« Dimension あおひー・上林泰平・月乃カエル・丹羽由梨香・野澤淳一/宮原 野乃実 どっかで誰かが見た景色 | トップページ | パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右 »

茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術/マルセル・ブロイヤーの家具

東京国立近代美術館の「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」「マルセル・ブロイヤーの家具」を観てきました。
 
 
 

茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術
東京国立近代美術館
3/14-5/21
 
Img_2998
 
樂焼の展覧会です。器好きであれば泣いて喜ぶ展覧会かもしれませんね。樂家とそこに関わる人の器が、初代 長次郎から始まり歴史の順に現在の十五代 樂吉左衞門、そして次代となる 惣吉・篤人の作品までが並んでいます。
 
はじまりはもちろん初代 長次郎。黒樂、赤樂などが並びます。千利休の侘びの世界を再現するために造られた器たち。黒樂茶碗 銘 大黒から始まり、赤樂茶碗 銘 無一物、黒樂茶碗 銘 ムキ栗など重文指定のものなどがずらりと並びます。とにかく観ていても圧倒される凄い存在感です。
 
そう、長次郎の器の存在感は凄い、凄いのですが、個人的にはそれ以外で目に付くのはやはり三代 道入です。ノンコウと呼ばれる樂焼釉薬の名人です。とにかくモダン。私は道入の器が好きですね。
 
五代 宗入は婿養子ですが、尾形光琳、乾山の従兄弟にあたり、さらに本阿弥家とも血縁関係にあるという人です。会場に宗入の器、乾山の器、本阿弥光悦+俵屋宗達の書が並んでいる様は痺れます。光悦のコーナーもありました。洗練された光悦の器も良いですね。他には九代 了入の器のカッコ良さがやたらと気になります。
 
Img_2999
 
一通り観た後で、ふらふらっと意識せずにもう一周歩いてみました。そこでふと目にとまった器は、道入「青山」と光悦「乙御前」の二つでした。この二つは存在感、美しさ共にとても好みです。「青山」を見ていたら、横で同じ「青山」を観ていた外人さんが「アメイジング」とイキナリ私に向かって言って来たので「イ、イエス」と返すのが精一杯でした。ええ、もっと粋な言葉を返せるようにならないと駄目ですね。英語勉強せねば。
 
Img_3001
 
出口に長次郎の黒樂茶碗「万代屋黒」がむき出しでありました。なんとこれ、3Dスキャンしたデータを元にアルミで造りだした手にとって触れる器なのです。
 
 
 
マルセル・ブロイヤーの家具
東京国立近代美術館
3/3-5/7
 
Img_3008
 
インテリア好きならこちらも必見のマルセル・ブロイヤー展。バウハウスの一員として有名なマルセル・ブロイヤーが生み出した家具をいろいろと見ることが出来ます。
シンプルであり、量産も考えながらデザインされた家具たち。好き勝手なデザインでなく、機能的であり、ちゃんと造るためのことも考えられた家具。これがデザイナーとしての基本のスタイルなんだなぁ、と改めて思いました。
 
 
 
もちろん、こちらの館はコレクション展も相変わらず見ごたえあります。そう言えば金曜日だけでなく土曜日も20時までコレクション展を観ることが出来るようになりましたね。
 
Img_3014
 
仕事終わりの夜、ここの美術館のコレクションを眺めながら、自分を見つめなおすなんてのも良いですね(無理やりな締め方)。

|

« Dimension あおひー・上林泰平・月乃カエル・丹羽由梨香・野澤淳一/宮原 野乃実 どっかで誰かが見た景色 | トップページ | パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/65073224

この記事へのトラックバック一覧です: 茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術/マルセル・ブロイヤーの家具:

« Dimension あおひー・上林泰平・月乃カエル・丹羽由梨香・野澤淳一/宮原 野乃実 どっかで誰かが見た景色 | トップページ | パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右 »