« TARO賞20年 20人の鬼子たち | トップページ | 山種美術館「花*Flower*華―琳派から現代へ―」 »

北参道オルタナティブ・ファイナル

年末にやっていた北参道オルタナティブの続編(?)北参道オルタナティブ・ファイナルに行ってきました。
 
 
 
北参道オルタナティブ・ファイナル
千駄ヶ谷3-1-4
4/8-5/22 土日月のみ
 
Img_3589
 
去年末にやっていた取り壊し予定の空き家一軒をまるごと使ったアートのグループ展「北参道オルタナティブ」がパワーアップして「北参道オルタナティブ・ファイナル」として実施されています。取り壊しの予定が延びたとかで、では最後にもう一度、と言うところでしょうか?前回メンバーはほぼ再び参加となり、更に参加作家が増えての展開となっていました。
 
Img_3520
 
【参加アーティスト】
市川平/おかもとかおり/大槻英世/角文平/椛田ちひろ/椛田有理/桑山彰彦/阪本トクロウ/竹中美幸/原田郁/ヒグラシユウイチ/保坂毅/村上綾/村上郁/山本一弥/okamura yoruko
 
Img_3556
 
前回に比べて空間と作品の距離は近づいているように思えました。上の写真の様に作品なのかそうでないのかキャプションが見つからず判りにくかったなどもありおましたが。前回の展示のときは準備期間が短いのもあるのか、ちょっと上品にまとまっていて、もう少し勢いがあるといいなぁ、などと見る側の気楽な感想を思っていました。基本上品にまとまっているのは前と同じです。今回も準備期間が短かったのは変わらないでしょう。ただ、前と引き続きの展示で慣れた人も居たのか、空間になじんだ感じは前に比べて良かった気がします。
 
Img_3549
 
ただ作品を展示するだけではなく、どう空間を使っていくか、どうすれば作品が嵌るのか、もしくは空間が生きるのか、そういう試みが前より強く感じるような展示もありました。上品でまとまるのも、空間を上手く使えるのもキュレーションの方向性などもあるでしょうし、展示してわかる点もあるでしょうから、本当は同じ場所で何度もやっていき、メンバーも入れ換えながら新しい取り組みを増やしていくのが良いのでしょうね。この建物が今回で取り壊しになってしまうのはちょっと残念です。
 
Img_3517
 
入口入ってすぐの角文平さんのこの作品はドラムの中のジオラマがなんと浮き沈みするというもの。面白い。
 
Img_3522
 
今回から参加の阪本トクロウさんの絵が良かったです。波の絵とかなんか変な感じな絵です。
 
Img_3527
 
阪本トクロウさんのはこの絵が一番好きでした。なんかいる……と思ったら鳩!
 
Img_3531
 
いきなり宙に浮かぶ……家?!桑山彰彦さんの作品でした。上から見たら良く判りますが立体です。
 
Img_3587
 
この壁のペインティングは作品?
 
Img_3575
 
1階奥の部屋は前の展示のときも好きな空間でした。塩で銃を作るヒグラシユウイチさんの作品は印象的。
 
Img_3580
 
フィルムの色が窓から差し込む光で床に映るのが美しいのは竹中美幸さんの作品。
 
Img_3584
 
今回の展覧会で私的一番はこの熊と回転する光の器具。これは熊が角文平さん、光の装置が市川平さんと言う二人の作家さんの展示なんですね。なんか違和感無い位にはまってます。
 
Img_3536
 
この二人の組み合わせはキッチンにもありました。上の家の模型も角文平さん。
 
Img_3586
 
後ろを振り向くと、その角文平さんの家の作品が。この方の作品は結構好きですね。ミッドタウンでも前に見た記憶が?
 
Img_3544
 
2階で気になったのは村上郁さんの電球の作品。本当に光っているのですが、ライトの墓中に何か入ってます。
 
Img_3545
 
近くで見ると絵葉書のようです。キャプションに書いてある文字ははがきに書いてある文字から取ったとか。
 
Img_3547
 
おかもとかおりさんの淡い色の差の絵が暗い廊下にかかっているのが良かったです。
 
Img_3551
 
椛田ちひろさん、椛田有理さんのコーナーはインスタレーション的に一画を見せていました。
 
Img_3561
 
このokamura yorukoさんの一画も面白かったですね。
 
前よりも明らかにパワーアップしてきているので、こう言うのが続いてくれると良いのですがね、まぁ、このお家は取り壊しになってしまいますが。
 

|

« TARO賞20年 20人の鬼子たち | トップページ | 山種美術館「花*Flower*華―琳派から現代へ―」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/65132335

この記事へのトラックバック一覧です: 北参道オルタナティブ・ファイナル:

« TARO賞20年 20人の鬼子たち | トップページ | 山種美術館「花*Flower*華―琳派から現代へ―」 »