« 園子温 展 ひそひそ星/「はじめて」の記憶から始まるこどもの世界 | トップページ | アートフェア東京 2016 »

頴川美術館の名品

松濤美術館で頴川美術館の名品の後期展示を見てきました。
 
 

頴川美術館の名品
松濤美術館
4/5-5/15
 
残念ながら前期展示は見逃してしまって、後期展示に行ってきました。
 
Img_5549 Img_5550
 
後期展示は尾形光琳 群鶴図が見所でしたね。後は円山応挙 鯉鮒図や和様の書で本阿弥光悦もありました。書だと前期展示にあった墨跡見たかったなぁ。
 
歌川国員の浪花百景は広重の名所江戸百景を意識した作品。サントリー美術館の広重展とセットで見たいですね。
 
あとはとにかく贅沢なのが楽茶碗や茶入れなどの工芸品。赤楽茶碗 無一物は長次郎作だし、肩衝茶入れ 勢高は信長が持っていて、本能寺の変に巻き込まれたが、奇跡的に発見され古田織部が所有したという大名物。
 
いやー、見に来て良かった!

|

« 園子温 展 ひそひそ星/「はじめて」の記憶から始まるこどもの世界 | トップページ | アートフェア東京 2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/63612894

この記事へのトラックバック一覧です: 頴川美術館の名品:

« 園子温 展 ひそひそ星/「はじめて」の記憶から始まるこどもの世界 | トップページ | アートフェア東京 2016 »