« 小林孝亘展/NEO COUNTER SHAPE GO!/李禹煥展 | トップページ | 狩野一信の五百羅漢図展 ブロガー内覧会 »

久隅守景 親しきものへのまなざし/金銀の系譜-宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界-

狩野派を学んだ人の展覧会と、琳派の展覧会(曜変天目
茶碗付き)と。
 
逆境の絵師 久隅守景 親しきものへのまなざし
サントリー美術館
 
金銀の系譜-宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界-
静嘉堂文庫美術館
 
 
 
 

逆境の絵師 
久隅守景 親しきものへのまなざし
サントリー美術館
10/10-11/29
 
いやー、なんて言うか。
展覧会云々と言うよりもこの方、苦労人なんですよ、それ
も自分が、と言うよりも周りが、笑。あー、大変。
 
狩野探幽に師事した久隅守景。探幽門下四天王の一人
と呼ばれる。※この設定、バトルもの漫画みたい。
探幽の姪と結婚、二人の子供を授かり、子供(娘、息子)
二人共探幽門下の絵師となる。
 
と・こ・ろ・が、
娘・清原雪信は同じ探幽門下の男性と駆け落ち。
息子・彦十郎は諍いを起こし佐渡へ島流し。
 
結局、探幽のところに居られなくなり探幽門下から離脱、
金沢へ。
 
えーっと、展覧会の話とか作品の話とか全くしてません
けどね、なんかこの人生が印象に残ってて……。
 
こんな大変な人生なのに描く絵は結構のんびりした感じ
です。狩野派なのにピリッとしてない!と言う所ですが、
見ていて落ち着く庶民派の絵、と言う感じですね。
 
ええ、がんばれよ、守景サン……。
 
 
 
 
金銀の系譜-宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界-
静嘉堂文庫美術館
10/31-12/23
 
設備系工事をしていた静嘉堂文庫美術館。
リニューアルオープン展覧会が琳派イヤーの琳派展。
 
国宝 俵屋宗達「源氏物語関屋・澪標図屏風」、重要文化
財 尾形光琳「住之江蒔絵硯箱」も修理から戻ってきたの
でそれを出します。さらに国宝「曜変天目(稲葉天目)」、
重文「油滴天目」も一緒に出しちゃおうと言う大盤振る
舞いな展示になっていました。
 
ちなみに「住之江蒔絵硯箱」は11/25からの後期展示だっ
たので私は見ていないです。
今年の某展と併せると、3点しかないという曜変天目の
うち2点が東京で1年のうちに見る事が出来るという贅沢。
 
なんと「曜変天目(稲葉天目)」、「油滴天目」はラウンジ
の日の光の下で見るのです。直火!(火じゃない、笑)
改めてみると、今までキラキラ過ぎて個人的にイマイチな
稲葉天目でしたが、日光の下だとそこまで派手ではなく、
結構抑えた感じがイイな、と思いました。まぁ、個人的な
趣味としては渋い油滴天目が間違いなく好きですけど。
 
私はちょうど夕暮れ時に行きました。斜めに入ってくる光
で見る曜変天目も良かったです。
 
琳派系作品は酒井抱一「波図屏風」が圧巻です、やはり。
鈴木其一「雪月花三美人図」も良いですね。
好きだったのは酒井抱一「絵手鑑」。抱一は他の狩野派
や円山四条派などの技法も学んでいたのですね。
シンプルに描いた富士や、蛙やめだか等の軽いタッチの
絵が良かった!
 
ところで酒井抱一の狂名が尻焼猿人って……。
 
同じ時代の琳派周辺作品も結構あって、野々村仁清の
焼物や谷文晁などの作品も見ることが出来ます。
そして寛永の三筆、全員の書を見ることが出来るです。
本阿弥光悦、松花堂昭乗、近衛信尹の三人を比べること
が出来るなんて!
 
 
Img_1522
建物の向こうに夕焼けがある図。
 
Img_1531
建物からも富士山が見えますが、二子玉川の川べりで見た
夕焼けを背景にした富士山。
 
Img_1529
月(左上)富士山(右下)が一緒に見えました。
 
 
 

|

« 小林孝亘展/NEO COUNTER SHAPE GO!/李禹煥展 | トップページ | 狩野一信の五百羅漢図展 ブロガー内覧会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/62689771

この記事へのトラックバック一覧です: 久隅守景 親しきものへのまなざし/金銀の系譜-宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界-:

« 小林孝亘展/NEO COUNTER SHAPE GO!/李禹煥展 | トップページ | 狩野一信の五百羅漢図展 ブロガー内覧会 »