドン-秘密の花園

ルドン-秘密の花園
三菱一号館美術館
2/8-5/20
 
「ルドン―秘密の花園」展に行ってきました。
 
展覧会タイトルを見るたびに、会場内で「ホールミターイ入り江の奥はー誰もー誰もー知らないー秘密のー花園ー」と歌ってしまいそうで怖いです……って、え?、なんの事かまったく判りませんって?ジェネレーションギャップってやつですかね。
 
まったく関係ない前振りでしたが、これはルドンの植物の絵の展覧会。
 
そしてまず絵とかなんとかの前に紹介したいのがこれ。
 ↓
「ルドン展 LOVES うどん県」
http://mimt.jp/redon/udon/
 
Logo_main
 
ルドンとウドン、語呂が似ている、それだけで軌跡のコラボの誕生!なんと現住所が香川県の人は入場無料+バッジ進呈+無料Wi-Fi使用可能です!ハードル高い!でもちょうど春休みに(コラボ期間は3/20-4/20)東京に出てきている香川県の人は狙い目です。それ以外の人でも香川県にある指定の3つのスポット(要ホームページで確認)で自撮りした写真があれば割引ありだとか開催日毎先着でうどんやボールペンのプレゼントなど。個人的にはロゴのるどんTENとうどんKENのTとKが重なっている文字がなかなか好きです……。
 
Img_1840
 
えーっと、いろいろ興奮してしまいましたが、私の場合、ルドンと言うと「悪の華」の挿絵の様な黒い絵を思い浮かべることが多いです。夢の世界のようなキャラクターが出てくる妖しい絵は日本でも好きな人は多いのではないでしょうか?その時代の絵も行くつか出ています。その頃のルドンが描く幻想的な植物の絵は植物学者であるクラヴォーの影響であるのではないか、と言うことが展示で紹介されていました。
 
そして黒の時代にも色彩の絵は並行して描いたいたようですが、その後徐々に色彩の絵の割合が増えていきます。この頃の夢のような色彩の絵も良かったです。
 
Img_1848
 
色彩で表現するようになっても植物のモチーフは変わらず描いていたルドン。それが今回の展覧会の目玉でもある、グランブーケ含む食堂装飾画16点に繋がっていきます。ドムシー男爵は城館の大食堂を飾る絵をルドンに依頼。それが三菱一号館美術館所蔵のグランブーケ(上の写真は撮影可能コーナーのグランブーケの複製プリント)とオルセー美術館所蔵の15点を併せた合計16点の植物の絵なんです。
 
Img_1841
 
オルセー美術館から残る15点が今回来日して、まとめて16点を見ることが出来る素晴らしい機会なんです。ちなみにルドンは18点描いたと言うようなことを言っているようです。再現で一箇所少し窓の横が空いているところがありましたがそこに実はあと2点あったとか?!展覧会の途中に食堂の絵の並び再現コーナーがあり写真撮影OKでした。
 
ルドンについて、植物を中心としたテーマでのこの様な形の展覧会は貴重な機会なのではないでしょうか?特に食堂の装飾画が16点そろうと言うの点では日本ではこの館でしか出来ないものなので、これは見ておく価値がありだと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛利悠子 グレイ スカイズ/ 北斎と北斎派の江の島

藤沢で開催されていた「毛利悠子 グレイ スカイズ」と「藤沢市藤澤浮世絵館」、残念ながら終了してしまった展示ですが、今更でも書いておかねば。ちなみにこの藤沢市アートスペースと藤沢市藤澤浮世絵館は藤沢と言っても藤沢駅ではなくJR東海道線で次の駅になる辻堂駅が最寄り駅です。
 
毛利悠子 グレイ スカイズ
藤沢市アートスペース
2017/12/2-2018/1/28
 
Img_0465
 
入口にあったのがこの作品《Everything Flows》。なんと、ビールジョッキにプロジェクションしているのです。コンセプトが強い毛利さんの作品の中では比較的わかりやすい作品になるのかもしれません。
 
Img_0468
 
そしてビールの泡に見えるもの、これは海辺の波打ち際の映像なのです。波の白く泡立つ部分とビールの泡。この海は湘南エリアのどこかでしょうか。この作品はこの奥の映像コーナーに続いていきます。
 
Img_0469
 
 
実は毛利さんは藤沢市のご出身。その縁もあり今回の個展開催となったようです。地元での凱旋展示とも言えるような素晴らしい展覧会でした。今までに見た横浜トリエンナーレや日産アートアワード、六本木クロッシングなどの展示を総括するような展示でした。
 
全くの余談ですが私も藤沢市出身。実家はこの辻堂駅が最寄り駅になります。また、毛利さんとは学年は違いますが同じ高校の出身でもあります。ただ、毛利さんの作品をはじめ見た時はそれは知りませんでした。その頃から幾つかグループ展などで見て気になる作家さんでありましたが、ある時に毛利さんの同級生(都内の某カフェ関係者の女性、同じ高校)の方からその旨を教えて頂きました。ここ数年はどこかで必ず作品を見る作家さんですね。
 
 
Img_0472
 
奥にあるインスタレーション《パレード》、私はこれが一番好きです。そしてこの作品、旧名:大船フラワーセンターと言います。ええ、ここら辺の出身者には嬉しい名前ですね。子供の頃に親に連れられて行きましたよね、フラワーセンター(地元以外知らん、的な話題ですいません)。
 
Img_0509
 
作品としては花柄の壁紙を何かの機械で読み取っています。その柄に反応する読取信号によって会場内にある様々な物たちが音を奏でるというもの。廃校から持ってきたドラムやベルリラ、アコーディオン、ふいごなどが鳴らす音はタイトルから取られたエリックサティの音楽に聞こえてきそうです。オレンジ色のランプのおかげで置いてある物の色がわからなくなっているのは展覧会タイトルの「グレイ」とのつながりでしょうか?
 
 
Img_0476
 
そして隣の部屋にあるのがモレモレシリーズ《モレモレ:ヴァリエーションズ》。地下鉄などの雨漏り対策で天井などにビニールをはって雨水を横に逃がす、あの仕掛けをアートとして組み立てたもの。これは海外の展覧会とかでも展開しているのかな?とても日本的なものの気がするのだけど。今回はワークショップで敢えて水を漏れさせ、その対応を数人でしていく形でこの作品を仕上げたようです。
 
Img_0480
 
身近なもの達、バケツやたらい、ペットボトルなどから水が漏れ、溜まり、巡回していく。動きによってドラムが鳴る。流れる水を追っていくだけで楽しい。ただ、これって日産アートアワードで発表した時の作品はデュシャンの大ガラスにモチーフを見出していましたよね?
それによって「枠」と言うものが前の作品では大事だったのですが、今回はその枠組みは無し。ワークショップで作ったからでしょうか?それともデュシャンから抜け出した次のステップなのでしょうか?
 
 
 
北斎と北斎派の江の島
藤沢市藤澤浮世絵館
2017/12/22-2018/2/18
 
Img_0482
 
藤沢市アートスペースの上の階にあります。両方とも無料と言うのがイイですね。東海道の藤沢宿、江ノ島など浮世絵には藤沢は多く描かれていることもあり、コレクションがあるようです。
 
Img_0485
 
東海道五十三次コーナー、藤沢宿コーナー、江ノ島コーナーなどのコレクション展示があり最後に企画展示コーナーがあります。
 
Img_0487
 
Img_0490
 
旅がテーマの絵が多いですね。東海道巡りの双六などもあったようで、展示されていました。
 
Img_0492
 
Img_0498
 
私が行ったときは企画展は「北斎と北斎派の江の島」でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―

[企画展] 桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―
山種美術館
3/10-5/6
 
山種美術館「桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!―」展、内覧会に参加させて頂きました。
※写真は内覧会で特別に許可を得て撮影したものです。
※奥田元宋《奥入瀬(春)》以外の展示作品は全て山種美術館所蔵品です。
 
とにかく気持ち良い展覧会、それがこの会場に一歩入ってみた時の感想です。会場にある絵すべてに桜が描かれており、それらが春の絵だと言うことだけでこんなにも展示室の雰囲気が変わるのか!と驚きました。この雰囲気を担っている一因には展示照明のこだわり等もあるようですね。「春」の到来を体験するようなそんな展覧会です。
 
Img_1823
「桜 さくら SAKURA 2018」展会場風景
 
あまりの気持ちよい雰囲気につられて、まずはなんとなく会場をぐるっと一周してしまいました。絵を一点一点じっくり見るのではなくて、まるでふらっと公園を散歩するような気持ちで。そして展覧会最後にある小部屋が……いやー、心憎い展示演出です。
 
 
Img_1766
東山魁夷《春静》
まず、展示会場のはじめに展示されている絵はこちら。館長が解説している絵がそうです。石山切の料紙のやぶり継ぎをイメージしたようなこの山のイメージに重なってくるピンクの桜。桜の色を表現する岩絵の具の混ぜ方などは何種類かあるようですが、画家による色の表現の差に注目するのも面白いかも。
 
 
さて展覧会の第1章は「名所の桜」
 
Img_1770
速水御舟 手前から《道成寺入相桜 (写生1)》《道成寺入相桜 (写生3)》《道成寺入相桜 (写生4)》
速水御舟、やはりこの人の絵は上手いですね。スケッチになるとその上手さがくっきりと浮き出てきます。さらっと描いているように見えて表現が物凄く上手い。
 
Img_1747
奥村土牛《醍醐》
奥村土牛の名作、京都・醍醐寺のしだれ桜。満開のソメイヨシノの華やかさとは違うしだれ桜の風情がぼんやりとした光の中に現れています。
 
Img_1771
奥村土牛《吉野》
同じ奥村土牛の絵でも醍醐とはまた違った感じの桜の絵。手前の桜の樹自体を入れ込みながら桜色に染まる山あいを描いています。1本の桜を描いたものと山あい全体の絵の差。ただ、なんとなく色合いや光の具合の感じは似ている気もします。同じ作家の、同じモチーフの絵だからこそこう言う見方が出来るのですね。
 
 
そして第2章は「桜を愛でる」。桜と人の関わり、文学や歴史の中における桜などの絵がありました。
 
Img_1777
左から松岡映丘《春光春衣》、菱田春草《桜下美人図》、上村松園《桜可里》
私は人物画はそれほど好きでないのですが、この一画には思わず目が行ってしまいます。華やかさに目を奪われる《春光春衣》、さすがは松園の描く美人《桜可里》、そしてこれは是非に近くで見なければ的な《桜下美人図》
 
Img_1797_2
菱田春草《桜下美人図》一部
この左側の女性のポーズ、そうあの切手にもなった菱川師宣の見返り美人図の姿ですよね。あと、右下の端にいる……この動物なに?!フェレット?この時代居ないよね、そんなの?なんでしょう、イタチみたいにも見えますが。面白い絵です。
 
 
そして第3章が「桜を描く」この章の絵がまたじっくり見ると良いものが多いです。
 
Img_1792
小林古径《桜花》一部
桜も、情緒的に描くとこうなるんだ、と言う絵。なんか好きな絵です。色合いが紅葉のような色合いだからそう見えるのかな?
 
Img_1802
川端龍子《さくら》
さくらと言うタイトルでこう描きますか?的な絵です。本来主役であるはずの花は申し訳程度。ほぼ幹だけ。しかし、あの特徴的な幹のおかげで桜だとわかりますね。
 
そして最後の小部屋、ここが良かった。ここにあるのは全部夜桜の絵なんです。気持ちいいなー、とふわふわ歩いてて、この部屋に入った瞬間にふっと引き締まる感じでした。気のせいか気温も少し下がっているような感じで夜の神秘的な世界にひたることが出来ます。
 
Img_1813_2
速水御舟《夜桜》
もうね、この絵大好きなんですよ。この美術館で何度も見ているのに、何度見ても「あー、この絵が好きだー」と見るたびに思ってしまう。本当に素敵な絵です。
 
Img_1814
速水御舟《あけぼの・春の宵のうち「春の宵」
そしてこの絵も素晴らしい。と言うか、やはり私は速水御舟の絵は好きなのだな、と改めて思いましたね。御舟の絵ならなんでも好きと言うわけではありませんが、好きなものはその度合いがとても高いのです。
 
Img_1821
千住博《夜桜》
桜には間違いなく妖しさもあるのですが、今回の展覧会でその妖しさを一番表現しているのでは無いでしょうか?夜桜ならではの世界観です。
 
 
様々な作家が描く桜。桜の絵だけで一つの展覧会を開くことが出来るのですから、どれだけ昔から日本人が桜を愛でていたかが判るというものです。そして実際に私はその絵で占める空間にいるだけで心地よさを感じているのですから、愛でる理由も判るものです。花見帰りに、雨の日に、ちょっとついでに、そんな時に美術館で花見と言うのもイイですね。
 
 
 
そして、山種美術館の次の展覧会、待っていましたの琳派です。
 
琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―
山種美術館
5/12-7/8
 
俵屋宗達+本阿弥光悦のあれも、酒井抱一のあれも、鈴木其一のあれも出るはずです。神坂雪佳もそうですし、琳派に影響された福田平八郎速水御舟加山又造などもあるようです。そして、なんとグラフィックの世界から田中一光の作品も登場とのことです。これは期待です。
 
この山種美術館の琳派展の少し前の期間に根津美術館でも琳派の展覧会をやっています。こちらは尾形光琳尾形乾山に注目した展覧会のようです。この二つの展覧会、併せて見に行きたい!
 
光琳と乾山 芸術家兄弟・響き合う美意識
根津美術館
4/14-5/13
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »