« 金沢紀行その参(展覧会、建築) 鈴木大拙館 | トップページ | 金沢紀行その五(建築) 街中建築など »

金沢紀行その四(建築) 片山津温泉総湯

さて、今回の金沢行き、一泊目は金沢のホテルに泊まりましたが、どうしても温泉に行きたくて、少し足を伸ばして加賀温泉郷まで行ってきました。
 
今回の金沢旅行、全体の行程はこちらにまとめてあります。
 
金沢紀行その六(その他) まとめ
 
 
Img_0177
 
金沢から特急で30分くらいの加賀温泉郷駅。粟津・片山津・山代・山中温泉と言う4つの温泉で構成する加賀温泉郷。レディ カガのキャンペーンは面白いです。実際に各温泉で働いている女性がモデルになっているらしい。
 
Img_0176
 
そして、この加賀温泉郷のうち建築好きとして必見なのが片山津温泉の総湯(立ち寄り湯)。なんと谷口吉生の建築設計です。
 
Img_0136
 
片山津温泉総湯(設計 谷口吉生)
 
Img_0140
 
ガラス貼りの洒落た外壁。谷口さんらしいアプローチ。
 
Img_0170
 
金沢や石川県に馴染みのある谷口さんですが、こんなところに設計建築があるとは。
 
Img_0148
 
はい、ここはもちろん温泉にも入りました。立ち寄り湯なので地元のおじさん達でいっぱいです。
 
Img_0156
 
お風呂の縁が低く設定してあり、縁からそのままお湯がオーバーフローして外壁のガラス側へ落ちていく設計なので、風呂に入っていると何も遮らず外が見えます。
 
Img_0165
 
男性と女性の風呂は入れ替わりでしょうか。浴場は建物の池(潟)側に一つ、街側に一つそれぞれあります。私が入った時は男性浴場は潟側でしたので眺めも良かったです。
 
Img_0166
 
上のフロアにはカフェもありました。ちょっと建物が細長いので運営的に大変なところもありそうですね。エレベーターで上がったらカフェエリアに直接アクセスしてしまうので、こちら側に運営側の人が誰か居ないと来客があったかどうか判らないかも。
 
Img_0143
 
レジやパントリーはエレベーターの裏側面にあるのでそっちからでは気づかないという動線になっていますね。
 
山代・山中温泉の総湯は古い建物の再現タイプなので他とは違う感じは出ていますね。ただ、私が泊まったのは山代温泉でした。こちらは比較的大きめの温泉街でした。
 

|

« 金沢紀行その参(展覧会、建築) 鈴木大拙館 | トップページ | 金沢紀行その五(建築) 街中建築など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/66292132

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢紀行その四(建築) 片山津温泉総湯:

« 金沢紀行その参(展覧会、建築) 鈴木大拙館 | トップページ | 金沢紀行その五(建築) 街中建築など »