« 気になるメモ(アート編)0120(1021改) -2017年期待の展覧会- | トップページ | GROOVISIONS 5×27 »

宇宙と芸術展/増田光展「ふじみの友達」/クラーナハ展

森美の宇宙と芸術展、A/D GALLERYの増田光展「ふじみの友達」、西美のクラーナハ展と去年からやっているのになかなか見にいけなくて今年に入ってようやく行った展覧会など。

宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ
森美術館
2016/7/30-1/9
 
Img_0843 Img_0855
 
正月はこれだね(?)、と言うことで年明けに行ってきました。なかなか面白かったです。曼荼羅から入り、スペイシー(?)な現代アートなども並びます。
 
Img_0854 Img_0868
 
宇宙?と言うような観念的なものや、一目見て宇宙と表現できるものなど。
 
Img_0851
 
一番好きだった作品は大きなコンパスがぐるぐる回っているもの。
 
Img_0860
 
あとは、やはりチームラボの作品ですね。前にも同じタイトルの作品を見たけど、これはそれとは別物と言うくらいにバージョンアップしていて浮遊感が只ならなかったです。少し酔いますね。でも、映像の表現で人の感覚ってあんなに影響されるとは。今後、VRとかが流行ったら怖いですね。
 
Img_0857
 
飛んでいる烏は足が三本あったので八咫烏なんですね。
 
 
 
増田光展「ふじみの友達」
ROPPONGI HILLS A/D GALLERY
2016/12/16-1/9
 
くまの人形の少し変な陶器作品。一度見るとなかなか忘れない世界観ですね。
 
 
 
クラーナハ展
国立西洋美術館
2016/10/15-1/15
 
Img_1165
 
いや、なんだかんだで急ぎ足で見ることになったのですが、もっと時間が欲しかった。クラーナハ作品の艶かしさが、まぁ確かにこれは日本でこれだけ集まって公開されることはそうそう無いよねと思わせてしまうような隠微な感じが、ね、なんというか、いけないものを見てる気持ちになるじゃない(え?ならない?)。
 
Img_1166 Img_1167
 
途中途中にある現代アート作品はまぁ、無くても良いかもしれないけど、まぁ、そこそこのアクセントには確かになっていて。ゆっくり見たら結構面白い展覧会だったろうに、こんな駆け足で見ることになって!と自分の計画性の無さに少し後悔してしまうような結果でした。
 
 

|

« 気になるメモ(アート編)0120(1021改) -2017年期待の展覧会- | トップページ | GROOVISIONS 5×27 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/64804228

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙と芸術展/増田光展「ふじみの友達」/クラーナハ展:

« 気になるメモ(アート編)0120(1021改) -2017年期待の展覧会- | トップページ | GROOVISIONS 5×27 »