« 深堀隆介回顧展 金魚養画場 | トップページ | 東京ガーデンテラス紀尾井町 パブリックアート »

「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン展

「Volez, Voguez, Voyagez ? Louis Vuitton」空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン展に行ってきました。

 
 
 
「Volez, Voguez, Voyagez ? Louis Vuitton」空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン展
紀尾井町特設会場
4/23-6/19
 
Img_6110
 
紀尾井町に特設パビリオンを建て、無料で展開しているルイ・ヴィトンの展覧会です。事前予約をしておけば待たずに入れますが、しなくても大丈夫です。混んでいたら予約者優先なので待つことはあるかもしれません。これから徐々に混んで来るのではないかと思われるので、予約して行ったほうが良いかもしれませんね。
 
Img_6123 Img_6142
 
展覧会としてはルイ・ヴィトンの歴史や製品を辿るショールーム的なもので、正直特別な演出装置があるわけでもないし、オーソドックスなショールーム展示でした。
 
Img_6134 Img_6136
 
ただ、一つ一つの製品やそれを見せる作りこみやアートなど世界観の伝え方がとても上手い展示でした。博物館のような作りこみ展示演出なので、まぁ、美術館と言うよりもそういう博物館展示に慣れた様な造り方に見えます。
 
Img_6121 Img_6128
 
いきなり正面にクールベの絵が見えたのはビックリ。そう言う飾り付けのアートに負けない古いルイ・ヴィトンの製品たちも魅力的ですね。カラフルなシンディ・シャーマンによるデスクトランクは良かったなぁ。
 
Img_6137 Img_6220
 
トランクやカバンなどが中心になっているということもあり、空間演出は旅をテーマにしている部屋が多いです。移動手段は空、海などありますが、この自動車の旅の部屋はとても好きな空間。そして展示の奥にある自動車旅行の写真がなんとラルティーグ作品。
 
Img_6149
 
列車の旅の部屋も好き。
 
 
正直それほどブランド物に私は興味が無いので残念ながらこの展覧会を見ても購買意欲は起きないのですが、この書棚のトランクは欲しかったですね。ええ、欲しい。
 
Img_6162
 
私は作家活動などしていませんが、この作家セットトランクもちょっと欲しいじゃないですか……。
 
Img_6153 Img_6166
 
そしてマーク・ジェイコブスの時代。様々な作家、アートを取り込んでコラボ展開したマーク・ジェイコブスの時代の製品はアート好きにとっても見ていて楽しい。スティーブン・スプラウスやダミアン・ハースト。
 
 
村上隆やリチャード・プリンス。私はリチャード・プリンスの作品は好きなのにカバンになるとイマイチな気がするのは何故でしょう?そして村上さんの作品はそんなに好きでもないのに、製品展開をすると何故かしっくりくるという。
 
Img_6187 Img_6195
 
最後の方には日本をテーマにした部屋もあり、日本の紋などのモノグラムへ与えたかもしれない影響などの話もあり、草間彌生や川久保玲とのコラボバッグが白砂の庭の上に展示されいました。
 
Img_6230 Img_6201
 
歌舞伎役者の化粧箱なども作っていたのですね。端に見えるこの海老のマークは……。
 
Img_6202 Img_6182
 
お茶道具の箱も欲しい。日本コーナーとは別ですがDJボックスも欲しいじゃないですか。
 
 
ちなみに、この展示の案内はスマートフォンのアプリで出ていて、オーディオガイドとして使うこともできます。
 
LV TOKYO EXPO アプリページ
 
 
 
Img_6233
 
松屋銀座のルイ・ヴィトン前から無料シャトルバスも出ているので便利です。

|

« 深堀隆介回顧展 金魚養画場 | トップページ | 東京ガーデンテラス紀尾井町 パブリックアート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/63686421

この記事へのトラックバック一覧です: 「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン展:

« 深堀隆介回顧展 金魚養画場 | トップページ | 東京ガーデンテラス紀尾井町 パブリックアート »