« 金沢百枝監修 ロマネスクと工芸1 修道院 | トップページ | 鬼頭健吾 Multiple Star Ⅱ・色と形の冒険/線のひびき/ハラミュージアムアークパブリックアート »

群馬建築巡り:群馬県立近代美術館/ハラミュージアムアーク/旧井上房一郎邸、他

夏休みに高崎から伊香保温泉に行ってきました。その流れで幾つか建築を観てきたので建築関連エントリをまとめます。え?皆、どこか行ったら建築観に行くでしょ?私だけじゃないよね!?
 
【見たもの】
群馬県立近代美術館(設計:磯崎新)
群馬県立歴史博物館(設計:大高正人)
ハラミュージアムアーク(設計:磯崎新)
旧井上房一郎邸(アントニン・レーモンド設計の再現)
群馬音楽センター(設計:アントニン・レーモンド)
高崎駅西口 ウエストパーク1000(設計:隈研吾)
高崎駅東口 イーストパーク(設計:大江匡/PLANTEC)
 
 
 
群馬県立近代美術館
 
まずは群馬県立近代美術館へ立ち寄り。初来訪です。磯崎新さん設計の建物を一度見たくてきました。群馬の美術館設立運動に携わってきた井上房一郎さんが磯崎さんを推薦したとの事。この後に出てきますが井上さんの自宅の設計はレーモンドです。
 
Img_6157
 
四角くカッチリとした建物で、窓枠がグリッドの様になっています。比較的しっかりと構築された建物だという印象を受けました(いや、どの建物もしっかりと構築はされていますが、笑)。ちなみにここは群馬の森と言う大きな公園の中にあります。結構うっそうとした森のある公園でしたね。
 
Img_6173
 
水場の上にある斜めに張り出した部分が印象的です。この張り出し部分は山種記念館と呼ばれ、この美術館の建設費用を出資した山崎種二さんにちなんだもの。そう、恵比寿にある山種美術館を開館した方ですね。高崎出身なんだそうです。コレクション作品として速水御舟などがあるなぁと思っていたらここら辺の繋がりでしたかね。
 
Img_6163
 
内部は吹き抜けを上手く使った構成になっていました。
 
Img_6166
 
その吹き抜けの横を上っていく階段のエリアがなんか好きでしたね。
 
Img_6169
 
階段を上ったらこんな階段がありました。スタッフ用か非常用か?この建物のソリッドな四角さとは違う感じ。部分的にイメージを変えて遊びのあるデザインにしたのかな?
 
 
 
 
群馬県立歴史博物館
 
Img_6155
 
群馬県立近代美術館の横には群馬県立歴史博物館があります。こちらの設計は大高正人さん。メタボリズムの一員ですね。神奈川県立近代美術館の別館の方の設計などもやっている方。さらに本来は槇文彦さん設計の「文学館」出来る予定だったという話ですがそれは残念ながら予算化されなかったということでした。
 
 
 
 
ハラミュージアムアーク
 
Img_6243_2
 
伊香保温泉方面にあるのが原美術館の別棟的なハラミュージアムアーク。こちらも磯崎新さんの設計ですね。ゆったりとしたところに造られた建物。隣接するグリーン牧場や周囲にあるパブリックアート、カフェなどと共にゆったりと過ごすことが出来ますね。もちろん現代アートの展覧会を楽しんで。奥に出来た増設棟の觀海庵も忘れずに。
 
 
 
 
旧井上房一郎邸
 
Img_6295
 
高崎市内、高崎市美術館の敷地内にあるのがアントニン・レーモンドスタイルの旧井上房一郎邸。高崎市美術館の入場券で入ることが出来ます。知り合いから教えて貰ったのですが、街中のこんな所にこんな家があるなんて知りませんでした!
 
これは東京の笄町に建てられたレーモンドの自邸兼事務所を写した建物だそうです。井上さんがレーモンドに許可を得て自分の家として再現したそうです。
 
Img_6319
 
平屋の木造建築ですが、結構、軒が出ているのが気になる建物です。外から見ると片側上がりの屋根になっていますが、中の天井はハの字型になっていました。上がっている部分は屋根裏部屋とかになっているのでしょうか?
 
Img_6297
 
中に入って二部屋程見ることが出来ます。この写真は旧寝室として使っていた部屋ですがパティオに面していて気持ち良さそう。
 
Img_6320
 
パティオに面したもう一つの部屋は居間で、そちらは外からしか見ることが出来ません。ストーブがイイ感じ。
 
 
 
 
群馬音楽センター
 
Img_6149
 
こちらも高崎市内。アントニン・レーモンドさん設計の建物が旧井上房一郎邸の近くにあるということでちょっと見てきました。中には入らなかったのですが、今度来たら中も見たいです。
 
 
 
 
高崎駅西口 ウエストパーク1000
 
Img_6324
 
高崎市内、と言うか高崎の駅西口すぐのところなんですがこれは建築好きなら見たらすぐあの人だ!?と判るのではないでしょうか?隈研吾さんの設計です。よく見ると中にぐるぐる回って登っていく車路が見えます。
 
Img_6325
 
まぁ、真四角の箱に表層だけ隈テイスト貼り付けたようにしか見えないけど……それでも誰が見ても隈研吾建築だと言わせてしまうようなものですね。
 
 
 
 
高崎駅東口 イーストパーク
 
Img_6328
 
名前の通りさっきのウエストパーク1000が西口ならこちらは東口の駐車場です。大江匡さんの設計。高崎市、東口・西口の駐車場設計に有名建築家使うとは……。
 
Img_6333
 
こちらは再開発によって出来たのですね。奥にある茶色い部分のあるビルが群馬トヨタビルなのですがそちらも大江匡さんの設計。併せて設計されたようですね。
 
 
 

|

« 金沢百枝監修 ロマネスクと工芸1 修道院 | トップページ | 鬼頭健吾 Multiple Star Ⅱ・色と形の冒険/線のひびき/ハラミュージアムアークパブリックアート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/65728765

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬建築巡り:群馬県立近代美術館/ハラミュージアムアーク/旧井上房一郎邸、他:

« 金沢百枝監修 ロマネスクと工芸1 修道院 | トップページ | 鬼頭健吾 Multiple Star Ⅱ・色と形の冒険/線のひびき/ハラミュージアムアークパブリックアート »