« 速水御舟の全貌 ―日本画の破壊と創造― | トップページ | 荒木愛個展 I SPY Ⅱ »

六本木アートナイト2016

六本木アートナイト2016、もう夜通し楽しむぞー、という年齢でも無いので(体力無い)、ちょこっと覗いてイベント感を楽しんできました。
 
 
 
六本木アートナイト2016
六本木周辺
10/21-10/23
 
六本木アートナイト、今年は今までの春開催から秋開催へ変更となり、金曜夜から日曜の朝までと言う具合に期間も長くなりました。メインプログラムアーティストは名和晃平。
 
Img_9576
 
メイン会場は名和晃平を中心にして、プラントハンター西畠清順とデイジーバルーンのコラボ展開になっています。
 
 
Img_9556 Img_9567
 
あまりあちこち行かず六本木ヒルズくらいしか見ていないのですが、うわー、なにかがぐるんぐるん回ってる!と思ったら久保ガエタン作品でした。回っている部屋中のカメラからの画像をみるとまるでポルターガイスト現象です。あと、上からぶら下がっていたのはりネル・エスティーブ作品。
 
 
Img_9562 Img_9572
 
後藤映則作品があちこちにあって、これがやたらと面白い。ワイヤーフレームの塊が回転していて、そこに光のスリットを当て込むとその塊の断面が浮かび上がり、踊っている人などのアニメーションになるというもの。これは良いですね~。
 
 
Img_9574
 
チェ・ジョンファは回廊に豚のバルーンを設置。これはみんな写真を撮ってました。サイズも大きく目を惹くのでイベント向きですね。
 
 
Img_9587
 
Img_9589
 
地下鉄からのエレベーターの上にもチェ・ジョンファ作品はありましたね。こっちの方が好きだな。
 
 
Img_9581
 
Img_9582
 
山元基作品、塩の迷路はやはり何度見ても良いですね。作っているところも見たかった。
 
 
Img_9547 Img_9551
 
六本木ヒルズからミッドタウンに行く途中にあった公園には岩田とも子作品と山田卓生作品がありました。こう言う風にブラブラ歩いていてふと作品を見つけるって良いですね。
 
 
Img_9543
 
Img_9544
 
ミッドタウンでは同時期にデザインタッチが開催されていてこのライゾマティクスの「カーテンウォールシアター」には子供達が大喜びで駆けずり回ってましたね(11/6まで設置されています)。他にも鈴木其一展(10/30まで開催)が22日は入場料500円だったとか。
 
 

|

« 速水御舟の全貌 ―日本画の破壊と創造― | トップページ | 荒木愛個展 I SPY Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/64393543

この記事へのトラックバック一覧です: 六本木アートナイト2016:

« 速水御舟の全貌 ―日本画の破壊と創造― | トップページ | 荒木愛個展 I SPY Ⅱ »