« ライアン・マッギンレー BODY LOUD!、他 | トップページ | REVALUE NIPPON PROJECT »

棚田康司展/黒田清輝/光琳とその後継者たち/北大路魯山人の美

最近見たもの幾つか。
 
棚田康司展「バンドゥン スケッチ」
ミズマアートギャラリー
 
黒田清輝─日本近代絵画の巨匠
東京国立博物館
 
光琳とその後継者たち
畠山記念館
 
北大路魯山人の美 和食の天才
三井記念美術館
 
 
 

棚田康司展「バンドゥン スケッチ」
ミズマアートギャラリー
4/6-5/14
 
Img_4990
 
木彫りの彫刻家、棚田さんが2ヶ月インドネシアに行って制作された作品。
 
Img_4998 Img_4993
 
インドネシアの気候と人に囲まれて、そして向こうの材料(木)を使って作られたもの。クリムト作品の様な銀色などが印象的な作品も。
 
Img_4991
 
中央にある帰国後に作られたと言う立像は、少しいつもと雰囲気が違うようなところもあるのか。表情に惹かれてしまいます。
 
 
 
黒田清輝─日本近代絵画の巨匠
東京国立博物館
3/23-5/15
 
Img_5035
 
湖畔、が有名な作家さん。湖畔になりきり撮影コーナーもあり。
 
すいません……日本の美術のためにものすごい努力をした人だと言うのは展示を見て判るのですが、正直、個人的には好みでない作家さんでした。と言うか、これほどまでに好きな作品が無い展覧会も珍しかった。あやうく一つも好きでない、と言う感じで終わるところだったのですが、後半に出ていた空だけを描いた数点の連作は良いと思ったので、はい、ギリギリセーフ。
 
Img_5029 Img_5031
 
常設コレクションも見ごたえあり。応挙の虎や松園の焔がありました。
 
 
 
光琳とその後継者たち
畠山記念館
4/2-6/12
 
Img_5054
 
もうお庭が初夏の様相でしたね……。
 
尾形光琳の絵や器、弟である乾山の器、光琳が影響を受けた俵屋宗達、ほかにはその後継者とも言える酒井抱一など。
前期では白梅模様小袖貼付屏風の右隻が良かったです。GW期間だけ重要文化財 光琳の躑躅図が出ますね。後期展示のほうが好きな作品がありますね。後期の抱一の水草蜻蛉図は見たいな。そちらも時間があれば行きたいな、と。
 
 
 
北大路魯山人の美 和食の天才
三井記念美術館
4/12-6/26
 
美食家でもあり陶芸家でもある魯山人の器の展覧会です。改めて凄いな、と思うのは楽焼あり、瀬戸あり、織部あり、備前あり、志野あり、漆器ありと様々な様式/形式を網羅していること。様々な時代や土地、様式を研究してそれを自分のものとして作り上げる。
 
それが陶芸として皿や壷を作り上げるのだけが目的ではなく、料理の額縁としての器を作っている、器だけでなく料理とセットだと言うのが凄い。展示の見せ方がも少し料理を盛り付けたらどうなるのかというイメージも見えてくると嬉しいのになぁ、とも思いました。
 
 
 

|

« ライアン・マッギンレー BODY LOUD!、他 | トップページ | REVALUE NIPPON PROJECT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/63503687

この記事へのトラックバック一覧です: 棚田康司展/黒田清輝/光琳とその後継者たち/北大路魯山人の美:

« ライアン・マッギンレー BODY LOUD!、他 | トップページ | REVALUE NIPPON PROJECT »