« あたらしい動きの展覧会「SENSE of MOTION」 | トップページ | 時代を映す仮名のかたち― 国宝手鑑『見努世友』と古筆の名品 »

村田朋泰の世界-「森のレシオ」から「木ノ花ノ咲クヤ森」まで-

日本橋 高島屋 6FギャラリーXで村田朋泰の世界-「森のレシオ」から「木ノ花ノ咲クヤ森」まで-を見ました。クラウドファウンディングに参加して、心待ちにしていた、本当に楽しみにしていた展覧会です。
 
 
 

村田朋泰の世界-「森のレシオ」から「木ノ花ノ咲クヤ森」まで-
日本橋 高島屋 6FギャラリーX
11/9-11/28
 
事前にこの展覧会開催までのクラウドファウンディングがあり、それに参加していたので、もう、この展覧会が開催されるのはまさに首を長くして待っていました。 
 
会場で流している映像が時期により3プログラムあったので本来なら制覇のため全期間行きたかったのですが、諸々大変な時期に重なってしまいどうしてもはじめの一期目しか行けませんでした。まぁ、森のレシオはクラウドファウンディングで手に入るDVDで見ること出来るし、路シリーズもDVD持っているし、しょうがない。ハッ、そういえば今、引っ越したばかりでテレビが無いのだった(前のは捨てた)!しばらくは同じ特典になっている紙芝居でも見ておくか。
 
Img_9853
 
とにかく村田さんの世界をちりばめた、かわいい展覧会でした。ここのところ暫くはギャラリーMOMO両国での展示は見ていましたが、平塚市美術館での「夢がしゃがんでる」展くらいの美術館での大規模展覧会を見たいですねぇ。あれは2008年ですか。その前の目黒区美術館での「俺の路・東京モンタージュ」にいたっては2006年、およそ十年前なんですね。
 
当時のブログ
村田朋泰展「夢がしゃがんでる」
 
村田朋泰展「俺の路・東京モンタージュ」
 
はやく森のレシオ見るためにテレビ買わないと!

|

« あたらしい動きの展覧会「SENSE of MOTION」 | トップページ | 時代を映す仮名のかたち― 国宝手鑑『見努世友』と古筆の名品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/64568615

この記事へのトラックバック一覧です: 村田朋泰の世界-「森のレシオ」から「木ノ花ノ咲クヤ森」まで-:

« あたらしい動きの展覧会「SENSE of MOTION」 | トップページ | 時代を映す仮名のかたち― 国宝手鑑『見努世友』と古筆の名品 »