« 江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―/はじめての古美術鑑賞 絵画の技法と表現 | トップページ | 木々との対話──再生をめぐる5つの風景 »

生誕120年記念 小林かいち

武蔵野市立吉祥寺美術館「生誕120年記念 小林かいち」を見てきました。良かったです、この展覧会!
 
 
 
生誕120年記念 小林かいち
武蔵野市立吉祥寺美術館
8/13より9/25
 
凄く良かったです。木版刷、印刷、アールデコなどのキーワードが気になるデザイン好きにはオススメ!
 
Img_7734
 
大正から昭和初期の絵葉書や絵封筒に描かれたモダンデザイン。単純化された形、鮮やかな色、素晴らしい構図と言うホントに素晴らしいデザインばかりでした。これだけ素晴らしい作品があるのに結構この画家さん謎のデザイナーと言う扱いだったようです。海外の絵葉書などのコレクターが持っていた作品が展覧会などで発表されて発見されたとのこと。日本では絵葉書や絵封筒と言う比較的あたりまえにある商業製品だったからそれほど注目されて無かったのでしょうか?
 
時代を反映してかアールデコ風のデザインが多い。海外の町並みや教会なども描いています。それなのにそのデザインの中に和風の女性がいたり、花鳥画には日本風なモチーフなどもあります(画風からか琳派風にも見える)。
基本は乙女的なものが多く、ハートや十字架、トランプなどを使ったうっとり系のデザインで、ただ、これが凄く考えられた構図なのですよね。
 
今見ても、商業デザインとして秀悦なところもあるし、本当にデザイン好きは見に行くと良いインスピレーションが産まれてくるかもです!入場料が100円と言うのも良いですよね、この美術館。

|

« 江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―/はじめての古美術鑑賞 絵画の技法と表現 | トップページ | 木々との対話──再生をめぐる5つの風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/64072809

この記事へのトラックバック一覧です: 生誕120年記念 小林かいち:

« 江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―/はじめての古美術鑑賞 絵画の技法と表現 | トップページ | 木々との対話──再生をめぐる5つの風景 »