« 新見麻紗子展「音連れ」/初田徹 『双裳会』出展 | トップページ | 六本木/青山/平塚 »

「YÔKAÏNOSHIMA」 シャルル・フレジェ展/ケイト・マグワイア「INCURSION」

4月になってしまいましたね。それなのに2月や3月に見たものの感想を書いています。夏休みの宿題をぎりぎりになってやって、間に合わなくてこぼした感じのこのブログへようおそ。
 
さて、これはまだやっている展示です。銀座メゾンエルメス フォーラムでやっている「YÔKAÏNOSHIMA」 シャルル・フレジェ展。これは個人的に大好きな展示でした。必見ですよ!
 
また、銀座メゾンエルメスのショー・ウィンドウ、ケイト・マグワイア「INCURSION」も目を惹きました。こちらは終わってしまいましたが。
 
 

「YÔKAÏNOSHIMA」 シャルル・フレジェ展
銀座メゾンエルメス フォーラム
2/19-5/15
 
 
はい、個人的にすごく好きな作品でした。これは見に行った方が良いぞ!と言える展覧会。
 
この方は「WILDER MANN」という写真集でちょっと前に一部で話題になっていました。獣や精霊などの形をしたお祭りの伝統衣装などを撮影した写真集です。
 
商品の詳細
 
 
そして今回は日本のお祭りの伝統衣装を撮影。「妖怪の島」!これはもう期待ですよね?よね?
 
Img_3971
 
まぁ、細かく言うと妖怪とは言っても物の怪的なのも居れば神様的なのもいたり、ただの動物だったりしますが、まぁ、そういう民俗学的なところはとりあえず棚の上においておいて。造形美とその妖しさと写真から感じるパワーをみましょう、的な展示です。このプリミティヴな登場人物(?)たちの妖気や原始的なその力を逃さずに撮影した写真に本当に釘付けになってしまいました。見るからに怖い!こう言うやつ木陰の暗闇に居そう!そんなやつらがたくさん居ます。もちろん、派手なやつも居れば、子供の学芸会の作り物みたいなそんなのもいて、笑えるのも。グレーのどろっぽい変なやつが居たなぁ。あれは本気で怖かった。
 
また、今回、松島潤平建築設計事務所が展示設計をしています。立体的でありながらもわざとらしくない程度の演出にとどめた空間使いも良かったです。
 
7月にこの写真集が出るみたいなので絶対に買います。
 
 
 
 
ケイト・マグワイア「INCURSION」
銀座メゾンエルメスショー・ウィンドウ
1/20-3/15
 
Img_3964 Img_3966
 
もう次のディスプレイになってしましたが、この時のディスプレイは、気持ち悪く怖い感じで目を惹くものでした。なにかのアレにも見えなくも無いですが、このぬめっとした感じで部屋の隙間から這い出た何か。近くで見ると鳥の羽毛で作られたものでした。
 
Img_3965
 
近くで見ると美しいものです、それがぬめっとした奇妙な生き物に仕上げられています。こいうの好きでした。
 
Img_3968 Img_3969
 
脇の小型のショーケースの方も羽毛を使って妖しく、エロティックにも見えるようなものでした。

|

« 新見麻紗子展「音連れ」/初田徹 『双裳会』出展 | トップページ | 六本木/青山/平塚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/63415143

この記事へのトラックバック一覧です: 「YÔKAÏNOSHIMA」 シャルル・フレジェ展/ケイト・マグワイア「INCURSION」:

« 新見麻紗子展「音連れ」/初田徹 『双裳会』出展 | トップページ | 六本木/青山/平塚 »