« はじまり、美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション | トップページ | ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉 »

大巻伸嗣「くろい家」

大巻伸嗣「くろい家」を見てきました。大巻さんがアトリエ活動していて、地元の活動にもいろいろと参加している北千住にて期間限定で展開されているインスタレーション作品です。
 
 
 

大巻伸嗣「くろい家」
足立区千住仲町29-4
1/30-3/13 土日月・祝日のみ 10:00-17:00
 
北千住駅から少し歩いた古い民家。暗闇、シャボン玉、割れる、漂う、静けさ、儚さ。そんな作品でした。
 
以前いちはらアートミックスで見た「大きな家」の作品を更に暗闇を濃くしたような作品。妻有トリエンナーレのときも同じ系列の作品だったようですね(妻有は私は見ていないのですが)。
 
Img_3362中の写真は撮れないので外観を
 
係りの人に誘導されて2階にあがり、暗闇に目が慣れていないなかで手探りで進むと見えるシャボン玉の落下の様子。その後1階で座って見る天井から落ちてくるシャボン玉。途中で割れるシャボン玉、床に落ちても割れないシャボン玉、シャボン玉の影、シャボン玉本体。割れたシャボン玉から漂う白い煙、雲のようにたゆたう。真っ暗中でずっと眺めていたい景色です。
 
Img_3357
 
同じ北千住で展開する大巻さんの活動、Memorial Rebirth同様、この場の記憶をシャボン玉が示唆している気もします。
 
いちはらも妻有も見てない人は必見ですし、見ている人も違う感想もあると思います。機会があればぜひ体験した方が良いかもしれません。

|

« はじまり、美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション | トップページ | ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/63151608

この記事へのトラックバック一覧です: 大巻伸嗣「くろい家」:

« はじまり、美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション | トップページ | ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉 »