« 茶の湯展 | トップページ | ブリューゲル「バベルの塔」展/「Study of BABEL」展 »

阿佐ヶ谷アートストリート 2017

阿佐ヶ谷でやっている阿佐ヶ谷アートストリート 2017を見てきました、が、もう少し頑張ってほしところもあり……はい。
 
 
 

阿佐ヶ谷アートストリート 2017
阿佐ヶ谷各所
4/28-5/19
 
Img_4117
 
GW期間中から実はやっていたイベント、阿佐ヶ谷アートストリート。今回で4回目だそうです。
 
いやー、アート好きだし、阿佐ヶ谷住んでいるけど、これ、そもそもこの期間にやっていること知らなかった!街中でこのイベントの告知をほぼ見ないですね。このイベント自体は2年前に見たのですが、正直その時もほとんど街中での告知は見かけませんでした。街中では盛り上がっている感まったくないけど、ちゃんと4回目まで続いているのは凄いです。もうちょっと告知とか何とかなら無いのかなぁ、とは思いますけどね。
 
Img_4127
 
前回から建築展示が加わっているようで、今回、産業商工会館で開催されていた建築関連の展示が私が見た中では今回のイベントの中において一番見ごたえありましたね。ここには入口に大きなポスターが貼られているのでとりあえず会場だと言うのが認識できました。会場では永山祐子さんなどの比較的名前が知られている建築家をはじめ、かなり多くの建築家の取り組みなどが模型を中心に展示、そこでトークショーが開かれていました。写真撮影がNGだったようなおが残念。色々な都合はあるのでしょうけど、もっとSNSで拡散させれば良いのにね……。産業商工会館では現代アートの展示もされています。和室にあった石の作品は好きでした。
 
Img_4116
 
他にも阿佐ヶ谷のあちこち、地域区民センターや、区民ギャラリーやギャラリー各所でアートの展示がされています。区民センターの展示を見に行きましたが、センターの入口を見る限り阿佐ヶ谷アートストリートをここでやってると言う感じが全く無く、寂しい限りと言うのは2年前に来た感じとまったく同じです(上の写真右のガラスの内側にようやく看板を発見……このエントリTOPの写真がそれです)。
 
Img_4125
 
私が見た土曜日が雨だったのもあるのですが、会場の一つの釣り堀は休園(この写真の青いシャツがインスタレーションだったみたいですが)。
 
Img_4121
 
Img_4124
 
別の会場である島尻邸も作品の説明やコンセプトなどは掲示されていないので、あれが作品なんだろうなぁ、と想像しながら通りから眺める程度で……。
 
このイベントの特徴と言っても良いのが様々な種類のアクションを展開していること。アート展示だけでなく、朗読やダンスや演劇などのパフォーマンス、トークやワークショップなど幅の広いスタイルでアートが表現されています。谷川俊太郎さんなどが参加されているのもそうだし、幅広いカルチャーをアートとしてとらえているのが中央線のイベントっぽい感じでしょうかね。前までは阿佐ヶ谷アニメストリートも会場だったり、ギャラリーももう少し多く参加していたりしたのですが、今回はそこまでではなかったのは……まぁ、いろいろな都合などのありそうな感じです。それでも続けていくことは大事なので、頑張ってほしいです!

|

« 茶の湯展 | トップページ | ブリューゲル「バベルの塔」展/「Study of BABEL」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/65282761

この記事へのトラックバック一覧です: 阿佐ヶ谷アートストリート 2017:

« 茶の湯展 | トップページ | ブリューゲル「バベルの塔」展/「Study of BABEL」展 »