« カンバセーション_ピース:かたちを(た)もたない記録ー 小西紀行+AHA! | トップページ | 奥村土牛 ―画業ひとすじ100年のあゆみ― 青い日記帳×山種美術館 ブロガー内覧会 »

祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ

忙しくて2ヶ月近く更新していませんでした。インプットは続けていたもののアウトプットできず……。終わってしまった展示なども多いのですが、まぁ、自分のために一言感想だけでも徐々にメモしていきます。
 
日比谷図書文化館でやっていた「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」、前期「cozf編」/後期「 ish編」共に見てきました。
 
 
 
祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ
日比谷図書文化館
前期「cozf編」:1月23日(土)~2月14日(日)
後期「 ish編」:2月16日(火)~3月23日(水)
 
Img_3150
 
 
祖父江慎さんの装丁展です。タイトルのブックデザイ、は脱字ではありません。そういう展覧会名なんですよ。
 
しかし、いやー、濃かった。前期と後期は1/3位の内容入れ代わりかな。前期を見たときは圧倒的な情報量に負けてしまったので両方行くことで後期でじっくり見ること出来たものもありました。後期の時には解説の小冊子も出来ていたので見やすかったです。
 
 
祖父江さんが装丁を担当した漫画とか結構持っていました。
喜国雅彦、しりあがり寿、相原コージ、岡崎京子、江口寿史などなど……吉田戦車の伝染るんですや松本大洋のGOGOモンスターとかムーミンコミックスもそうなのか!
 
うさこちゃんなんかはフォントを新たにつくるくらいの凝りようです。
 
今ではこだわりで素晴らしいものはできるがそれ故に発売が遅れることもあるという祖父江さんのデザイン、苦笑。もちろん予算もかかりそうですね……。
それゆえか、こだわりを通したい美術展覧会のものなども多かったですね。私が見たものでは岡崎京子展や梅佳代展の図録がありました。今度新しくできるスヌーピーミュージアムの案内も祖父江さんなんですね。
 
 
微妙に文字を曲げたり、平仮名と漢字でフォントを変えたりして違和感を出すと言う、ちゃんとルールを知っているからこそのルール外し。
 
紙と言う特性を最大限生かした、質感や凹凸や印刷の種類、時にはずらしたり組み合わせたり、もうその工夫は無限大ですよね。予算やスケジュール管理する人のことを考えると胃が痛くなりそうですが。
 
 
とにかく、クリエイティヴというものへのこだわりが強く強く、本当に強く感じられた展示でした。
 

|

« カンバセーション_ピース:かたちを(た)もたない記録ー 小西紀行+AHA! | トップページ | 奥村土牛 ―画業ひとすじ100年のあゆみ― 青い日記帳×山種美術館 ブロガー内覧会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/63136856

この記事へのトラックバック一覧です: 祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ:

« カンバセーション_ピース:かたちを(た)もたない記録ー 小西紀行+AHA! | トップページ | 奥村土牛 ―画業ひとすじ100年のあゆみ― 青い日記帳×山種美術館 ブロガー内覧会 »