« shiseido art egg 吉田志穂展/Alan Chan「HELLO GINZA!」/ロマン・チェシレヴィチ展/アブラハム・クルズヴィエイガス展 | トップページ | 坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス »

大エルミタージュ美術館展/苫米地正樹 陶芸展/ルイジ・ギッリ展/菅 木志雄展/HEAT/Gallery Show

もう少し前になりますが六本木で見た幾つかの展示感想。
 
大エルミタージュ美術館展
森アーツセンターギャラリー
 
苫米地正樹 陶芸展
ROPPONGI HILLS A/D GALLERY
 
ルイジ・ギッリ 「Works from the 1970s」
タカ・イシイギャラリー 東京 
 
菅 木志雄「分けられた指空性」
小山登美夫ギャラリー 
 
HEAT
オオタファインアーツ 
 
Gallery Show
ワコウ・ワークス・オブ・アート
 
 
 
大エルミタージュ美術館展 | オールドマスター西洋絵画の巨匠たち
森アーツセンターギャラリー
3/18-6/18
 
濃かったです。濃い絵が並んで、その奥にもさらに濃い絵が、と続きます。なので、観終わった後のお腹一杯感がかなりありました。こんな絵たちに囲まれて過ごしていたエカテリーナ2世をはじめとする美術が好きな皇帝さまたち。この宮殿の中で実際に見たいなぁ、と思いますね。
 
 
苫米地正樹 陶芸展 SPIRIT
ROPPONGI HILLS A/D GALLERY
5/26-6/18
 
カラフルな陶芸展、インディアンの文化に影響を受けたとか。インディアンテントを茶室にしたのは面白かったなぁ。
 
 
ルイジ・ギッリ 「Works from the 1970s」
タカ・イシイギャラリー 東京
5/27-6/24
 
カラー写真を使った展示、と言っても文化村などでやっているそれとはやはり違いますね。あちらが雑誌の広告のようなものであれば、こっちは内向的な、自分の中、内に内に入っていくようなもの。他人が写っていても、何か内に入り込んでいるような気がする。
 
 
菅 木志雄「分けられた指空性」
小山登美夫ギャラリー
4/28-6/10
 
何かの規則によって並んでいる木や石、いかにももの派の展示です。私の場合、もの派、って聞くとなんか苦手感が出てくるのですが、改めてみると私の好きな現代アートの特徴全て網羅しているような気もするのですよね。
 
 
HEAT
オオタファインアーツ
5/13-6/24
 
アジアの作家、7人のグループ展。猿蟹合戦も、現代においてはいろいろ複雑な面が、いろいろな闇があるんだなぁ、と、そう、思ったのです。
 
 
Gallery Show
ワコウ・ワークス・オブ・アート
4/20-5/20
 
ミリアム・カーンのペインティングとグレゴール・シュナイダーの写真作品。グレゴール・シュナイダーって、横浜トリエンナーレの建物地下で泥のぐるぐる回るやつをやった人か(なんか凄く稚拙な表現ですが、笑)。
 

|

« shiseido art egg 吉田志穂展/Alan Chan「HELLO GINZA!」/ロマン・チェシレヴィチ展/アブラハム・クルズヴィエイガス展 | トップページ | 坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/65382261

この記事へのトラックバック一覧です: 大エルミタージュ美術館展/苫米地正樹 陶芸展/ルイジ・ギッリ展/菅 木志雄展/HEAT/Gallery Show:

« shiseido art egg 吉田志穂展/Alan Chan「HELLO GINZA!」/ロマン・チェシレヴィチ展/アブラハム・クルズヴィエイガス展 | トップページ | 坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス »