« 生誕120年記念 小林かいち | トップページ | 大人のぬり絵:家庭画報×山種美術館「浮世絵」大人の塗り絵キャンペーンと若冲ぬり絵! »

木々との対話──再生をめぐる5つの風景

東京都美術館「木々との対話──再生をめぐる5つの風景」に行ってきました。好きな作家さん、好きな作品を見ることが出来て嬉しい!と言う展覧会でした。
 
 
 

木々との対話──再生をめぐる5つの風景
東京都美術館
7/26-10/2
 
出品作家:國安孝昌、須田悦弘、田窪恭治、土屋仁応、舟越桂
 
もう、好きな作家さん出てるし、木彫好きだし、もう行かねば、早く行かねば、と思いつつ出遅れていた展覧会。でも良かったなぁ。
 
 
 
 
まずは土屋仁応さんの部屋。いや、これだけまとめて土屋さんの作品を見ること出来るのは嬉しいですね。
 
Img_7643 Img_7629
 
土屋仁応さんの作品はフォトジェニックでとにかく神秘的な世界を創るのがうまい。手前の鹿の胴体の透かし彫りも美しいし、奥に見える龍や鳳凰などの想像上の生き物がまた土屋さんのタッチに合うのです。麒麟も居ました。
 
Img_7646 Img_7650
 
龍と鳳凰のアップ。龍、カッコイイよね。鳳凰も美しい。
 
Img_7613 Img_7615
 
想像上の生き物以外もあります。ネコ科もイイのよね……。これは二点とも前に三越の展示に出ていましたね。その時にこの木の模様生かしたネコの作品を初めて見ました、かわいい……。
 
 
 
 
田窪恭治さんの作品は今まで見たことあるかな?あまり記憶にはないんですよね……。
 
Img_7658 Img_7693
 
屋外の中庭みたいなところにある銀杏の木に絡めた作品があるようなのですが、私が行ったのが夜間開館時だったので、そこのエリアは時間に限りがあるようで残念ながら入れませんでした。見える範囲で写真撮ってみたけどわからない……。無料で行けるエリアのようですので上野に行く機会があったら寄りたいです。
 
 
 
 
 
舟越桂さんの展示部分は残念ながら写真撮影禁止でした。スフィンクスのシリーズなどがそのドローイングと一緒に展示されていたりしました。
 
 
 
 
 
國安孝昌さんのは相変わらず迫力あり!レンガと木が大きな空間の中に積みあがっているインスタレーション。
 
Img_7657 Img_7668
 
この形状からか祭礼の様なイメージを受けました。何か神格化されたような渦。中に入れないのがちょっと残念です。
 
 
 
 
そして須田悦弘さん。私が大好きな作家さんです。須田さんの作品、そして展示の見せ方が本当に好きなんですよね。木彫りの植物などを空間に配置してインスタレーションのように見せる、そんな作家さんです。
 
Img_7669 Img_7674
 
バラはわかりやすく囲われた空間に落下してくる一瞬を捉えたように展示されていました。
 
Img_7677 Img_7683
 
展示室の中にあった百合と雑草。キャプションあるから見つけやすいですね。係員の人が親切すぎて場所教えてくれようととするのを断るのが大変でした、笑。そう見つけにくいところに作品を潜ませるのですよね、須田さんは。でも今回は基本キャプションがあるし、作品リストにもちゃんと載っているから見落とさないです、安心。たまにリストに無い作品を潜ませることもあるから油断できません!
 
Img_7690
 
そして須田さんの作品は展示室の外にも。アートラウンジにある朝顔。そして写真撮影はだめでしたが、美術情報室にある露草の見せ方が素晴らしいです!久々に全力で探しました。あの見せ方は初めてでしたね。良かったです。
 

|

« 生誕120年記念 小林かいち | トップページ | 大人のぬり絵:家庭画報×山種美術館「浮世絵」大人の塗り絵キャンペーンと若冲ぬり絵! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/64072812

この記事へのトラックバック一覧です: 木々との対話──再生をめぐる5つの風景:

« 生誕120年記念 小林かいち | トップページ | 大人のぬり絵:家庭画報×山種美術館「浮世絵」大人の塗り絵キャンペーンと若冲ぬり絵! »