« 追悼 David Bowie様 | トップページ | 浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる/コレクション展 戦後70年と作家たちⅡ »

ラファエル前派展/水 神秘のかたち展/書の流儀

年明けから幾つか美術展行ってますが、アウトプット出来ておらず、ちょっとまとめて感想あげます。
 
Bunkamura ザ・ミュージアムの「英国の夢 ラファエル前派展」
 
サントリー美術館の「水 神秘のかたち」
 
出光美術館の「文字の力・書のチカラⅢ 書の流儀」
 
3つの展覧会をまとめて。
 
 
 
 
リバプール国立美術館所蔵 英国の夢 ラファエル前派展
Bunkamura ザ・ミュージアム
2015/12/22-3/6
 
ラファエル前派、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティとウィリアム・ホルマン・ハント、ジョン・エヴァレット・ミレイの三人から始まった美術グループ。ルネサンスの巨匠ラファエロ以前の芸術への回帰を唱え、当時のアカデミーへ反した形で結成されたものです。その後、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスやエドワード・コーリー・バーン=ジョーンズ、ウィリアム・モリスなどへ影響を与え、古代ギリシアやローマの神話などを描いた作品などが多いです。ロマンティックな世界を愛し、美しい女性を描き、女性関係などだらしなく(笑)、ロマンと理想を追い求めた若者らしい、今で言う萌え絵!って世界ですよね。
 
ミレイの作品が多かったです。また、数はそれ程無くてもロセッティ作品は目を惹きますね。バーン=ジョーンズの大作も素晴らしいし、ウォーターハウスの3点の作品も見ごたえありです。先に書いた以外にはフレデリック・レイトンの描いた女性が良い(エレジーと言う作品に釘付けでした)。チャールズ・エドワード・ペルジーニの描く女性も良かったですね。え?美人しか見てないって?いやいや、他に何を見るのですか?
 
 
 
水 神秘のかたち
サントリー美術館
2015/12/16-2/7
 
水、と言うものをテーマの展覧会って、一体何が出てくるのだろう?と思っていたら、なかなかに内容の濃い展示でした。日本古来の水への信仰を中心に様々なご神体や絵画や工芸物などが展示されていました。工芸品などに描かれる水の模様、水をまつわる土地や神社。
 
江ノ島などがまさにそうですが、その様なところには弁天様がまつられています。その弁天様と一体化した宇賀神と言う日本古来の神様は蛇の身体に人の頭を持つ異形の神様です。宇賀神像はやたらと迫力ありました。そして水の神様である竜神。それが日本の神話や言い伝えと結びついていく様子がまた面白かったです。海幸彦と山幸彦のお話に出てくる海神宮に住んでいる海神が竜宮城の竜王となったり、浦島太郎の話は元々は竜宮でなく蓬莱山に行っていたとか。海龍王の天稚彦の話が七夕伝説になっていく。
 
水の神聖なる力についての展覧会と言うのも面白いな、と思いました。水での浄化。私もこの展覧会で煩悩を水で洗い流したようです(嘘です)。
 
 
 
文字の力・書のチカラⅢ 書の流儀
出光美術館
1/9-2/14
 
ここ数年、私の中でいろいろとホットな感じの書。今回の展覧会でも展示の後半にあった和様の書にグッと来ました。私はここら辺が好きなんだと改めて認識です。
 
平安の三跡は見逃せません(ただ、いまだに佐理をすけまさと読めない私)。小野道風の柔らかな仮名の素敵さ。藤原佐理の個性的な文字の流れ。藤原行成は全体で完成度高い。平安時代は書の流儀としては昇り詰めたところがある気もします。他にも高野切もやはり良いですし、石山切の解説にあった「筆先がステップ踏んでいる」と言う表現はなるほど、と思ってしまいました。あまりにも美しかったので覗き込み過ぎてガラスに頭ぶつけてしまったのほど、見ていて吸い込まれてしまいそうという感じでしたね。
 
そして鎌倉時代へ。藤原定家の完成された美しさは流石です。伏見天皇の書が私的に好みだったのが今回の発見でした。今まであまり気にしていませんでした。尾形乾山もありましたね。そして桃山から江戸時代といえば寛永の三筆。今回、本阿弥光悦と松花堂昭乗の書が出ています。後は近衛信尹が出ていれば三筆揃ったのに何故……と言う気もしますが、苦笑。光悦、昭乗まで来ると和様の書の完成系として、絵との組み合わせやバランス・デザインなどそれまでとはまた別次元の良さがありますね。
 
書の世界はまだまだ勉強不足なのでもっと勉強せねば、と改めて思いましたが、しかし、首を突っ込めば突っ込むほど深い世界だなぁとも……。
 
 
 

|

« 追悼 David Bowie様 | トップページ | 浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる/コレクション展 戦後70年と作家たちⅡ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/63052684

この記事へのトラックバック一覧です: ラファエル前派展/水 神秘のかたち展/書の流儀:

« 追悼 David Bowie様 | トップページ | 浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる/コレクション展 戦後70年と作家たちⅡ »