« 坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス | トップページ | 没後50年記念 川端龍子 ―超ド級の日本画― »

「奇想建築」!サライ最新号(2017年7月号)の特集が!

サライの最新号(2017年7月号)が「奇想建築」と「家飲みビール」の特集をしています。奇想建築とは!面白そう!と言うことで読んでみました。

 
 
 
周りでちょっと話題になっているサライの最新号(2017年7月号)。
 
サライ7月号の特集は「奇想建築」と「家飲みビール」です
 
 
まぁ、サライって読む人は男性で少し年齢層が上で……なイメージだし、間違いなくそこがターゲットだと思いますが、しっかりとした建築や美術にからむ面白い特集を結構やっているのですよね。ちなみに次号の特集は「くらべる日本美術」。これも買いですね!
 
美術特集があると私はhanakoやOZマガジンなどの女性向け雑誌を買う時ありますので本屋さんでは男女向け関係なく雑誌コーナーを色々チェックしてしまいます。
 
1421107117
 
で、今回のサライの特集「奇想建築」。
 
奇想です!つまり変わった建築と言うことですよね。「文明の衝突が生んだ明治・大正・昭和の驚愕遺産」とありました。洋風の文化を取り込んだ日本の建築をピックアップしています。
 
 
まぁ、そういう扱いですぐに思い浮かべるのはやはり伊東忠太の建築ですよね。築地本願寺が有名ですが、他にも東京近郊(墨田区、千葉の市川、国立市)の伊東忠太建築が紹介されていますし、西日本の伊東忠太建築特集もあります。
 
Pict0181_2
 
西日本での伊東忠太建築と言えば京都の祇園閣ですよ。もうだいぶ昔に見に行きました。これは一体何様式と言うべきなのか、この角は!
 
Img_4620
 
伊藤忠太と言えばその奇異な建築も有名ですが、さらにその建築に装飾などの目的で彫刻されている動物や想像上の霊獣なども有名です。まるでその建物に住み着いているような生き物たち。干支や中国の四神などの生き物を建物のあちこちに配しています、建物の中で動物探しをするのが面白いんです。雑誌にも幾つか載っていますがそいつらが照明のランプを抱えたり齧っていたりする様は注目です!
 
 
Img_4619_2
 
さて、他にも幾つかの奇想建築、長野や山形や静岡などの建物がを取り上げられています。ちょっとこれらを見に出かけたくなりますねぇ。擬洋風建築とも言われたそれらは江戸から明治へ変わるタイミングの文明開化の時期に洋風建築を一生懸命自分たちの世界に取り込もうとして出来たもの。過渡期でもあるそれら、今見たらおかしいかもしれないけど、でも当時は何かとても新しいことをしようとしていたチャレンジなのですよね。
 
Img_6395
 
今回の表紙にもなっている松本の旧開智学校。これ去年、松本に行ったときに見てきました。この写真だと普通に素敵な洋館に見えるのですが、よく見ると天使の彫刻が上のほうにあったとおもったら、下には龍の欄間があったり、和洋中ミックス建築となっていおます。後、この雑誌に載っている静岡の「岩科学校」には何と言っても長八の鏝絵があるから美術ファンは行かなくては。
 
擬洋風建築にしても伊藤忠太の建築にしてもただ変わっているとか、面白いとかだけでなく、ちゃんと歴史背景や建てられた経緯などに触れているのがサライらしいところ。ここは建築家の藤森照信さんの解説が載っています。藤森さん、こう言うの好きで詳しそうですものね。藤森さんの解説読むだけでも建築ファンは必見のものになっています。
 
 
さて、建築について思わず熱くなってしまいましたが、そういう時はこの雑誌の第二特集「家飲みビールを究める」でクールダウン。そう言えば昨日の父の日に私はクラフトビールを実家に送りました。ビールは家に何本あってもいいですよね。これからの蒸し暑い夏に日にぴったりです。ビールの種類、グラスや注ぎ方、取り寄せビールからおつまみの作り方まで!
 
Beer_2
 
正直言うと周りの酒飲み達は建築よりもこっちの特集の方が気になっているようです。友人には別の酒を(自称)究めた猛者もいるのですが、まぁ、困った人たちです。ちなみに今回改めてサライのバックナンバーを見て、今、私の家に残してあるものを確認してみたら「日本酒」特集の号でした。ええ、困ったことですね……。
 

|

« 坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス | トップページ | 没後50年記念 川端龍子 ―超ド級の日本画― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/65431095

この記事へのトラックバック一覧です: 「奇想建築」!サライ最新号(2017年7月号)の特集が!:

« 坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス | トップページ | 没後50年記念 川端龍子 ―超ド級の日本画― »