« しりあがり寿の現代美術 回・転・展 | トップページ | 江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―/はじめての古美術鑑賞 絵画の技法と表現 »

富田 菜摘展/Mika Ninagawa:Light of/GALLERY VOLTAIRE/混沌から躍り出る星たち/淺野 健一/佐藤翠「NEW MY CUP OF TEA」

ギャラリーやショーウィンドウなどのアートをいくつか。
 
富田 菜摘展 -ONCE UPON A TIME-
新宿高島屋10階 美術画廊
 
Mika Ninagawa:Light of
THE PARK-ING GINZA
 
ダダ100周年フェスティバル+SPIRAL『GALLERY VOLTAIRE』
スパイラル
 
混沌から躍り出る星たち 2016 京都造形芸術大学 次代のデザインを考える
スパイラルガーデン
 
淺野 健一 Solo Exhibition
destination tokyo window gallery
 
NEWoman ART wall 佐藤翠「NEW MY CUP OF TEA」
 
 
 

富田 菜摘展 -ONCE UPON A TIME-
新宿高島屋10階 美術画廊
7/27-8/9
 
Img_7252
 
いろんなガラクタや不要物を使って立体の動物達を作る富田さん。今までもなんどか作品は見る機会ありましたが、恐竜を造るは今回初めてだそうです。今までになかったっけ?どこかで見た気もしました、と言うくらいにはまってました。動物のパーツ、ここにこの廃材を使うか!と唸ってしまう位にあてはめ方が上手いです。かなり大きな作品もありました。
 
 
 
Mika Ninagawa:Light of
THE PARK-ING GINZA
7/22-8/16
 
Img_7223
 
Img_7229_2
 
銀座のTHE PARK-INGに蜷川実花さんの作品が展示されていました。新作写真集「LIGHT OF」発売記念と言うことです。光……花火やライブフェスなどの光、そしてそこに居る人などの写真です。
 
しかし、この空間はイイ感じですね。
Img_7227_2
 
Img_7231
 
 
 
ダダ100周年フェスティバル+SPIRAL『GALLERY VOLTAIRE』
スパイラル
8/4-8/28
 
Img_7419_3
 
ダダイズム100周年(芸術思想のダダイズムです)を記念してウルトラマンに出てくる怪獣(怪人)ダダのキャラを最近あちこちで見かけます。ダダはダダイズムから名前をつけられた怪獣なんですね。江口寿史さんやgroovisionがそのウルトラ怪獣ダダをモチーフにして描いたポスターがあったり。ダダイズムと言えばでマン・レイやエルンストとかデュシャンとか。そこら辺の作家の15万円位の版画や3万円位のポスターなどもあり……。後は江口さんが描くとダダも色っぽくなるんですね。
 
 
 
混沌から躍り出る星たち 2016 京都造形芸術大学 次代のデザインを考える
スパイラルガーデン
8/4-8/14
 
Img_7421
 
京都造形芸術大学の間演出デザイン学科とプロダクトデザイン学科の卒業展から選抜された展示。空間の見せ方やプロダクトの見せ方など。デザイン学科と言うことで実質的な商売になる(?)考え方のものが多いですね。
 
 
 
destination tokyo window gallery
7/25-
 
Img_7316_2
 
新宿を歩いててオッ、と思わず見つめてしまったショーウィンドウ。淺野 健一さんという作家さんの作品でした。木彫作品ですがからくり人形的な世界を醸し出していました。
 
 
 
NEWoman ART wall 佐藤翠「NEW MY CUP OF TEA」
8/3-9/12
 
Img_7355
 
ショーウィンドウでアートと言えば、こちらも展示が変わっていました。3回目になりますかね。佐藤翠さんの作品はショーウィンドウに映える作品ですね。
 
Img_7354
 
ただ、絵が並列で並んでるだけなのが単調に見えてしまうので、何かもう少し奥行き間があるといいな。奥行きの薄いウィンドウでも何か工夫できるとは思うのだけど。結構通り過ぎてしまう人が多い場所ではあるけれど、街中のショーウィンドウってそんなもので、見せ方によっては振り向いてくれる人も居ると思うのですよね。そういう工夫をしているウィンドウってた沢山あります。場所の問題はあるかもしれないけど工夫をしないで振り向いてもらおうなんてのは甘いものですものね。作品を飾ることに頼るだけでなくどうすれば魅力的に見えるかをもう少し考えた方がいい気がする。
 
 

|

« しりあがり寿の現代美術 回・転・展 | トップページ | 江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―/はじめての古美術鑑賞 絵画の技法と表現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/64038587

この記事へのトラックバック一覧です: 富田 菜摘展/Mika Ninagawa:Light of/GALLERY VOLTAIRE/混沌から躍り出る星たち/淺野 健一/佐藤翠「NEW MY CUP OF TEA」:

« しりあがり寿の現代美術 回・転・展 | トップページ | 江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―/はじめての古美術鑑賞 絵画の技法と表現 »