« 日本橋三越アート&クリエーション2016/アグリカルチャー物産展/涌井智仁 展「nonno」/トマトが赤くなると医者が青くなる青果店 | トップページ | クエイ兄弟――ファントム・ミュージアム »

ブレイク前夜展/僕は空からの眺めが好き/teamLab: Transcending Boundaries/踊れ彫刻 -覆面男と服好き女-/ナムジュン・パイク展

引き続き、夏頃に見たものを簡単にメモ。
 
ブレイク前夜 展
スパイラルガーデン
 
Perspectives by SkyPixel in Tokyo 僕は空からの眺めが好き
表参道ヒルズ スペース オー
 
teamLab: Transcending Boundaries
EYE OF GYRE
 
踊れ彫刻 -覆面男と服好き女- 飯沼英樹 尾花賢一
hpgrp GALLERY TOKYO
 
ナムジュン・パイク展 2020年 笑っているのは誰 ?+?=??
ワタリウム美術館
 
 
 

ブレイク前夜 展
スパイラルガーデン
8/18-8/28
 
テレビ番組『ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~』で紹介された作家達の展示。
 
【出展作家】
冨岡奈津江、古家野雄紀、小川剛、北村佳奈、安岡亜蘭、バレリーサイポーズ、山田命佳、佐藤令奈、宝居智子、椎野健太郎、ヒグラシユウイチ、川田龍、富田菜摘、小左誠一郎、アランウェスト、永島信也、冨田伊織、二階武宏、亀井潤、江本創、成田朱希、南正彦、木原千春、飯島桃代、加茂昂
 
Img_7771 Img_7776
江本創さんのこうもりモドキな標本や冨田伊織さんの透明標本。
 
Img_7779 Img_7781
富田菜摘さんの作品は好きだなぁ。
 
 
 
Perspectives by SkyPixel in Tokyo 僕は空からの眺めが好き
表参道ヒルズ スペース オー
8/10-8/21
 
Img_7784
ドローンメーカー、DJI JAPANの展示。空から見える景色。空から出なければ見えない景色。ドローンだからこそ撮影できた映像を見せる展示。
 
 
 
teamLab: Transcending Boundaries
EYE OF GYRE
8/9-9/25
 
Img_7788 Img_7790
もう、今年の夏はあちらこちらでチームラボでしたね。こちらは会場内の人間に投影する映像の作品。白い服を着ていくのがよかたtですが、まぁ、どちらにしろ一人で行った私はむりくり自撮りするしかなく、何か良く判らない写真に。ええ、余計なお世話です。あの暗い中で人間がいるのを判断して投影してるって言うのは赤外線で認識しているのかな?もう一つの蝶の映像はフレームの外に投影しているだけに見えたけど、どういう技術なんだろう?
 
 
 
踊れ彫刻 -覆面男と服好き女- 飯沼英樹 尾花賢一
hpgrp GALLERY TOKYO
8/5-8/27
 
飯沼英樹さんの作品はLUMINE新宿のLUMINE meets ARTで見たな、と思ったら尾花賢一さんの作品もLUMINE meets ART見ていました。お二人とも目を惹く作品を作る方ですよね。
 
 
 
ナムジュン・パイク展 2020年 笑っているのは誰 ?+?=??
ワタリウム美術館
前半 7/17−10/10
後半 10/15−2017/1/29
 
私は前半の展示を見てきました。ワタリウムでナムジュン・パイクと言うと昔やっていた「さよならナム・ジュン・パイク展」がありました。この時からなんとなくナムさんの作品にはのめり込めない感があったのですが(感想を観るとそれでも楽しめた様な気もする)、この追悼展を見ている私にとっては今回の展覧会は同じ作品もあり、さらにのめり込めないものになっていました。すいません……。さよなら・・・は2006年か。
 
今日の献立ev. さよならナム・ジュン・パイク展
 
 

|

« 日本橋三越アート&クリエーション2016/アグリカルチャー物産展/涌井智仁 展「nonno」/トマトが赤くなると医者が青くなる青果店 | トップページ | クエイ兄弟――ファントム・ミュージアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/64112878

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイク前夜展/僕は空からの眺めが好き/teamLab: Transcending Boundaries/踊れ彫刻 -覆面男と服好き女-/ナムジュン・パイク展:

« 日本橋三越アート&クリエーション2016/アグリカルチャー物産展/涌井智仁 展「nonno」/トマトが赤くなると医者が青くなる青果店 | トップページ | クエイ兄弟――ファントム・ミュージアム »