« 拝啓 ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え | トップページ | It`s a Sony展 Part-1/サウンドプラネタリウム Voyage/藤代冥砂写真展「Wallall」/「江碧鳥逾白」長谷川まみ・内田鋼一・ミヤケマイ »

吉岡徳仁 スペクトル/曖昧な関係/中村至男展/仲條正義 IN&OUT, あるいは飲&嘔吐

銀座周辺のあちこちめぐり。
 
吉岡徳仁 スペクトル
資生堂ギャラリー
 
曖昧な関係
銀座メゾンエルメス フォーラム
 
中村至男展
クリエイションギャラリー G8
 
仲條正義 IN&OUT, あるいは飲&嘔吐
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
 
 
 

吉岡徳仁 スペクトル
資生堂ギャラリー
1/13-3/26
 
Img_1333
 
徳仁さんらしいそういう展示ですね。一発物でばーんと展開。
 
Img_1331
 
お得意のクリスタルに光、白い空間が輝いていて美しい。
 
Img_1324
 
キラキラすればもうそれで良いんじゃない?と、でも本当にそうなのかもしれません。
 
Img_1327
 
イスもクリスタル製。
 
 
 
 
曖昧な関係
銀座メゾンエルメス フォーラム
12/2-2/26
 
ベルンハルト・ショービンガー、アンヌ・ロール・サクリスト、ナイル・ケティングと言う3人の作家の展示。この3人の作品同士の関係が曖昧なのか、作品間の物達の関係性が曖昧なのか、作品と見ている我々の関係が曖昧なのか。
 
Img_1262
 
ナイル・ケティングのインスタレーションは無機質な音声に過激なパンクロックの歌詞を読ませる中、アンビエントな音楽と共に身体的な世界観を展開しています。
 
Img_1268
 
ナイル・ケティングのパンクミュージックのイメージを展開した、鋲やピンをつけた壁面はとても好きでした。
 
Img_1272
 
ベルンハルト・ショービンガーは要らなくなったものなどをジュエリーに展開する作家さん。物によっては便器の破片などを使ったものなどもあるとか。
 
Img_1273
 
アンヌ・ロール・サクリストは『サン・ロマーノの戦い』と言う絵画と京都の重森三玲の庭園を重ね合わせたインスタレーション。
 
 
 
 
中村至男展
クリエイションギャラリー G8
1/13-2/16
 
Img_1275
 
私が行ったときはまだ違っていたが今は銀座メゾンエルメスのウィンドウディスプレイが中村さんのデザインになっているようですね。これは合わせてみたい。
 
Img_1280
 
シンプルなグラフィック。単位展のポスターがこの方のイラストなんですね。
 
Img_1276
 
他にも明和電機もそうなんですね。
 
 
 
 
仲條正義 IN&OUT, あるいは飲&嘔吐
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
1/13-3/18
 
Img_1312
 
大御所にしていまだ大活躍中の中條さん。
 
Img_1310
 
中條さんのテイスト、結構好きです。
 
Img_1309
 
花椿をこれだけまとめて見ると圧巻ですね。
 
 

|

« 拝啓 ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え | トップページ | It`s a Sony展 Part-1/サウンドプラネタリウム Voyage/藤代冥砂写真展「Wallall」/「江碧鳥逾白」長谷川まみ・内田鋼一・ミヤケマイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/64787321

この記事へのトラックバック一覧です: 吉岡徳仁 スペクトル/曖昧な関係/中村至男展/仲條正義 IN&OUT, あるいは飲&嘔吐:

« 拝啓 ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え | トップページ | It`s a Sony展 Part-1/サウンドプラネタリウム Voyage/藤代冥砂写真展「Wallall」/「江碧鳥逾白」長谷川まみ・内田鋼一・ミヤケマイ »