« 怖い絵展/驚異の超絶技巧!-明治工芸から現代アートへ-/東郷青児展 抒情と美のひみつ | トップページ | 川合玉堂 ―四季・人々・自然― »

安藤忠雄展―挑戦―

安藤忠雄展―挑戦―
国立新美術館
9/27-12/18
 
Img_7649
 
まぁ、私は特に安藤忠雄信者と言うわけではありませんが、安藤忠雄設計の実建築を観ると、これカッコいいなぁ、と思ってしまうのも事実なのですよね。あれは、なんなのだろう?と。安藤忠雄展、今までも何度か観ているのでそこまで新しい発見などは無いでしょうし、今の時代はもうこの方の建築に合う時代ではなくなっている気もするし、まぁ、でも建築好きとしては観ておくかなぁ、と言う程度の気持ちではあったのですけどね。
 
Img_7632
 
と、なんかノリ気でないけど、結局行っちゃった的なことをつらつら書いてみましたが、その割には展覧会が始まってすぐの土日に行ってるし、消化出来なくてなかなか感想をブログに書けないし、結構真面目に観てしまっています、笑。
 
Img_7646
 
展覧会は「原点/住まい」「光」「余白の空間」「場所を読む」「あるものを生かしてないものをつくる」「育てる」と6章だてになっています。内容としては比較的初期の頃の作品も含まれる「原点/住まい」「光」あたりのはじめの方の展示が好きです。特に住宅関連の展示は充実していましたね。
 
Img_7643
 
そしてやはり今回の展示の目玉なのが「光の教会」原寸再現。これは実際に建築物として増築の申請をしてこの場所に建てているとのことです。十字のスリットから差し込む光自体が十字を形作る。この発想はイイですよね。
 
Img_7657
 
後半の展示は内容はそんなに……まぁ、あれですが、展示演出と仕方として良かったです。大きな展示室使いの真ん中にジオラマシアターを作り、ここに直島関連のプロジェクトを全部集めてます。
 
Img_7658
 
私は何度か直島に行ったこともあるので、この模型と映像見てまた直島に行きたくなりました。ただ、直島関連に関しての説明などはあまりないので、直島に詳しくない人がこれを見るとどう思うのでしょうね?
 
Img_7660
 
あと、図録が安くてお買い得だったり、グッズが洒落ていたりと、建築好き若者などはこれ買っちゃうんだろうなぁ、と言うくすぐるものが多かったです。
 
 
東京都内のANDO建築作品をめぐってスタンプを集めよう!
 
都内周辺の安藤建築をめぐるスタンプラリーがありました。この展覧会会場、21_21 DESIGN SIGHT、国立国会図書館 国際子ども図書館、東京大学 情報学環・福武ホール、東京アートミュージアム、表参道ヒルズ、東急東横線渋谷駅、東急大井町線上野毛駅と8箇所全部廻れば抽選に参加できるというもの。
 
全部廻らなくてはいけない&それでようやく抽選の権利と言うハードルの高さで参加は断念しました。が、21_21 DESIGN SIGHTはすぐ近くだし、偶然次の週に東京大学近くに行ったし、展覧会観に上野に行くから子ども図書館にも行けるしともしかしたらスタンプ集まったかもしれません。
 
私にとって一番行きにくいのは東京アートミュージアムですかね。仙川に行く機会がなかなか無いので、この8箇所の中で今までで一度も見たことない唯一の建物です。五島美術館にも最近行っていないので上野毛駅も行きにくいエリアかも。
 

|

« 怖い絵展/驚異の超絶技巧!-明治工芸から現代アートへ-/東郷青児展 抒情と美のひみつ | トップページ | 川合玉堂 ―四季・人々・自然― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/65872884

この記事へのトラックバック一覧です: 安藤忠雄展―挑戦―:

« 怖い絵展/驚異の超絶技巧!-明治工芸から現代アートへ-/東郷青児展 抒情と美のひみつ | トップページ | 川合玉堂 ―四季・人々・自然― »