« 新宿高島屋美術画廊10周年記念 ~そして広がる~/十花のしつらえ/新宿高島屋ARTWALK | トップページ | ポーラ ミュージアム アネックス展2017- 繊細と躍動 -/袱紗展/ゲルマン・シュテークマイヤー展/片桐功敦 展/47こども道具展 »

燕子花図と夏秋渓流図

なんと、尾形光琳の「燕子花図屏風」と鈴木其一の「夏秋渓流図屏風」が並んで同時公開です。琳派好きとしては見逃せません。

 
 
 
燕子花図と夏秋渓流図
根津美術館
4/12-5/14
 
Img_3870
 
毎年根津美術館ではこの季節に公開される事が多いのが尾形光琳の「燕子花図屏風」。もちろん根津美術館の庭にもあるカキツバタが咲く時期にあわせた展示ではあるのですが、今年はなんと、それに加えて鈴木其一の「夏秋渓流図屏風」も同時に公開です。琳派を代表するこの2作が並ぶと言う贅沢。これは見逃せません。
 
もちろん両作品、何度も見ております。更に言うと私が行った時期はまだカキツバタ咲いておりませんでした。だって、GW仕事入ってしまって行けないのだもの……。
 
Img_3873
 
こんな感じです。ほら、燕子花図屏風は伊勢物語の八橋の場面から橋を取り除いて金の無地の背景にカキツバタのみを描いた物じゃないですか。なので花の無いカキツバタを楽しむと言う手もありますよね、ええ。
 
まぁ、それはともかくデザインとしての完成度も高く、絵画としても貴重なこの燕子花図屏風。そして豪華で派手な色彩をもつ夏秋渓流図屏風。これが並んでいるのはやはり壮観です。夏秋渓流図屏風では真ん中あたりで少し腰を落として低い目線で見ると自分に向かって川の水が勢い良く流れ込んでくるという体感もできます。
 
光琳のころの煌びやかな琳派を目指したのだろう鈴木其一の絵画。200年位して、まさか光琳の屏風と自分の屏風が並ぶなどと言うことは想像したでしょうかね?

|

« 新宿高島屋美術画廊10周年記念 ~そして広がる~/十花のしつらえ/新宿高島屋ARTWALK | トップページ | ポーラ ミュージアム アネックス展2017- 繊細と躍動 -/袱紗展/ゲルマン・シュテークマイヤー展/片桐功敦 展/47こども道具展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/65203171

この記事へのトラックバック一覧です: 燕子花図と夏秋渓流図:

« 新宿高島屋美術画廊10周年記念 ~そして広がる~/十花のしつらえ/新宿高島屋ARTWALK | トップページ | ポーラ ミュージアム アネックス展2017- 繊細と躍動 -/袱紗展/ゲルマン・シュテークマイヤー展/片桐功敦 展/47こども道具展 »