« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

オットー・ネーベルナイト(6次元ナカムラクニオさんトークイベント):オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代

オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代
Bunkamura ザ・ミュージアム
10/7-12/17
 
Img_9281
東急百貨店本店ショーウィンドウ
 
Bunkamura ザ・ミュージアムで開催された学芸員の廣川暁生さん×6次元ナカムラクニオさんのトークイベントに参加してきました。閉館後の展覧会会場を廻りながらお二人の話を聞くという贅沢なイベントです。
 
※写真は特別に撮影の許可を得ています。
 
トークをしたナカムラクニオさん:6次元http://www.6jigen.com/
 
 
Img_9189
会場内トーク風景
 
このオットー・ネーベル展、なんかデザイン好きとしては気になっていたのですよ。そう言う人多いと思います。でも、なんか、ざっくりとカンディンスキーとかクレーっぽいと言う「微妙な」イメージが自分の中にあって、なかなか行けていませんでした、私。そういう人多いと思います。いや、でもね、デザイン好きなら行った方がいいですよ、この展覧会。ってようやく見に行った私が言うな、と言う感じですが、笑。
 
Img_9183
ネーベル展入口
 
ナカムラさんのトークがあるというのをきっかけに行って気づいたのが、まず、オットー・ネーベルの絵、なんかカワイイのですよ。比較的あたたかみのある色を使っているからでしょうか?うん、暖かく優しいのがカワイイ。上の写真、この展覧会の入口のところからしてカワイイ。受付のカウンターはハラーシステムを使っていますかね?なんか優しい色合いのモンドリアン風にも見える。
 
Img_9274
ネフの積み木
 
展覧会のはじめの部屋ではネーベルと同時代に活躍した初期バウハウスの活動が紹介されていました。ミュージアムショップではバウハウスのネフの積み木も売っていました(上の写真)。展示ではブロイヤーの椅子やグロピウスの椅子などもあり、デザイン好き必見です!
 
Img_9243
左:「夕暮れる(エロマルディ海岸)」1930年、右:「建築のフォルムと緑」1931年 共にオットー・ネーベル作(ベルン美術館所蔵)
 
ネーベルは建築技師としてスタート、詩人となり、絵を描き、俳優としても活躍したという人とです。多才と言うか、節操ないというか、ですが、おそらく彼の中ではそれらの活動は繋がっていたのだと思います。それが一番顕著に出ているのがこの建築を描いたシリーズではないでしょうか?
 
Img_9249
左:「プロイセンの塔」1930年、右:「建築的な青」1933年 共にオットー・ネーベル作(ベルン美術館所蔵)
 
この建築シリーズ、個人的にこの展覧会の中で一番好きなシリーズでした。透明感、重なり感にシンプルさや幾何学的な単純化、そして色合い。絵としては同じ時期に描かれた大聖堂シリーズの方が立派なのですが、私はこのあたりの絵が好きです。 
 
Img_9255
「イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)」1931年 オットー・ネーベル作(オットー・ネーベル財団所蔵)
 
展覧会ポスターにも使われています。ネーベルがイタリアで風景を色分解して解析したスケッチ。これが先ほどの建築シリーズにつながります。町を色で捉える、この視点は凄いです。前の建築シリーズの構図から風景に広げてここまでたどりついたのだと思います。
 
Img_9258
ネーベルのスケッチブック等
 
ここのコーナーにあるスケッチブック、完成作品よりもこちらの方がネーベルの頭の中を覗き込むようで、とにかく面白い。色の捕らえ方や独自の視点、発想の元ネタがここにあります。デザイン好きな方、ここは必見ですよ、本当に!
 
Img_9203
一番左:「赤く鳴り響く」1935年,1945年 オットー・ネーベル作(オットー・ネーベル財団所蔵)
 
この後、抽象さがより強くなっていくのですが、音楽的な絵画があったり、非対称と言う言葉を使ってイメージを絵に表現していきます。中国の易経の世界を取り入れたりもしていたそうです。正直ここら辺(特に音楽のところなど)はクレーの影響が強いようにも思えますが、どちらかが真似をしたというよりも、それぞれの見る方向が同じで、その結果行き着くところ(絵)が似ていた、と言う事だったようですね(ネーベル本人談)。
 
Img_9193
左から「小さな世界2/小さな世界3/小さな世界4/小さな世界7」1922年 ワシリー・カンディンスキー作(宮城県美術館)
 
初期の頃はシャガールの色合いに影響を受け、そしてカンディンスキーやクレーと繋がりもあったネーベル。ぱっと見ると似たような感じの絵もあります。この展覧会ではシャガール、カンディンスキー、クレーの絵もあり、実際に見て比べることが出来るのがまた贅沢です。ぱっと見の形はクレーに似ていても、色の塗りつぶし方、描き方や塗り方のラフさ/緻密さはかなり違ってたりするものです。写真や印刷ではこれは判らない。見に来て良かったと(シャガールやカンディンスキーやクレーの絵を見ることが出来たという点でも、ですが)思いました。
 
Img_9268
会場内トーク風景
 
そしてルーン文字や近東に影響を受けたシリーズと続きます。ルーン文字を絵画化していたネーベルは近東の同じような文字をデザイン化した模様を見て、自分のやっていたことは間違っていなかった……と思ったのだとか。トークショーはこの部屋でまとめトーク。
 
Img_9306
トークショー配布資料:ナカムラさんの解説
 
ちなみにネーベルは「バウハウスは私の事柄ではない」と言っていたようですね。あんなに似ているのに、笑。まぁ、先に書いた様に、結果行き着くところが……と言うことなんでしょうけど。じゃあ、何故カンディンスキーやクレーなどと親交があったかと言うと、バウハウスの活動と関わっている女性と結婚したことが大きな影響だったようですね。女か……笑。
 
Img_9275
ミュージアムショップのグッズコーナー
 
ネーベルの作品ってデザイン的にも使いやすいのか、とにかくグッズがいいです、カッコいいです。欲しくなります。6次元 ナカムラさんも言っていましたが、芸術性を高めたクレーやカンディンスキーに比べて、ネーベルは職人的な要素が強いのではないかと。それでモダニスムなどとは違い温かみがある印象が残るそんな作品が多いのではないかと。この暖かさがグッズになっても出ているような気がします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレマチスの丘:生命の樹/日高理恵子「空と樹と」/ベルナール・ビュフェ再考 代表作から見るビュフェの半世紀

久々にクレマチスの丘に行ってきました。ヴァンジ彫刻庭園美術館で「生命の樹」展と日高理恵子「空と樹と」展、ベルナール・ビュフェ美術館で「ベルナール・ビュフェ再考 代表作から見るビュフェの半世紀」を見てきました。
 
 
 
クレマチスの丘
 
静岡の三島駅から無料シャトルバスで20分強のところにある大きな公園です。途中にハンバーグで有名なさわやかを通りすぎて、ここで下ろしてくれないかと何度言いかけたことやら。大きな公園内にヴァンジ彫刻庭園美術館IZU PHOTO MUSEUMベルナール・ビュフェ美術館井上靖文学館などの施設があるのでアートファンには有名なところですね。
 
Img_9054
 
ヴァンジ彫刻庭園美術館の前に通り過ぎるのがIZU PHOTO MUSEUM。現代美術作家、杉本博司さんの設計です。
 
Img_9055
 
よく見ると杉本さんっぽいですね。床とは特に。今回は時間の都合で中には入りませんでしたがタイミングが合えば一度は入ってみたいです。
 

Img_9058

 
こちらからヴァンジ彫刻庭園美術館側に草間彌生作品がありました。これ前からありましたっけ?はじめて見た気がします。
 
 
 
ヴァンジ彫刻庭園美術館
 
Img_e9067
 
現代アート関連で結構良い展覧会やっているんですよね、こちら。建物やそこまでのアプローチもいい感じです。
 
Img_9068
 
有名なこいつの前はインスタ映えスポットです。
 
Img_9088
 
この美術館は展覧会見た後に広がる庭園も美しい。
 
Img_9098
 
薔薇の季節は少し過ぎてしまいましたがまだ幾つか残ってくれていました。
 
 
日高理恵子「空と樹と」
「生命の樹」
ヴァンジ彫刻庭園美術館
4/22-11/30
 
Img_9079
 
展覧会は日高理恵子「空と樹と」/「生命の樹」二つの企画展を開催していました。写真は日高理恵子「空と樹と」展の作品です。このエリアのみ撮影可能でした。二つと入ってもテーマが樹なので関連して繋がっている展覧会ともいえます。
 
日高理恵子「空と樹と」展では日高さんの悲しげででもどこか力強い枯れ木のシルエットはとても好きです。他にも葉と枝がグレーの色分けされている絵なども。日本画の素材を使っていると言うのもなんだか好きな理由の一つなんですよね。
 
「生命の樹」展では様々な作家が描く樹の作品があります。小林孝亘さんや杉戸洋さんの独特な風合いの絵。棚田康司さんの彫刻も一見唐突に現れるように見えますが、常設で設置されているGiuliano Vangi作品に対応しているようです。1本の柿の木を撮影した宮崎学さんの作品やバオバブを写した本橋成一さんの作品、華雪さんの書の作品もありました。佐々木愛さんのガラスに描かれている作品も良かったなぁ。これ残らないのかな?
 
 
 
ベルナール・ビュフェ再考 代表作から見るビュフェの半世紀
ベルナール・ビュフェ美術館
前期:3/18-2018/1/16
後期:2018/1/18-2018/9/4
 
Img_9102
 
こらちもかなり久々になります。前期展を見てきましたが、たたみかける様にビュフェの絵が現れてくる展覧会でした。ビュフェが開催していた「テーマ展」、その個展毎回のテーマ「受難」「サーカス」などを追っていきます。「ニューヨーク」の絵はかなり見所だと思います。「日本」をテーマにした絵も良かったです。個人的には「博物館」系の動物や鳥の絵が一番好き。
 
他にも「モンマルトル」コーナーでは他にもユトリロヴラマンクキスリングなどの作品なども。後半にはドン・キホーテなどのかなり大きな作品の展示が続いてました。途中でいきなり写実風な絵を描いたりしているのにはビックリです。この展覧会、作品を一部入れ換えて後期展も開催されるのですよね。ビュフェ好きはコンプリートしなくてはいけない展覧会ですね。
 
 
 
帰りには、まぁ、静岡だものね、そりゃあね、生桜えびとか生しらすとか近海もののね、なんというかね。それですよ。
 
Img_e9115
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

単色のリズム 韓国の抽象/懐顧 難波田龍起/三瓶玲奈/原口 典之 新作展/アラン・ビルテレースト

東京オペラシティ アートギャラリーで「単色のリズム 韓国の抽象」「懐顧 難波田龍起」「三瓶玲奈」を、また、近くのギャラリーまで足を伸ばしてケンジタキギャラリーで「原口 典之 新作展 - グレイ」、HAGIWARA PROJECTSでアラン・ビルテレースト「How And About What」を見ました。
 
 
 
「単色のリズム 韓国の抽象」
東京オペラシティ アートギャラリー
10/14-12/24
 
Img_8745
 
抽象画でしょ、なんか想像つくよなー、と思っていたのだすが、うん、まぁ半分は確かに思ったようなイメージだったかもしれません。ただ、少なくとも残りの半分は、これは実際に観ないと解らない、この質感が凄かった。色が少ない分、質感で作り上げられているような作品が多いのです。絵の具の質感もあれば紙の質感もあります。日曜に来ると写真撮影可能だと言うので、ブロガーとかは日曜オススメです。はい、日曜だけと言うの忘れて土曜に行ってしまいました……。
 
作品としては李禹煥の静けさは勿論イイです。今回の作家の中では一番有名ですね。形、色かなり計算されているのがわかります。個人的には権寧禹の作品が凄いと思いました。紙の作品。物によっては色も塗っていない紙の質感だけで魅せる作品でした。
 
ただ、問題はね、作家名と作品が頭の中でリンクしていかないのですね。記憶力の問題ですね。次に同じ作家の作品見てもたぶん作家名が思い出せないのが……困りますね。
 
 
収蔵品展060 懐顧 難波田龍起
東京オペラシティ アートギャラリー
10/14-12/24
 
コレクション展は難波田龍起尽くしでした。もちろん難波田さんの作品は嫌いでは無いのですが、あれしか無いとなると……個人的にちょっとキツかったです、笑。
 
 
project N 69 三瓶玲奈
東京オペラシティ アートギャラリー
10/14-12/24
 
いいですね、好きな作品です。作成された時期はほぼ同じなんだけど、通路の後半に行くと少し具体的な形も見えてくる。形が見えているけどざっくり描かれてる後半の方の作品が好きでした。
 
 
原口 典之 新作展 - グレイ
ケンジタキギャラリー
10/19-11/25
 
Img_8750
 
タイトルのグレイ、ええ、うまく一言で表現できています、この展覧会のことを。ハニカムパネルや車のトランクの蓋などを灰色に塗装してます。塗装はアートたるものか?問いかけられているようです。
 
 
アラン・ビルテレースト「How And About What」
HAGIWARA PROJECTS
10/7-11/19
 
ストリートで見かけた模様、トラックの荷台にペイントされた模様やフェンスの模様などを絵画として構築する。どこかで見たような、模様を描いた絵画。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル/物質と境界/デイン・ミッチェル/長井朋子展

六本木ヒルズでレアンドロ・エルリッヒ展、/物質と境界―ハンディウィルマン・サプトラ+千葉正也デイン・ミッチェル長井朋子展 "Thousands of Finches"を見てきました。エルリッヒ展は首を長くして待っていました!
 
 
 
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
森美術館
11/18-2018/4/1
 
金沢21世紀美術館にレアンドロ・エルリッヒ展を見に行ったのが2014年でした。金沢21世紀美術館のパブリック作品《スイミング・プール》で有名なアーティストです。日本の美術館での個展は2回目でしょうか?待っていました、の東京での展覧会です。
 
※金沢の展覧会の感想
レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?:金沢紀行其の壱(アート)
 
さて、東京での展覧会、作品の中に入って楽しめるということもあり、撮影OKと言うのが嬉しいです。
 
Img_9027 Byncsa
作家名/作品名:レアンドロ・エルリッヒ《建物》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
 
チラシにもなっているこの作品が日本で公開されたのが嬉しいです。建物の外壁や窓に腰掛けたりぶら下がったりするのは展覧会にきたお客さんたち。この作品、床にある建物の半立体の上に来場者たちが寝転び、ミラーに映る面を見るとまるで建物の外壁そのものに自分達が居る様に見えるというものなんです。金沢の時の図録を見ると2013年にこの作品を発表した時に携帯電話で撮った写真がネットで拡散されて話題になったとか。知り合いが言っていましたが「時代がエルリッヒの作品に追いついた」とまさにそうだと思いました。
 
 
Img_8880 Byncsa
作家名/作品名:レアンドロ・エルリッヒ《反射する港》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
 
ボートがゆらゆらと揺れています。揺れる水面にはボートが映り込んでいます。と思ったら、水面に映っているこの歪んだボートの像、これは立体なんです。水面見えるのけど水は無く、水に浮かんでいるように見せているだけの立体像。
 
 
Img_8898 Byncsa
作家名/作品名:レアンドロ・エルリッヒ《雲》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
 
都内の霞が関にある飯野ビルディングにパブリック作品としても置いてあるこの作品。立体的な雲に見えますが、積層のガラスで立体的に見せているだけと言うもの。
 
 
Img_8932 Byncsa
作家名/作品名:レアンドロ・エルリッヒ《試着室》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
 
これも面白かった。ちょっと覗いてみたらそこには入り込める空間。鏡と空洞が虚実入り混ざる迷路に今どこにいるかわからなくなる。実際の鏡も所々にあるのがまた良い。
 
 
Img_9032 Byncsa
作家名/作品名:レアンドロ・エルリッヒ《失われた庭》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
 
これ、何度も見ていて仕掛けも判っているのに毎回驚く。向こうの窓に映る自分。うっかりしてたら気づかないかも。
 
 
Img_8984 Byncsa
作家名/作品名:レアンドロ・エルリッヒ《スイミング・プール》(模型)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
 
他にもいろいろ作品はあります。また、過去の作品の写真の紹介や作品模型などもありました。《スイミング・プール》も模型であります。模型ではありませんでしたが過去作品では《サイドウォーク》と言う作品が大好きで、今回は出ていなかったのが残念。日本では金沢21世紀美術館の時の展覧会やシャネルモバイルアートで発表されています。
 
 
Img_8917 Byncsa
作家名/作品名:レアンドロ・エルリッヒ《シンボルの民主化》(記録写真)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
 
過去の作品紹介の中で一番好きだったのがブエノスアイレスでタワーの先端を隠し、無くなった様に見せかけ、先端と同じものを複製し地面に置いたという手の込んだ(でも、シンプルな)プロジェクト。
 
こんな風に、エルリッヒの作品はシンプルなんですよね、仕掛けとしては。最先端技術と言うわけでもなくアナログだったりして、正直目新しいわけでもない。言ってみればトリックアートなんですよね、ただそれがとても成度の高いトリックアート。ここまで完成度が高ければアートとして文句はないでしょう、と言う手を抜かずに真剣に素晴らしいアイデアに取り組んだゆえの作品なんです。素晴らしいです。
 
 
 
MAMコレクション006:物質と境界―ハンディウィルマン・サプトラ+千葉正也
森美術館
11/18-2018/4/1
 
Img_8991 Byncsa
作家名/作品名:ハンディウィルマン・サプトラ 左《根もなく、つぼみもないNo.12》、右《ホールディング・ベース・ビロウ・フック》
この写真/動画は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
 
サプトラのお餅なのかなんなのかわからないけど、なんなんだろう、変に頭に残る立体、笑。千葉正也の絵も奇妙でした。
 
 
 
MAMプロジェクト024:デイン・ミッチェル
森美術館
11/18-2018/4/1
 
Img_8996 Byncsa
作家名/作品名:デイン・ミッチェル《アイリス、アイリス、アイリス》(一部)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
 
アイリスと言う言葉を元に展開して、その中でも特に香りというものに注目してインスタレーションにしていました。伏せ籠で衣服に香りをつけたり、線香は香りを出す上に時間を計るものとしても使われていたり、そんな要因を展示にしたもの。
 
 
 
長井朋子展 "Thousands of Finches"
ROPPONGI HILLS A/D GALLERY
11/18-2018/4/1
 
Img_9001
 
Finches(小鳥たち)と言うタイトルの割には記憶には熊とかが目に付いたきがする。カワイイ系なのかと思いきや、以外にそうでもない気もする。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館/大嶋智子個展/ソピアップ・ピッチ展/GUNMA EXHIBITION/渋谷。超福祉の日常を体験しよう展

「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」、大嶋智子個展「パルコでもロイホでもラブホでもいいよ」、後はヒカリエで見たソピアップ・ピッチ展「desire line」/d design travel GUNMA EXHIBITION/2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展あたりのメモを。
 
 
 
三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館
松濤美術館
10/7-11/26
 
Img_8763
 
良い展覧会でした。館の中に住み着いているようなマヌケ顔のアニマル達。それらを見て子供達が楽しそうに館内で笑ってて賑やかでした。その子供達の声も含めてのこの展覧会な気がします。
 
Img_8760
 
三沢厚彦さんの木彫り彫刻である動物達が住み着いており、その創造主である三沢厚彦さんをホストとしてゲストを招くという形で彫刻家の舟越桂さん、画家の小林正人さんと杉戸洋さん、写真家の浅田政志―さんが展示で参加しています。会期中に実際にここで公開作成などもやっていて、個別のキャプションも無い、かなり自由な展覧会でした。楽しいです。 
 
 
大嶋智子個展「パルコでもロイホでもラブホでもいいよ」
GALLERY X BY PARCO
11/10-11/19
 
Izjq7061
 
観に来ていたのが若い女性多くて気が引けましたが、色塗る前の絵とか設定画とかを見るとやはり良いですね。
 
この展覧会でアレ、薄いゴム製のアレを配っていたので一つ貰って「よし、今日、これで出会いがあって急にあんなことになっても大丈夫だ!」と渋谷の街を歩いていたのですが、はい、ちゃんと未使用のまま持ち帰っています。会場に来ていた女性に「パルコに行こう?それともロイホがいい?」と聞けば良かったでしたかね。まぁ、それでもこの展覧会のタイトルを言ってはくれなかったでしょうね。
 
 
ソピアップ・ピッチ展「desire line」
hikarie 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
10/27-11/20
 
Img_8783
 
竹を使った作品。平面的な立体などもありましたが、この有機的な形をした作品は目を引きました。数日後、六本木でもこの方の展示を見ましたが、こっちの印象の方が強かった。
 
 
d design travel GUNMA EXHIBITION
hikarie 8/ d47 MUSEUM
10/13-11/26
 
Img_8780
 
群馬、アート好きとしてはハラミュージアムアークなんだけど、まぁ、だるまだね、やっぱり、はい、だるまでした。
 
 
2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展
hikarie 8/ CUBE 1, 2, 3・COURT
11/7-11/13
 
2020年に向けてどこも走り出し始めましたね。福祉と言う視点で、そこから2020年を望むのはいいかもしれませんね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギャラリー関連見たものもろもろ

あちこちギャラリーで見た展示のメモ。
 
【みたもの】
 
味岡伸太郎展 富士山麓20景之内五
RED AND BLUE GALLERY
 
ミカ・タジマ「TOUCHLESS」
TARO NASU
 
鏡と穴- 彫刻と写真の界面 vol.5 石原友明
ギャラリーαM
 
千葉正也 思い出をどうするかについて、ライトボックス風、間接照明、八つ裂き光輪、キスしたい気持ち、家族の物語、相模川ストーンバーガー、わすれてメデューサ、50m先の要素などを用いて
ShugoArts
 
ソピアップ・ピッチ「desire line」
小山登美夫ギャラリー
 
榎倉康二 「Figure」
タカ・イシイギャラリー
 
Nerhol「Strange Attractor」
Yutaka Kikutake Gallery
 
渡辺眸 写真展 「TEKIYA 香具師」
ZEN FOTO GALLERY
 
アンドレアス・スロミンスキー"GOOOD LUCK"
WAKO WORKS OF ART
 
以上の簡単なコメントメモ。
 
 
 
味岡伸太郎展 富士山麓20景之内五
RED AND BLUE GALLERY
11/10-12/09
 
土を持ってきて作り上げる絵画。今回は富士山の土を使っています。この方、実はデザインやタイポグラフィで有名な方だったとか。知りませんでした。一見、具体やモノ派の様にも見えるのですが本人としてはそこら辺の作品を意識したことがないとか。時代が作らせる何かがあるのでしょうか?
 
 
ミカ・タジマ「TOUCHLESS」
TARO NASU
11/11-12/16
 
展示室に入ると聞こえてくる音。壁から噴き出している風の音。映像はたなびく煙。見えないものの可視化とも違う気もする。
 
 
鏡と穴- 彫刻と写真の界面 vol.5 石原友明
ギャラリーαM
10/28-12/2
 
スライス、スライスされた立体、スライスされた立体が混ざった立体、デジタルなのか、アナログなのか、写真なのか、絵なのか、CGなのか、立体なのか。気にせず見ることにする。
 
 
千葉正也 思い出をどうするかについて、ライトボックス風、間接照明、八つ裂き光輪、キスしたい気持ち、家族の物語、相模川ストーンバーガー、わすれてメデューサ、50m先の要素などを用いて
ShugoArts
10/20-11/18
 
不思議な世界観の絵、と言うか不可思議な絵。でも日常っぽい。私達と少し違うところにこう言う世界の日常があってもいい気がする。いや、もしかしたら私達の世界も実はこの様なものかもしれない。
 
 
ソピアップ・ピッチ「desire line」
小山登美夫ギャラリー
10/28-11/25
 
先日、ヒカリエでもこの作家さんの作品は見た(そっちは感想はまだ書いていないけど)。竹を使った立体のような平面のような作品があったり、竹でろうそくの形を作った立体作品があったり。竹と言うもので繋がっているような作品達。
 
 
榎倉康二 「Figure」
タカ・イシイギャラリー
10/20-11/18
 
色塗られたキャンバス地の布が影の様に、濡れているように色が変わっている部分を見せながら壁と一部折れ曲がって床にまで染込むように横たわっている。横たわっている、そんな気がした。
 
 
Nerhol「Strange Attractor」
Yutaka Kikutake Gallery
9/22-11/11
 
紙や写真を幾層にも重ねて削りだしていく彼らの作品。今回は景色だったりするものを荒っぽく尖った感じで削っている。個人的には荒さは少し気になる。細やかな整然とした感じの方が好きかも。
 
 
渡辺眸 写真展 「TEKIYA 香具師」
ZEN FOTO GALLERY
11/18-12/22
 
テキヤ、お祭り、現代にはこう言う人たちはまだ居るのだろうか?子供の頃楽しんだお祭りと言う華やかな世界、そこにはこの様な方々が関わっていたのだな、と。神社などといったところにあった利権など、思わずそういう裏を思ってしまった。
 
 
アンドレアス・スロミンスキー"GOOOD LUCK"
WAKO WORKS OF ART
11/1-12/2
 
ペラペラのポリエチレン製で造られたラッキーアイテムたちのレリーフ。天使、聖母子、馬蹄などの型がレリーフとなって、安っぽい素地そのままで展示されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トゥールーズ=ロートレックと19世紀末パリの版画・ポスター展

トゥールーズ=ロートレックと19世紀末パリの版画・ポスター展
三菱一号館美術館
10/18-2018/1/8
 
ロートレック、イイですよね!そして今回の展覧会では展示室において普段から撮影OKのところがあります。この空間は雰囲気も良いです。また、この部屋含め全部で3部屋に音楽が流れているというのも美術展としては珍しいのではないでしょうか?(前にサティ展で流れていましたね)
 
Img_8699
 
ここにはアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの名作ポスターである《ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ》があります。これ普通は左下に文字が入ったデザインなのですが、ここに展示されるものには入ってません。おそらくポスターとは別に作家用に刷った貴重なものではないかということでした。あと、個人的にはるムーラン・ルージュの向かって右にあるテオフィル・アレクサンドル・スタンラン《シャ・ノワール巡業公演のためのポスター》が好きです。黒猫のこのデザイン。
 
※以下はブロガー内覧会参加時のものです。基本は内覧会の為に特別に撮影の許可を得ました。
 
Img_8563
 
19世紀末のパリにおいて今まで絵画を複製にする手段であった版画が進化によって芸術の一つとして認められるようになったとのこと。リトグラフという技術によって作家の思うような表現が出来るようになったのが一番の要因との事です。今回リトグラフの石版が展示されていました。現代では石版を使ったリトグラフは少なくなっているようですが、今でもこれを元に刷れば作品が生まれるとの事(美術館の方が刷ってみたいと言っていました、笑)。
 
そういう新しいメディアの出現、それにうまく乗ったとも言えるのがロートレックやボナール、ヴュイヤールなどです。アムステルダムのファン・ゴッホ美術館と三菱一号館美術館の版画コレクションから、展覧会英語サブタイトルに付いている様に大衆文化の生活=ストリートのための作品、一部の愛好家=エリートのための実験的な作品、それぞれに向けた作品の集まった展覧会になっていました。
 
Img_8530
 
この時期の版画芸術で代表的なのはやはりロートレック。この人は正式な美術教育を受けていないのにとにかく線がうまいです。サラサラッと描いたような素描を観ても人の特徴を捉えるのがうまいのですよね。女の人を必要以上に美人に描かなかったり、意地悪さを前面に出してみたり大衆受けが故の表現でしょうか?
 
Img_8653
 
ボナールなんかはしっかりと女性を綺麗に描いています。まぁ、モデルが美しい女優さんだったのかもしれませんが。絵画の公募展などではなく、リトグラフと言う新しいメディアにより街中で話題になり名を上げていくというその構図、まるで現代のネットから生まれてくる人気イラストや漫画のようですよね。ロートレックやボナールは今だったらpix○vとかに参加してそうです、笑。
 
Img_8578
 
そして大衆的なものとは別のシーンとして実験的な版画表現がコレクター受けしていた時代でもあるようです。路上ポスターの判りやすさとは逆を行くヴァロットンの謎めいた表現などはその代表的なものでしょう。一部の作家には同じ版を使いながらも色や紙を変えてコレクター心をくすぐる特別エディションを作っていたそうです。
 
Img_8676
 
この展覧会、最後の展示室が私は一番好きでした(ここにも音楽が流れています)。ドニの《アムール》とその下絵、これは好きな作品です。
 
Img_8670
 
リヴィエールのポストカードなんて欲しいですよね、これ?このまま持って帰りたいです。
 
Img_8683
 
他にもゴッホ美術館所蔵の浮世絵(ゴッホがコレクションしていたらしいです)やボナールの屏風なども。
 
Img_8485
 
最後にミュージアムショップにあった作品原寸大プリントのグッズ。テーマは原寸大!ヴァロットンのモノクロ手ぬぐいもカッコよかった……。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE ドラえもん展 TOKYO 2017/増田セバスチャン作品展「YOUR COLORS」

THE ドラえもん展 TOKYO 2017と増田セバスチャン作品展「YOUR COLORS」を観てきました。ドラえもん、楽しかったです!
 
 
 
THE ドラえもん展 TOKYO 2017
森アーツセンターギャラリー
11/1-2018/01/08
 
Img_8426
 
ドラえもんファンも、子供連れでも、デートで行っても、そして現代アートファンが観ても満足する、そんな幅の広い展覧会でした。ドラえもん×現代アート、これは会期後半になるにつれて混みそうですね。
 
 
Img_8319
 
村上隆の作品はポスターにもなっています。しずかちゃんの裸はポスターではトリミングされていますね。前回の作品もあり。
 
 
Img_8328
 
福田美蘭の作品も前回のものと並んでいました。この方の発想力にいつも驚かされます。
 
 
Img_8332
 
蜷川実花も前回から引き続き参加。ドラちゃんとデートするというテーマは前回と同様でした。
 
 
現代アートティストがそれぞれ自分なりのドラえもんに取り組んだ作品を作る。以前2002年に開催された「THE ドラえもん展」の第二段として前回参加した作家の新作(前回の作品も一部展示されています)や新たな作家が参加しています。
 
 
Img_8339
 
鴻池朋子らしい皮を使った作品は洞窟の壁画のよう。しずかちゃんがテーマになっています。もう一つの映像作品は何か突っ込みたくなる作品。
 
 
Img_8342
 
会田誠の作品はそう来るか!と言うもの。毒のある会田さんなりの、それらしいけどギリギリのところの作品。タイトルを観ると、あれを意識……。
 
 
Img_8346
 
山口晃作品は飄々とした漫画です。
 
 
と、まぁ、今アート界で注目されている作家ばかりと言うアート好き必見の展覧会になっているのです。もちろんこれ何?と言う現代アートらしい作品もありますが、比較的そうならないで楽しめるものになっているのはドラえもんと言う皆が好きで有名なモチーフをテーマにしているからでしょうか?
 
 
Img_8350
 
私の大好きな町田久美作品。和紙に墨や顔料の絵の具で描いたものなんです。是非近くでじっくり見てほしい。目の周りの青い線など見えにくいところを描きこんでます。
 
Img_8354
 
あと、この町田久美作品のグッズが良かったです。Tシャツが欲しかったのにMサイズが売り切れ。再入荷あるようなので誰か買ってきてください(入場券がないとショップに入れない様です)。
 
 
Img_8375
 
梅佳代らしい、家族などをテーマにした写真作品もイイ。
 
 
今回の展覧会はある程度は撮影OKでした。ただ撮影NGの作品がまた良かった。小谷元彦のリアル猫+人型ロボットはカッコいいし、シシヤマザキのアニメーションも良かった。
 
今回の展覧会で私個人的ベスト3の作品は残念ながら全部撮影NGでした。クワクボリョウタの模型列車が造る影絵の作品、後藤映則の立体ワイヤー模型断面に光で切り取るアニメーション、しりあがり寿のしりあがりさんでなければ造れないあの作品。必見ですよ!
 
 
Img_8388
 
奈良美智コーナーは流石の大人気です。みんな奈良さんの絵好きなんですね。前回ジャイアンにリボンを取られたドラミちゃんは依然としてリボンを取られたままでした。
 
Img_8393
 
奈良美智作品は前回一番人気だったのじゃないでしょうか?前回の絵も展示されていました。
 
 
後半は比較的若手の作家さんが、映画などの一つの作品を一つ選び、それをテーマにして作った作品が並びます。
 
 
Img_8397
 
れなれなの描く黒板アート。チョークでスフマート技法で描かれています。
 
 
Img_8399
 
篠原愛は少しグロテスクさを抑えたような感じですが篠原さんの世界観はそのまま。
 
 
Img_8407
 
Img_8408
 
山口英紀 + 伊藤航のペーパークラフト作品とそれと対に水墨で歴史資料的に描かれた作品。三井記念の超絶技巧展で山口英紀作品を見たばかり。
 
 
Img_8422
 
近藤智美の鏡面的世界を描いた絵も素敵でした。
 
 
Img_8403
 
坂本友由の描いたしずかちゃんはフェティッシュで親が子供を連れて来たときに見せられるギリギリでしたね。
 
 
他にも前半にはMr.、佐藤雅晴、西尾康之、渡邊希、森村泰昌+コイケジュンコの作品。後半には中里勇太、中塚翠涛、増田セバスチャン、山本竜基の作品がありました。
 
と、まぁ、こんな具合で、全体的には子供も観に来るということを意識してか、ドラえもんと言うテーマのせいか過激な作品は少ない気がします。ただ、だからと言って手を抜いた作品は無く、とにかく楽しめる展覧会でした。
 
 
 
増田セバスチャン作品展「YOUR COLORS」
ROPPONGI HILLS A/D GALLERY
10/20-11/12
 
Img_8430
 
ドラえもん展にも出ていた増田セバスチャンの個展をやっていました。カワイイ系の作品で、そこそこ一般への知名度もあるので、なかなか狙ってブッキングしてきてますね。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川合玉堂 ―四季・人々・自然―

川合玉堂 ―四季・人々・自然―
山種美術館
10/28-12/24
 
山種美術館の今年ラストの展覧会は「川合玉堂」展です。内覧会に参加させて頂きました。川合玉堂、初期のころから晩年までの作品80点ほどを集めた展覧会になっています。
 
※写真は内覧会で特別に許可を得て撮影したものです。
※作品はすべて川合玉堂筆です。
 
 
Img_8206
《鵜飼》 山種美術館所蔵
展示会場初めにある《鵜飼》は初期のころ、22歳の時の作品。玉堂が少年時代に実際に見ていたと言うこともあってか鵜飼のシーンを描いた絵が多いですね。今回の展覧会にも何点かありました。
 
Img_8237
《鵜飼》 山種美術館所蔵
同じ鵜飼を描いた絵ですが、こちらは66歳の頃の作品。かがり火の表現に金泥を使っています。こちらはの今回の展覧会での撮影可能作品になっています。
 
 
Img_8231
《紅白梅》 玉堂美術館所蔵
若い頃に京都で円山四条派を学び、その後に橋本雅邦と出会って狩野派の技法も学んだ玉堂ですが、以外にも(?)琳派風の描き方をしている絵もありました。この《紅白梅》は幹の描き方といい思い切り琳派風ですね。この当時、琳派の再評価の流れがあり、他の画家と同じように玉堂も影響を受けたようです。
 
Img_8250
《早乙女》 山種美術館所蔵
山種美術館で何度か見たことのあるこの絵も、良く見ると畦道に琳派風のたらしこみ技法が使われていたります。この《早乙女》に描かれている女性達などもそうなのですが、玉堂の描く人間はなんかくるっとしたずんぐりさがありかわいいですよね。
 
 
Img_8224
《猿》 山種美術館所蔵
個人的には人間よりも動物や風景の絵の方が好きなのでそちらに目がいってしまうのですが、玉堂は猿の絵を好んで描いていたようです。
 
Img_8228
《写生画巻》(部分) 玉堂美術館所蔵
スケッチで細かく猿を観察して描き、説明付きで残しています。子猿を実際に飼っていた様で一人で寝かすのが可哀相だから毎晩抱いて寝ていたとか。
 
Img_8267
《猫》 山種美術館所蔵
最後の部屋にあったこの猫はイイですよね。隣にある写真の様子といい、先の子猿の話といい動物好きだったんだろうなぁ、と思ってしまいます。
 
Img_8283
左《荒海》、右《虎》 共に山種美術館所蔵
同じ猫科でも虎の絵は迫力あります。虎は千里走るという言い伝えを基に戦争に行く人に虎の絵を送っていたとか。左の《荒海》も戦争の頃の不安な世の中を表しているとも言います。戦争画を描かなかった玉堂独自の戦争へのかかわり方なのでしょうか。
 
 
Img_8211 Img_8209
左《夏雨五位鷺図》、右《夏雨五位鷺図》(部分) 玉堂美術館所蔵
今回の展覧会で個人的に一番好きな絵がこれ。雨の中のゴイサギが描かれています。玉堂の描く雨の様子って凄く上手いなぁ、と思うのです。ハッキリとした線とまではいかない、でもぼんやりすぎもせず、その加減が絶妙だと思います。
 
Img_8243 Img_8246
左《水声雨声》、右《水声雨声》(部分) 山種美術館所蔵
これも好きな絵です。長谷川等伯の松林図屏風や、朦朧体などの影響もあるかもしれませんがただぼんやりしているだけでなくギリギリな感じで雨の線の具合もあります。このぼんやりしているのだけど、少しシャープ、この具合が好きですねぇ。
 
 
Img_8234 Img_8235
左《漁村晩晴》、右《漁村晩晴》(部分) 山種美術館所蔵
そんな具合にいい感じの絵を描いてみたと思ったら……実は抜きどころも楽しいのが玉堂だったりします。この漁村の家の描きかた!ひょろひょろですね。
 
 
 
さて、山種美術館、来年からはじまる次の展示は横山大観ですね。なんと山種美術館所蔵の大観作品全点を一挙公開だそうです。
 
横山大観 ―東京画壇の精鋭―
山種美術館
2018/1/3-2/25
 
横山大観は生誕150年と言うことで近代美術館でも大きな展覧会が開かれます。
 
横山大観展
東京国立近代美術館
2018/4/13-5/27
※この展覧会はこの後、京都国立近代美術館に巡回
 
大観をまとめて見直すのに相応しい年になりそうです。楽しみです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »