« ジャコメッティ展 | トップページ | ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」その二 赤レンガ倉庫・横浜市開港記念会館会場 »

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」その一 横浜美術館会場

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館地下、ほか
8/4-11/5
 
 
ヨコハマトリエンナーレ2017 、前回みたいに小難しいだけでなくて、見ていて楽しく、でも考えさせる/投げかけてくる作品が揃ってて、バランス良かったと思います。
 
個人的には2001面白い、2005最高、2008イマイチだなぁ、2011こじんまり、2014難しい、2017バランス良い、と言う感じ。今までの横トリ&周辺展示の感想リンクは下につけておきます。
 
横浜美術館+黄金町バザールで1日、赤レンガ倉庫+開港記念開館+BankART+YCCで1日と二日に分けてみました。横トリ3会場だけなら昼から夕方で見ることが出来るかな。朝からかければ残りも見ることが出来るかも。でも詰め詰めになってしまうのでやはり2日間かけてゆっくりまわるのがいいかもしれませんね。
 
まずは横トリ横浜美術館会場の感想を書きます。
 
赤レンガ倉庫・横浜市開港記念会館会場の感想はこちら
ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」その二 赤レンガ倉庫・横浜市開港記念会館会場
 
 
 
Img_6742
まずはアイ・ウェイウェイ(艾未未)の作品。美術館の外壁に救命ボートやライフジャケットがかけられたもの。これは実際に難民が使ったものだとのこと。アイ・ウェイウェイの作品は館内にもあり、セラミックの2色の蟹が居ました。
 
Img_6493
ロビーにあるジョコ・アヴィアントの作品はとにかく目立ちます。
 
Img_6496
これは竹で作られていて、形はしめ縄インスパイアらしい。
 
Img_6510
Mr.の作品はいつも通りインパクトあり。ただ、個人的にはトリエンナーレのテーマと合ってない気がしなくも……。
 
Img_6513
カールステン・ヘラー、トビアス・レーベルガー、 アンリ・サラ&リクリット・ティラヴァーニャと言う4人のアーティストが合作した作品などがある部屋。この4人に一部屋づつ計4部屋で作品展示して欲しかったと思ったのは私だけではないはず。
 
Img_6522
プラバワティ・メッパイルの作品。これ、写真だと何かわからないかもしれないけど、なんか私は好きな作品でした。だからなんなの?的な感じもありますがね……。
 
Img_6531
ケイティ・パターソンの一つ一つの球が惑星のようなネックレスは化石のネックレスなんだとか。それも進化に沿って時代順に並んでいるという!
 
Img_6586
ザ・プロペラ・グループ、トゥアン・アンドリュー・グエン「AK-47 vs. M16」このゼラチン固めたもの、この作品は良かった。
 
Img_6584
タイトルで判るかもしれないけど、これが何かは会場の動画で確かめて欲しい。回りのディカプリオに見られながら。
 
Img_6589
そして畠山直哉さんの写真、これは強く刺さってくる。本当に強いものは説明は要らない。
 
Img_6599
別の部屋で展示をしている瀬尾夏美さんがこの裏にイラスト「風穴」を描いている。瀬尾夏美さんの作品とこの写真がテーマとしても繋がってくる。
 
Img_6613
そして風間サチコさんは全部持って行ったね、これ。もう卑怯なくらい、これが一番記憶に残っている。
 
Img_6626
ブルームバーグ&チャナリン、積み木を自分で組みなおすことも出来ます。意味合いが深いのに、見ていて綺麗でもあるという、今回そういう作品が多い。
 
Img_6641
木下晋さんのこの絵も心に刺さってくる。強い。本当に強い。
 
Img_6644
イアン・チェンの作品が面白い。柴犬の姿の使者が人の遺体を弄んでいる、この映像がすべてAIに仕組まれた解析なのだという。こう言う形で作品を作り上げていくのが面白い。
 
Img_6654
ザオ・ザオ「プロジェクト・タクラマカン」も砂漠に電気を引いて冷蔵庫でビールを冷やして飲むという、一見ばかばかしい作品だが、意味合いは深いものである。
 
Img_6660
マーク・フスティニアーニのトンネル。他にも「穴」と言う作品が出ているが、一体この奥はどこまで繋がっているのだろう?
 
Img_6671
パオラ・ピヴィの作品は北米では神聖な生き物とされている熊をモチーフにして鳥の羽根で装飾している。
 
Img_6673
多様性などの意味合いもあるようだが、とりあえずこのカラフルなモフモフの勝ちである。
 
Img_6674
オラファー・エリアソンは前にルイヴィトンとコラボしたときにも使用した作品で色を消した空間を造っている。
 
Img_6679
ただ、オラファー・エリアソンは実はこっちのGreen Lightと言う難民問題を扱ったワークショップの方がメインのようですね。
 
Img_6689
マウリツィオ・カテランはこの作品ともう一つもかなりバカにしているようですごくイイ。
 
Img_6707
 
Img_6708
ジェニー・ホルツァーの作品は駅の壁に投影されていたり、バスのラッピングもそれです。お見逃し無く。
 
 
 
と言うことで横浜美術館会場編はこんな感じですが、個人的には赤レンガ倉庫会場が面白かったので、赤レンガ会場にもう一度行きたいからそこだけのチケットを安く出してくれないかなぁ。
 
 
 
【今まで(2005/2008/2011/2014)の横トリ&周辺展示の感想リンク】
※2001は見に行っていますが当時はブログをやっていなかったのでエントリ無し。
 
オススメ!横浜トリエンナーレ2005 その1
楽しい!横浜トリエンナーレ2005 その2
 
横浜トリエンナーレ初考
曼珠沙華の球根には毒がある?横浜トリエンナーレ、三渓園会場
横浜トリエンナーレ、日本郵船海岸通倉庫と新港ピア
横浜、トリエンナーレ「以外」の心ある機械とEcho
 
ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その壱:横浜美術館
ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その弐:日本郵船海岸通倉庫
 
ヨコハマトリエンナーレ2014
横浜(トリエンナーレ以外)もろもろ
 
 
 

|

« ジャコメッティ展 | トップページ | ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」その二 赤レンガ倉庫・横浜市開港記念会館会場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/65679081

この記事へのトラックバック一覧です: ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」その一 横浜美術館会場:

« ジャコメッティ展 | トップページ | ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」その二 赤レンガ倉庫・横浜市開港記念会館会場 »