« 国立新美術館 開館10周年記念ウィーク/堀部安嗣展 建築の居場所 | トップページ | 吉岡徳仁 スペクトル/曖昧な関係/中村至男展/仲條正義 IN&OUT, あるいは飲&嘔吐 »

拝啓 ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え

既に終わってしまった展覧会ですが、三菱一号館美術館の「拝啓 ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え」を見てきました。

 
 
 
拝啓 ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え
三菱一号館美術館
2016/10/19-1/9
 
Img_1161
 
想像よりも素敵な絵に囲まれる空間でした。正直、梅原龍三郎の絵が中心の地味な展覧会かと思っていたのですが、印象派の作品も結構あって、華やかな感じです。
 
Img_1162
 
梅原さんの絵ももちろんあります。梅原さんがルノワールの絵を模写して……これかい!と突っ込みいれたくなるようなものとか。
 
Img_1159
 
ルノワールの個人蔵の絵「マッソーニ夫人」がとても良かったし、モネの良い絵があったり、迫力のあるルオーがあったり。あとは、大津絵がまさかここで見ること出来るとは!はい、思っても見なかったです。
 
あとは、ボナールの版画を見て「ボナール良いなぁ、もっとしっかりと見たいなぁ」と思ったのは、あ、これは、もしかしたら次のナビ派の展覧会への布石だったとか!?
 
オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき
2/4-5/21

|

« 国立新美術館 開館10周年記念ウィーク/堀部安嗣展 建築の居場所 | トップページ | 吉岡徳仁 スペクトル/曖昧な関係/中村至男展/仲條正義 IN&OUT, あるいは飲&嘔吐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/64750432

この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓 ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え:

« 国立新美術館 開館10周年記念ウィーク/堀部安嗣展 建築の居場所 | トップページ | 吉岡徳仁 スペクトル/曖昧な関係/中村至男展/仲條正義 IN&OUT, あるいは飲&嘔吐 »