« DAVID BOWIE is IN FASHION/MEMENTO MORI ロバート・メイプルソープ写真展/It's a Sony展 Part-2/Portrait/青木美也子「RESONANCE」 | トップページ | 茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術/マルセル・ブロイヤーの家具 »

Dimension あおひー・上林泰平・月乃カエル・丹羽由梨香・野澤淳一/宮原 野乃実 どっかで誰かが見た景色

GALLERY ART POINTでやっているグループ展「Dimension」(あおひー・上林泰平・月乃カエル・丹羽由梨香・野澤淳一)、ART POINT.bisの方でやっている「宮原 野乃実 どっかで誰かが見た景色」を見てきました。
 
 
 
Dimension あおひー/上林泰平/月乃カエル/丹羽由梨香/野澤淳一
GALLERY ART POINT
3/27-4/1
 
Img_3100
 
アートポイントでやっているグループ展。以前より見ているあおひーさんの新作が出ているのもあり見てきました。まずはそのあおひーさんの作品(これから展示を見る方、ネタバレ的な感じもちょっとあります)。
 
Img_3090
 
二つの作品群が気になりました。その一つが「cast off」。二つの画像、組み合わせると一つになるのでしょうか。今までにもあった水面の写真のようなのですね。私には等高線の様にも見えました。さて、色はこれは加工しているのか?それともそのままなのか?それぞれの画像の半音差は何か?ちょっとこれはご本人が画廊に居るときにいろいろと話を聞いてみたかったです。
 
Img_3082
 
もう一つは「back and forth」。ふーむ、なるほどー、と言うもの。今までの作品もそうですけど、視点が面白いですよね。そう言うものをそういう目線で見て、こういう群像に仕上げていくというのが、なるほどーと言う感じ。確かに良く見ると反転した文字がレリーフ状にありますね。と、なんか語彙が乏しい人のような感想になっていますが、そう書かざるを得ないのですよ、笑。
 
Img_3088
 
他にも平面に雫を垂らしたようなシリーズの「score」、某電車の軌跡(多分)を表現した「trace」などがありました。もし、ご本人が居るときに見に行かれた方は色々話を聞いて教えて下さい!
 
 
他にも4名の作家さんの作品があります。
 
Img_3105_2
 
私が気になったのは上林泰平さんの立体に描かれた絵。今の処は立体の形に絵を描く、という意味では私は技法的な興味が先に来ましたが、これ形を生かして描かれているものとリンクしていけば面白い作品になるのかなぁ、とこれからどうなっていくか見てみたいです。
 
Img_3101
 
後は丹羽由梨香さんの作品も気になりました。過去の作品を見てみたら特殊メイクなどもやっているようですね。この作品と繋がっていきます。
 
Img_3098
 
月乃カエルさんの半立体的なレイヤーで描かれた世界、POPに見えますが、一括りにPOPと言い切れない感じ。
 
Img_3095
 
野澤淳一さんの不思議な世界観はカラフルでしたが、個人的にはモノクロの絵の方が興味ありました。
 
 
 
宮原 野乃実 どっかで誰かが見た景色
ART POINT.bis
3/27-4/1
 
Img_3108
 
アートポイントギャラリーの事務所側のコーナーは別の展覧会扱い。懐かしいような、どこにでもありそうな住宅やガソリンスタンドなどの町の景色を作り上げるものたち。それが陶器の壷みたいなものから生えて来ているようだったり、石にへばりついたりしている。
 
Img_3109
 
家にもあったような製品なども、あくまでも「普通」の暮らしの象徴で、誰もが見ている景色のようでした。普通の世界のジオラマなのに、不安定なものの上にそれは成り立っているのでしょうか?

|

« DAVID BOWIE is IN FASHION/MEMENTO MORI ロバート・メイプルソープ写真展/It's a Sony展 Part-2/Portrait/青木美也子「RESONANCE」 | トップページ | 茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術/マルセル・ブロイヤーの家具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/65077535

この記事へのトラックバック一覧です: Dimension あおひー・上林泰平・月乃カエル・丹羽由梨香・野澤淳一/宮原 野乃実 どっかで誰かが見た景色:

« DAVID BOWIE is IN FASHION/MEMENTO MORI ロバート・メイプルソープ写真展/It's a Sony展 Part-2/Portrait/青木美也子「RESONANCE」 | トップページ | 茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術/マルセル・ブロイヤーの家具 »