« 北参道オルタナティブ・ファイナル | トップページ | 新宿高島屋美術画廊10周年記念 ~そして広がる~/十花のしつらえ/新宿高島屋ARTWALK »

山種美術館「花*Flower*華―琳派から現代へ―」

山種美術館「花*Flower*華―琳派から現代へ―」の内覧にお伺いしてきました。花の絵が並ぶ展覧会、花の次にも花、それが展示室内に延々と続いているこの様相は実際に見ると文字通り華やかで見ていてとても気分が良くなる展覧会でした。
 
 
 
花*Flower*華―琳派から現代へ―
山種美術館
4/22-6/18
 
日本美術で扱われるモチーフの中でも多く描かれているものの一つ「花」。梅、桜、牡丹、薔薇、百合、紫陽花、朝顔、菊、桔梗、水仙、椿などの花をテーマにした絵ばかりを集めた、この麗らかな季節ならではの展覧会でした。花鳥風月を得意とする琳派の絵画からは酒井抱一と鈴木其一が取り上げられています。そして近代から現代にかけて日本画では横山大観、小林古径、奥村土牛、加山又造などこれぞ山種美術館と言う作品が揃っています。また、洋画についても梅原龍三郎、中川一政などの作品がありました。
 
※掲載写真は特別に撮影の許可を頂いております。
※今回の展覧会は1点の個人蔵作品(渡辺省亭《牡丹に蝶図》)を除き全て山種美術館所蔵作品となります。
 
 
 
Img_3926
酒井抱一《秋草図》
まずは私の大好きな抱一。もし、展覧会の絵の中から好きなもの一点持って帰っていいよと言われたらきっとこれです。当時は秋の草として扱われていた朝顔がまた琳派らしい感じですし、月のぼんやりとした抜け感がたまらない一品です。
 
Img_3963
酒井抱一《月梅図》
そして、この酒井抱一《月梅図》は、今回の「花*Flower*華」展においてこの1点に限り入場者全員に対して写真撮影OKだとのこと。最近撮影が一部できる展覧会は増えてきていますが、抱一作品が選ばれているのが嬉しいです。
 
Img_3906
鈴木其一《四季花鳥図》
この《四季花鳥図》は、煌びやかな琳派を江戸に復活させた鈴木其一らしい作品。こう言う風に一つの屏風の中に春夏秋冬の季節が全部入っている、つまり四季の移り変わりと言う時間の流れまで詰め込まれている、そう言う屏風は結構ありますよね。実はこれ凄い発想なのではないかと思います。
 
今、ちょうど同じこの時期に根津美術館で鈴木其一《夏秋渓流図》を見ることが出来ますね。同じような琳派らしい煌びやかさながらも、間をしっかりとった《四季花鳥図》と比較的空間を埋めて描かれている《夏秋渓流図》の違いなどをじっくり見るのに今回の機会はちょうど良いのではないかと思います。
 
 
今回の展覧会では基本的には春夏秋冬と季節毎にわかれた展示になっています。また、先の其一作品の様に季節全部入り的な絵もあり、そこは花のユートピアと言うカテゴリーに入っています。
 
 
Img_3989
奥村土牛《醍醐》
春の花と言うとやはり桜が有名ですよね。そして桜と言えば山種美術館のもつ代表的な作品の一つであるこの《醍醐》。小林古径の7回忌法要の後に醍醐寺で見た枝垂れ桜と土塀が印象的で描かれた絵だとのことです。桜はもちろんですが土塀の色合いもかなり良い色合い。薄く溶いた絵具を何層にも塗り重ねて表現したこの風合いは近くでじっくり見て欲しいところですね。他にも横山大観《山桜》 や千住博《夜桜》 などの桜の絵が並んでいました。 
 
Img_3883
奥村土牛《木蓮》
春は桜だけではありません。この木蓮は好きでした。木蓮と言えば、鈴木其一や速水御舟の描いたものを今までに見ましたが、この土牛の木蓮も良いですね。個人的に好きな絵の一つです。
 
Img_3886
また、今回の展覧会では「絵」の解説だけでなく、そこに描かれている「花」の説明もあるんです。なんと、解説を読んでいくと花にも詳しくなってしまうという展覧会なんです。
 
 
Img_3878
小林古径《菖蒲》
今回の展覧会で一番多いのが夏の花。この《菖蒲》は入ってすぐ一番の位置にあります。自分の所蔵品である古伊万里の壷に生けた古径が好きな花菖蒲(でもタイトルは菖蒲なのですが)。この絵の出展後に亡くなったので、古径にとって最後の院展出展作品だったとのこと。
あと、山種美術館と言えば展覧会ごとに展示作品をモチーフとした和菓子をつくり、館内のカフェで食べることが出来るのも有名ですよね。いつも凝った和菓子を作っています。今回から作品のキャプションに、この作品が和菓子のモチーフになったよ!の印がついていました。上の《菖蒲》のキャプション右上マークがそれです。そして写真右がその《菖蒲》がモチーフになったお菓子「薫風」。好きな作品を先に決めておいてからお菓子を選ぶと言うのも面白いかもしれませんね。
 
 
Img_3936
速水御舟《桔梗》
秋の花では先の酒井抱一が私は好きなのですが、この《桔梗》も良かったです。琳派風にたらしこみの技法も使っているこの絵、主役である花が墨で描かれていて、葉や茎に色が付いています。普通に考えると逆転の現象ですよね。でもずっと見ているとモノクロであるはずの花が紫がかって見えてくるから不思議です。
 
 
Img_3968
作者不詳《竹垣紅白梅椿図》【重要美術品】
冬のコーナーは先の酒井抱一《月梅図》などもありますが、とにかく目を惹くのがこの《竹垣紅白梅椿図》です。竹垣の間に無数の小鳥達が鳴く、舞う、休む、食べると様々な生態が描かれています。これはさぞ名のある方の作品だろうと想像するのですが、残念ながら作者は不詳。見ている皆で「皇室などに納めるから落款が省かれたのでは?」とか「六曲一隻のうちの二隻だから別の箇所に落款があったのでは?」など想像しあっていました。
 
Img_3916
田能村直入《百花》
今回の展覧会で四季の草花を一枚の絵に描いた作品カテゴリーは花のユートピア。先の鈴木其一《四季花鳥図》がまさにそれになります。この《百花》と言う作品も四季折々の様々な花たちがボタニカルアートと言ってもおかしくないこの細密な表現で描かれていました。
 
Img_3896
小茂田青樹《四季草花画巻》
こちらも様々な草花たちの競演です、が、よく見ると小さなかわいいコマネズミが描かれていました。5月23日以降は巻き替えで見えなくなってしまうかもしれないので、その前に行く人は是非に見つけてください。他にこの花のユートピアカテゴリーに入る作品では何といっても加山又造《華扇屏風》が目を惹きました。見ごたえある絵です。屏風全体の中に扇模様を配し、その扇に花の絵を散らしております。地の模様がとにかく迫力があります。
 
 
そして……最後の小部屋、ここが牡丹の作品を集めたコーナーとなっていました。「百花の王」とも呼ばれる牡丹。その牡丹の魅力に惹き付けられた画家は多くいるようで、菱田春草、安田靫彦、福田平八郎などが描いた牡丹をまとめて見ることが出来るという贅沢はこの展覧会のハイライトでは無いでしょうか?
 
Img_3976
鈴木其一《牡丹図》
鈴木其一の作品の中でも変わった作風の一つになるのでは無いでしょうか?中国の絵画の模写だとのこと。琳派風の絵ではなく中国風の絵になっています。隣にある渡辺省亭が描く牡丹とも違う描き方で、こちらは濃い化粧でカラッとした様な女性をイメージさせる様な感じです。
 
Img_3981
渡辺省亭《牡丹に蝶図》(個人蔵)
最近話題になっている渡辺省亭が描く牡丹も見事でした。上記の其一の描いた牡丹と並ぶことによってさらに違いが引き立ちます。しっとりと艶っぽい日本の女性をイメージさせる様なそんな牡丹です。後は、すぐ近くにあった望月春江《黄牡丹》も目を惹きましたねぇ。
 
そう言えば牡丹って花が終わる時って「崩れる」って言うのですよね。桜など普通に花びらがひらひらと舞う様は「散る」。梅は「こぼれる」。椿は「落ちる」。菊は「舞う」。終わり方で表現が変わる日本語の表現の美しさですよね。しかし、これだけ花があつまるとなんか見ていて幸せになってきますね……。
 
 
Img_3876
さきほど根津美術館の鈴木其一《夏秋渓流図》の話をしましたが、根津美術館の展覧会でもう一点出ている大きな花の作品が尾形光琳《燕子花図》です。伊勢物語の八ツ橋のシーンから燕子花だけを抜き出して描いたこの作品も目に焼き付けておかねばならない花の作品ですよね。そして次の山種美術館の展覧会が「川端龍子 ―超ド級の日本画―」(6月24日~8月20日)。ここでは龍子の描く《八ツ橋》が出るようです。この二つを見比べてみるのも良いですよね(なんか、とても琳派マニア的発想ですが、笑)。

|

« 北参道オルタナティブ・ファイナル | トップページ | 新宿高島屋美術画廊10周年記念 ~そして広がる~/十花のしつらえ/新宿高島屋ARTWALK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/65195702

この記事へのトラックバック一覧です: 山種美術館「花*Flower*華―琳派から現代へ―」:

« 北参道オルタナティブ・ファイナル | トップページ | 新宿高島屋美術画廊10周年記念 ~そして広がる~/十花のしつらえ/新宿高島屋ARTWALK »