« shiseido art egg 沖潤子展/タクマクニヒロ Kind of Blue+/スペクトラムファイル 宮田彩加/Shizuka Tatsuno Glass & Soil Design Works/山本桂輔展「地底の雲」/d design travel SHIZUOKA EXHIBITION | トップページ | 日本の家 1945年以降の建築と暮らし »

レオナルド×ミケランジェロ展

レオナルド×ミケランジェロ展
三菱一号館美術館
6/17-9/24
 
レオナルド×ミケランジェロ展のブロガー内覧会に参加してきました。
※写真の撮影は内覧会で特別に許可を得たものです。
 
レオナルド×ミケランジェロ展、レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ・ブオナローティと言うほぼ同じ時代に活躍した二人の天才を真っ向から比べてみた、という展覧会です。なかなか、準備も大変だったようです。高橋館長がボソッと言っていました「作品が来てくれただけ本当に良かった」と。
 
まぁ、ダ・ヴィンチにしてもミケランジェロにしてもその絵画や彫刻を日本まで持ってくるのは容易ではありません。基本は素描や手稿、そして影響をうけた絵画などが中心、と思っていたのですが……。
 
ええ、凄いものが来ていました。この展覧会がはじまりしばらくした7/11から公開されているのがこれです。
 
Img_5219 
ミケランジェロ・ブオナローティ(未完作品、17世紀の彫刻家の手で完成)「十字架を持つキリスト(ジュスティニアーニのキリスト)」
 
この像は2000年にミケランジェロの作品だと言うことが認められた作品。ミケランジェロが未完成で終わらせたものを後世、別の彫刻家が完成させたと言うものなんです。こんな大きな彫刻が日本に来てくれるなんて!
 
初期にこの展覧会を見に行った人すいません、もう、これだけを見るだけでも充分な展覧会です。もう、これだけでご飯三杯食べることが出来ます!ってくらい。もう一度いける人はこれを見に行くのをオススメします。さらに、なんと!これは写真撮影可能なんです。私が撮影したのは夜ですが、昼の光で観るのも良いそうです。(今後、混雑具合では撮影が可能な日時の制限をする可能性もあるということでした)
 
Img_5221 Img_5246
 
さて、ここの彫刻、ミケランジェロ作であるサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ聖堂のキリスト像の最初のバージョンと言われています。ミケランジェロがこのキリスト像を彫っていくうちに大理石の内側にある黒い疵が頬の箇所に出てきてしまった。そこでこの像は途中で放棄して、別に作ったのがサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ聖堂に残されたバージョンだと言う話です。
 
この彫刻をじっくり見ると、筋肉の美しい左腕、片側に重心をかけ芯がずれた形になる身体などに表れているミケランジェロらしさ。それに比べ顔や右腕とそれが持つ十字架や縄、背中辺りは後世に手を加えられたのではないかと。キリスト像なのに裸身であり、身体つきなどが古代彫刻を思わせる姿勢である、そういった古代の作風と当時のキリスト像が組み合わさったこの作風もミケランジェロならでは、の様です。
 
 
Img_5293
左)レオナルド・ダ・ヴィンチ《少女の頭部/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作》
右)ミケランジェロ・ブオナローティ《〈レダと白鳥》〉の頭部のための習作》
 
さて、もちろんこの像が無くても興味深い展覧会であることは間違いありません。二つの素描を拡大した今回の撮影コーナーを見ても判るとおり「万能人」レオナルド・ダ・ヴィンチ、「神のごとき」ミケランジェロ・ブオナローティと言う天才二人が描いた素描などを並べ、その特徴や違いなどを比較する様な展覧会になっています。左利きのレオナルドの描いたものは左上から右下に向かう線によるハッチングが特徴。ミケランジェロは得意としていた斜線を交差させるクロスハッチングで立体感を出しています。他にも馬を描いた素描などでも両者を比較することが出来ます。
 
 
Img_5322
フランチェスコ・ブリーナ(帰属) 《レダと白鳥(失われたミケランジェロ作品に基づく)》
 
Img_5314
レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく 《レダと白鳥》
 
ギリシア神話の「レダと白鳥」をモチーフにしたものを両名が描いています。今回の展覧会に来ている作品は模写だったり弟子の作品ではないかと言われているものにはなりますが、両者を比べて見ることが出来るのは贅沢です。
 
 
Img_5334
レオナルド・ダ・ヴィンチ 『アトランティコ手稿』(ファクシミリ版)
 
レオナルドと言えば彼の残した手稿が有名ですが、この水車の仕組みなどを描いたものを見ると、この人はこう言う構造とかメカニズムとかそういうものが凄く好きな研究者肌なんだろうなぁ、と思いましたね。今ならオタクになってましたね。
 
Img_5238
左手前)ミケランジェロ・ブオナローティ 《河神》
 
逆に筋肉美マニアなミケランジェロは完全なアーティスト肌なのでしょうか。23歳年上のレオナルドに対して作品を実現させられないことに対して批判したこともあったそうです。
 
二人の天才を比べる、なんてよく考えれば大それたことではありますが、今の現代の私達だからできる贅沢なのかもしれませんね。
 
 
 
三菱一号館美術館、実は次の展覧会もかなり気になっています。ロートレック、好きなんですよねぇ。
 

Photo

パリ♥グラフィック ― ロートレックとアートになった版画・ポスター展
2017/10/18-2018/1/8
 
ボナールやドニ、ヴァロットンの版画やポスター絵等も見ることが出来るようなので期待です。

|

« shiseido art egg 沖潤子展/タクマクニヒロ Kind of Blue+/スペクトラムファイル 宮田彩加/Shizuka Tatsuno Glass & Soil Design Works/山本桂輔展「地底の雲」/d design travel SHIZUOKA EXHIBITION | トップページ | 日本の家 1945年以降の建築と暮らし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/65554125

この記事へのトラックバック一覧です: レオナルド×ミケランジェロ展:

« shiseido art egg 沖潤子展/タクマクニヒロ Kind of Blue+/スペクトラムファイル 宮田彩加/Shizuka Tatsuno Glass & Soil Design Works/山本桂輔展「地底の雲」/d design travel SHIZUOKA EXHIBITION | トップページ | 日本の家 1945年以降の建築と暮らし »