« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽

寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽
サントリー美術館
2/14-4/8
 
もう眼福と言うしかない。素晴らしい展覧会でした。これぞ眼福。
 
Img_1132
 
年明けてからいろいろと書きたいものもあるのですが、バタバタ中で色々と保留(じきに簡単にでも書きます)。ただ、それらをとりあえず棚に上げてもこれは書いておきたくなった展覧会、それがこの「寛永の雅」。ホントにサントリー美術館って、凄く良く考えられた展覧会をやりますよね、最近、すごいです。
 
さてこの展覧会、江戸時代の初期のころにあった「寛永」と言う20年間における雅な文化を遠州・仁清・探幽の三人を中心に紹介しています。桃山文化の様に豪華なわけでもなく、琳派などの様に派手なわけでもなく、織部焼きの様に変わった形をしているのでもなく、ただただ、美しいというものたち。ちなみにチラシやポスター、図録なども、他のものと並べて映えるかどうかはともかくですが、渋くカッコいいデザインです。
 
Img_1146
 
上のフロアでは寛永の前の慶長時代から始まり光悦+宗達のコラボ、修学院離宮を造る後水尾天皇住吉派の絵巻、東福門院和子の所蔵品など。書では寛永の三筆と呼ばれた本阿弥光悦近衛信尹松花堂昭乗が出ています。この三筆の書は展示替えによって三人同時に見ることが出来ないので後期展示も行かねば……。
 
 
下のフロアは小堀遠州エリア、野々村仁清エリア、狩野探幽エリアと3つに分かれています。
 
小堀遠州が集めた素晴らしい茶入、将軍の為の茶会用の光悦茶碗など。徹底した遠州ならではの美意識の世界。ここの部屋には何時間でも居る事ができそうです。
 
 
Img_1145
 
野々村仁清は色絵が有名ではありますが、色絵作品より前の時代につくっていた金森宗和プロデュースのきれい侘び作品が今回の展示の中心。中には現代デザインの様な器もあります。色がない分、仁清の非凡さが伝わってくるようです。
 
 
Img_6384
 
そして新たな狩野派を作り上げた狩野探幽。豪華絢爛なる狩野派のイメージを変えた、新時代の天才です。写真はこの美術館の以前の展示「おもしろ美術ワンダーランド」で撮った探幽の屏風。他に探幽の描いた富士山が素晴らしかった(これが、仁清の器に描かれた富士山に繋がっていくのです)。
 
 
先に書いたように眼福と言うしかない展覧会ですが、一見すると物凄く地味です。世の中の日本美術の流行、浮世絵や若冲だの琳派だのとはまったく違って華やかさは無いです。一般受けなどは全く意識せず、遠目にはただただ茶色いものが展示室に並んでいるだけ(笑)。
 
ただ近くで見ると一つ一つが物凄く輝けるものばかりで、更に各部屋毎でも、展覧会全体としても統一感がありました。これは極上の日本の美だと思います。特に後半の遠州・仁清・探幽の三人それぞれの展示エリアが本当に素晴らしかったです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢紀行その六(その他) まとめ

さて、金沢旅行、全体まとめです。いままでのエントリに入れていない観光やご飯などを併せて。
 
【1日目:金沢】
 
Img_9873
 
新幹線で駅に到着。今までは飛行機で来ていましたが、新幹線、楽ですね。少し雪が残っていました。
 
Img_9896
 
まずは到着したら昼ごはんは寿司の名店「小松弥助」。いやー、予約取れるとは思ってもみませんでした。最高です。
 
Img_0364 Img_0365
 
2回目になりますが、オヤジさんがまだまだ元気な感じで嬉しいです。次に来た時もここで味わえるのを期待します。
 
Img_9919
 
さて、駅に戻ってなんか変なオブジェがありました。これを見に来たのではなくてバスに乗りますよ。
 
バスで向かったのは鈴木大拙館(設計 谷口吉生)。こちらのエントリに書きました。
 
金沢紀行その参(展覧会、建築) 鈴木大拙館
 
それから歩いて金沢21世紀美術館(設計 SANAA)へ。美術館はしごです。こちらのエントリに書きました。
 
金沢紀行その壱(アート、展覧会) ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー、他
 
金沢紀行その弐(アート、建築) 金沢21世紀美術館
 
Img_e0093 Img_0089
 
ここでカフェでお茶をして、夕方のタレルの部屋を見て、ごはんに向かったのが「いたる本店」。魚系が美味しいお店で人気の行列店なので予約して行きました。カニの季節ですね……。
 
Img_0103 Img_0096
 
そこから2軒目はおでん屋さんへ。この季節ならではのカニ面を食べたくて。2軒ほどいっぱいで3軒目に入れたのが「おでん よし坊」。最高です。
 
バスで駅まで戻って今日は駅前のホテルに宿泊。
 
 
 
【2日目:白山比咩神社/金沢】
 
Img_e1476
 
二日目、朝ごはんは「フルーツパーラーむらはた」。干し柿が美味い。
 
Img_0123 Img_0119
 
そしてメインの目的地は北鉄石川線で鶴来駅まで行って、向かうは白山比咩神社
 
白山比咩神社
 
Img_0112 Img_0114
 
白山信仰の総本社です。ほぼ一日係りではありますが、行ってよかったです。人も多く、混んでいましたね。昼ごはんは神社の近くでハンバーガーを食べましたがなかなか肉肉しく美味しかった。
 
Img_0121
 
駅から神社はは道が混んでいたのもあり、行きも帰りも歩いていきました。片道20-25分位でしょうか?川があったり、変な物を見つけたり楽しかったです。
 
Img_0124
 
帰り、北鉄石川線の野町で降りたらここら辺には良い感じの喫茶店やら看板やらありますね。
 
Img_0125
 
歩いてにし茶屋街を通って片町までいきます。よく歩く日でした。
 
Img_e1475
 
片町にあった目当ての純喫茶ローレンスが休みだったので、最終的にはバスで駅まで向かい、今夜の宿泊先の山代温泉に向かいます。
 
 
 
【3日目:加賀温泉郷/金沢】
 
温泉に泊まりたかったので加賀温泉郷へ。山代温泉へ泊まりました。山代温泉の総湯(立ち寄り湯)が昔の建物を再現だとかなんだとか調べていたら駅の向こう側にある片山温泉の総湯の建築設計が谷口吉生と言うのを知りそちらに向かうことへ。こちらのエントリに書きました。
 
金沢紀行その四(建築) 片山温泉総湯
 
Img_0178
 
そこから金沢へ戻りひがし茶屋街をぶらぶら観光。
 
Img_0184
 
昼ごはんは自由軒でグラタンライスを食べた。グラタンライスってドリアだよね、笑、美味いんだけどさ。
 
Img_0189
 
そして近くの禁煙室と言う喫茶店で一休み。たばこの吸える喫茶店「禁煙室」って突っ込みどころありすぎ!
 
さて、柳宗理記念デザイン研究所を見て、道路周辺にある建築を楽しみながら市場まで歩いて行きます。こちらのエントリに書きました。
 
金沢紀行その五(建築) 街中建築など
 
後でここら辺の建物を調べるのにこのサイトが役に立ちました。
 
金沢市指定保存対象物一覧
 
そして駅でお土産を買って、新幹線で帰宅と言う感じの2泊の旅行です。新幹線が出来て便利になりましたね、金沢。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢紀行その五(建築) 街中建築など

さて、金沢の街中で見た建築やデザイン関連まとめエントリです。現代建築もありますが、なかなか良い近代建築が残っている街なので毎回それらを見てしまうのです。
 
今回の金沢旅行、全体の行程はこちらにまとめてあります。
 
金沢紀行その六(その他) まとめ
 
まずは現代建築(ここらは個別にエントリを書いてます)。
 
 
Img_9975
金沢21世紀美術館(設計 SANAA)
 
 
Img_9925
鈴木大拙館(設計 谷口吉生)
 
 
Img_0136
金沢ではないけど片山津温泉総湯(設計 谷口吉生)
 
 
金沢で建築を観るには近江町市場のあたりからひがし茶屋街までの国道159号線沿いとその周辺がおすすめです。ここらには昭和初期の近代建築がまだ残っていて素敵な建物が多いのです。
 
 
Img_0108
 
近江町市場の交差点にあるので目立つのが
北國銀行 武蔵ヶ辻支店(設計 村野藤吾):石川県金沢市青草町88
 
 
Img_0104
 
昔の町家を使った「むさし祥鮨」はめいてつ・エムザの裏側に
 
 
Img_0190
 
ひがし茶屋街近くの橋場の交差点にあるのが
金沢文学館(旧石川銀行橋場支店):金沢市尾張町1-7-10
 
 
Img_0193
 
橋場の交差点より少し金沢駅側で1階にギャラリーとカフェがある
旧三田商店:石川県金沢市尾張町1-8-5
 
 
Img_0195
 
その旧三田商店近く、大通りから一本奥に入ったところにあったのが
旧村松商店:石川県金沢市尾張町1-8-5
 
この旧村松商店は今回の旅行で始めて見つけました。好みの建物です。まだこんな建物があるとは金沢凄いです。
 
Img_0192
 
建築ではありませんが先ほどの旧三田商店の大通りはさんだところあたりにあるのが
柳宗理記念デザイン研究所(金沢美術工芸大学)
 
この裏手には泉鏡花記念館などもあるので観光的にも良いエリアですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢紀行その四(建築) 片山津温泉総湯

さて、今回の金沢行き、一泊目は金沢のホテルに泊まりましたが、どうしても温泉に行きたくて、少し足を伸ばして加賀温泉郷まで行ってきました。
 
今回の金沢旅行、全体の行程はこちらにまとめてあります。
 
金沢紀行その六(その他) まとめ
 
 
Img_0177
 
金沢から特急で30分くらいの加賀温泉郷駅。粟津・片山津・山代・山中温泉と言う4つの温泉で構成する加賀温泉郷。レディ カガのキャンペーンは面白いです。実際に各温泉で働いている女性がモデルになっているらしい。
 
Img_0176
 
そして、この加賀温泉郷のうち建築好きとして必見なのが片山津温泉の総湯(立ち寄り湯)。なんと谷口吉生の建築設計です。
 
Img_0136
 
片山津温泉総湯(設計 谷口吉生)
 
Img_0140
 
ガラス貼りの洒落た外壁。谷口さんらしいアプローチ。
 
Img_0170
 
金沢や石川県に馴染みのある谷口さんですが、こんなところに設計建築があるとは。
 
Img_0148
 
はい、ここはもちろん温泉にも入りました。立ち寄り湯なので地元のおじさん達でいっぱいです。
 
Img_0156
 
お風呂の縁が低く設定してあり、縁からそのままお湯がオーバーフローして外壁のガラス側へ落ちていく設計なので、風呂に入っていると何も遮らず外が見えます。
 
Img_0165
 
男性と女性の風呂は入れ替わりでしょうか。浴場は建物の池(潟)側に一つ、街側に一つそれぞれあります。私が入った時は男性浴場は潟側でしたので眺めも良かったです。
 
Img_0166
 
上のフロアにはカフェもありました。ちょっと建物が細長いので運営的に大変なところもありそうですね。エレベーターで上がったらカフェエリアに直接アクセスしてしまうので、こちら側に運営側の人が誰か居ないと来客があったかどうか判らないかも。
 
Img_0143
 
レジやパントリーはエレベーターの裏側面にあるのでそっちからでは気づかないという動線になっていますね。
 
山代・山中温泉の総湯は古い建物の再現タイプなので他とは違う感じは出ていますね。ただ、私が泊まったのは山代温泉でした。こちらは比較的大きめの温泉街でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢紀行その参(展覧会、建築) 鈴木大拙館

さて、個人的に金沢で一番好きな建築になってしまったのがこの鈴木大拙館谷口吉生さんの建築設計です。
 
今回の金沢旅行、全体の行程はこちらにまとめてあります。
 
金沢紀行その六(その他) まとめ
 
 
Img_9925
 
さて、鈴木大拙館でやっていた展覧会は大拙の直筆手紙を展示したものでした。
 
也風流庵レター
鈴木大拙館
2017/10/4-2018/1/28
 
Img_9965
 
そしてやはりこの建築、鈴木大拙の禅の思想を一つの形にしたようなものだとお思いました。
 
Img_9934
 
鈴木大拙館(設計 谷口吉生)
 
Img_0094
 
天気、見る角度などで見え方が変わるこの世界観。
 
Img_9938
 
Img_9954
 
何度来ても飽きないし、全ての天気の状態で観てみたいとも思ってしまいます。
 
Img_9963
 
Img_9964
 
水の波立つ様。
 
Img_9950
 
きっと、次に金沢に来た時も寄ってしまうと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢紀行その弐(アート、建築) 金沢21世紀美術館

今年の頭に行った金沢旅行ものを後まわしにしていました。ようやく書くことに。アートや建築ファンが金沢に行ったらほぼ確実に行くのがここでしょう、SANAAが建築設計をした金沢21世紀美術館。
 
今回の金沢旅行、全体の行程はこちらにまとめてあります。
 
金沢紀行その六(その他) まとめ
 
 
Img_9975
 
金沢21世紀美術館(設計 SANAA)
 
この美術館にはなんどか来ていますが雪景色は初めて。色々パブリックアートを見ます。
 
Img_0363
 
レアンドロ・エルリッヒのプールは天気が悪いと屋外部分閉鎖するのですね。
雪が緩んでオープンしているタイミングを狙ってみました。
 
Img_0029
 
入場料を払いコレクション展に入れば、そのエリアからプールの下に行くことができます。
ちょうど東京でレアンドロ・エルリッヒ展が開催されていて話題になっていた時期でした。
 
Img_0054
 
ジェームズ・タレルの部屋。ぼーっと眺めていると天井の穴から見える空を鳥が飛んでいったり。
 
Lpoo1845
 
ここは夕暮れ、日没時間が狙い目です。私はわざわざそれを調べていきます。空の色が変わっていくさま。この部屋は他の地域にあるタレルの部屋とは違い、照明による色の変化が無いのでより空の色に集中できると思う。
 
Img_9998
 
マイケル・リンの壁、なんとメンテナンス中で真っ白!この景色も珍しいので撮影しておきました。
 
Img_0049
 
Img_0040
 
建築も作品の一つの様です。湾曲したガラスの壁、長いベンチ、展示室の間のガラスの通路など見て廻ります。
 
Img_0045
 
屋外には始めてみる作品がありました。その建物を設計したSANAAの作品です。
 
Img_0366
 
そういえばこんな形を直島の北側の港で見ましたね。素材は全く違いますが。
 
Img_9984
 
オラファー・エリアソンの作品は相変わらず。周囲が工事の仮囲いでした。
 
Img_9994
 
雨・雪でもエリアソン作品は魅力的。
 
Img_0043
 
と、ぐるっと21世紀美術館のパブリックアートと建築めぐり、金沢に来たら実施する恒例行事です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢紀行その壱(アート、展覧会) ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー、他

今年に入ってから少し忙しくて少々ブログを後回しにしてました。1月に行った金沢はまだ書いていなかったのですが、そうか、金沢で展覧会見てましたよね、書かないとね。
 
今回の金沢旅行、全体の行程はこちらにまとめてあります。
 
金沢紀行その六(その他) まとめ
 
金沢と言えばアートや建築ファンならここに行かねば、なのがSANAAが建築設計をした金沢21世紀美術館。
 
金沢21世紀美術館
https://www.kanazawa21.jp/
 
パブリックアートや建築については次のエントリにするとしてここで見た展覧会の感想です。観た展覧会は以下の3展。
 
・ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー
・コレクション展2 死なない命
・泉太郎 突然の子供
 
 
 
ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー
金沢21世紀美術館
2017/11/25-2018/3/11
 
Img_0042
 
正直どんな作品だったのかそれ程記憶が無い。もちろんだいぶ前に見たので私の記憶が薄れているというのもあります。ただ、頭の中に作品の姿は幾つか浮かんでくるのです。で、もってそう言うの見たなぁ、と言う言うのは覚えているのです。それがなぜか言語化されない。いつもなら作品の像を思い浮かべながらブログに書く言語化イメージが出てくるのですがそれが出てこない。
 
まぁ、私の語いの薄さにも原因がありそうですが、まぁ、でもね、つまりはそういう展示で、言語化しにくいというのもあるのですよね。
 
 
 
 
歯医者のイスのあるセットで大音量の音楽がかかりながらセットのあちこちが動く、とか。人形達が住むキャンピングカーにいる唯一の人間は寝ているのか死んでいるのか、とか。悪夢のようなメリーゴーランドがぐるぐる廻っている、とか。
 
 
 
 
ま、言葉にするとそんな作品なんだけど、それをどのように現せば良いのかわからない。それが出来れば小説家になれそうな気がする。ま、そう言う展示なのですね。記憶が薄くなっている言い訳のようですいませんが。
 
一つ並んでいて見ることが出来なかった展示がありました。一人しか体験できない展示でしたが、あれはあれで気になります。
 
 
 
コレクション展2 死なない命
金沢21世紀美術館
2017/7/22-2018/1/8
 
Img_0017
 
コレクション作品展でやくしまるえつこデミアン・ハースト日比野克彦イ・ブル椿昇Chim↑Pomなどの作品。
 
Img_0020
 
八谷和彦のメーヴェ。
 
Img_0021
 
ヤノベケンジのミッキーマスク。
 
Img_0024
 
粟津潔の人形と川井昭夫の植物の組み合わせ。
 
 
 
泉太郎 突然の子供
金沢21世紀美術館
2017/10/7-2018/3/25
 
Img_9996
 
ポスター???があると思ったらこの部屋の作品はシアターで流れている映画作品に繋がっているみたい。そっちは見なかった。
 
Img_0014
 
入口近くにあった靴の映像はみましたし、タコの映像も見た。ほかの処にもいくつか作品があったみたいで、それらを繋いで見て行くとつかめるのではないかと思う。そこまでつかめなかった……。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »