« 阿佐ヶ谷アートストリート 2017 | トップページ | 写真家 ソール・ライター展/ART of ROCK & GRAFFITI »

ブリューゲル「バベルの塔」展/「Study of BABEL」展

東京都美術館でやっているブリューゲル「バベルの塔」展とその関連展示でもある東京藝術大学の「Study of BABEL」展を見てきました。
 
 
 

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
東京都美術館
4/18-7/2
 
「Study of BABEL」展
東京藝術大学
4/18-7/2
 
ブリューゲル1世のバベルの塔とボスの真作油彩2点が来日と言うことが話題になっている「バベルの塔」展。そしてそれを立体化させた「Study of BABEL」展の二つの感想です。
 
Img_4174
 
「バベルの塔」展はその名の絵画が話題ではありますが、基本としてはネーデルランド美術の取り上げた展覧会です。ネーデルランド美術、もしくはフランドル美術と呼ばれるそれはベルギーとオランダにまたがる地方の美術です。今回の展覧会の初めのコーナーにあった宗教関連の木彫は素晴らしかったですが、その様にまず宗教的な主題が多かったものから徐々に人の暮らしや風俗描写なども描かれたものでした。
 
Img_4162 Img_4164
 
そして登場したヒエロニムス・ボス。ボスの描く幻想的な世界やモンスター達は当時大人気となり、その影響は当時の画家達を巻き込み、ボス風の絵画を描く画家は多くその風流「ボス・リバイバル」が起こったのでした。そのうちの一人がピーテル・ブリューゲル1世。ボスもブリューゲルも版画作品に多くのモンスターなどが登場させています。
 
Img_4158
 
この足のある魚のやつは今回の展覧会公式キャラクターなんですが……。まぁ、多くを語るのはやめましょう。
 
Img_4180
 
そして、ピーテル・ブリューゲル1世が描いた名作「バベルの塔」。ブリューゲル1世の描いた「バベルの塔」は現存しているもので2枚あり、今回の展覧会に来ているのは小さく精密に描かれている方で小バベルと呼ばれています。ちなみにブリューゲルは子供も絵描きで、地獄の絵を多く描き父の模作を作っていた「地獄のブリューゲル」長男のピーテル・ブリューゲル2世(2世の描いたバベルの塔は父の模作になるのですね)、静物画や花の絵を多く描いた「花のブリューゲル」ヤン・ブリューゲルが居ます。ちなみにヤン・ブリューゲルにも子供が居てヤン・ブリューゲル2世としてこれまた父の模作を作っていたので、ヤン・ブリューゲル1世/ヤン・ブリューゲル2世と言い分けることもあり、ええ、ややこしいですね。アニメやマンガのバベル2世と組み合わせるともっとややこしくなりそうですね。
 
Img_4179
 
さて、このバベルの塔、これは本当に生の絵を見に行ったほうがいいです。これは実物を見ないと凄さがわかりません。それほど大きくもない絵に、バベルの塔を建築する物凄く多くの人が描かれています。生の絵をぱっと見ただけでは小さくてまったくわかりません。
 
Img_4177
 
Img_4178
 
ところが展示のとなりにある映像や複製拡大画などを見て、もう一度作品を見に行くと塔の中に居る人の息遣いが見えてくるのです。そこには教会があり、レンガや漆喰を運んでいたり、足場を組んで作業をしている人たちが居ました。いや、これは凄い。本当に凄いです。※上記拡大写真はポスターの一部です。 
 
Img_4168
 
Img_4172
 
入口にあった大友克洋さんの描くバベルの塔の内側の絵も、ええ、痺れますね。他にもヒグチユウコさんとのコラボなどもありました。ヒグチユウコさんはブリューゲルやボスに影響を受けていたとは!?アパレルのアンダーカーバーもボスモチーフのデザインをしていたし、今の時代でもボスの影響が残っているのが凄いですね。
 
Img_4188
 
そして、展覧会で拡大複製画や3DCG映像を作ったのが東京藝術大学COI拠点。そのチームがさらに立体化したバベルの塔をつくり、プロジェクションマッピングなども展開しているのが「Study of BABEL」展。これ立体なんですよ。
 
Img_4187
 
Img_4189
 
あの細かい人も再現しているこだわりようです。自分の顔を働いている人にはめ込んだりするシステムなんかもあって楽しかったです。東京都美術館近くの東京藝術大学で無料で公開されているので是非こちらもあわせて見に行くと楽しめます。

|

« 阿佐ヶ谷アートストリート 2017 | トップページ | 写真家 ソール・ライター展/ART of ROCK & GRAFFITI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/65282792

この記事へのトラックバック一覧です: ブリューゲル「バベルの塔」展/「Study of BABEL」展:

« 阿佐ヶ谷アートストリート 2017 | トップページ | 写真家 ソール・ライター展/ART of ROCK & GRAFFITI »