« 久隅守景 親しきものへのまなざし/金銀の系譜-宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界- | トップページ | 青木淳|三嶋りつ惠展/松井えり菜展/Retro Nostalsia Fantasia/London Gallery コレクション展/梅津庸一展/ポール・コイカー展/薗部悦子×渡邉良重/始皇帝と大兵馬俑 »

狩野一信の五百羅漢図展 ブロガー内覧会

「狩野一信の五百羅漢図展」ブロガーナイトに参加してきま
した。 
 
 
 
 
狩野一信の五百羅漢図展
増上寺宝物殿
前期:10/7-12/27 第21幅~第40幅展示
後期:2016/1/1-3/13 第41幅~第60幅展示
 
 
徳川将軍家の菩提寺、増上寺が所蔵している五百羅漢図。
それを期間に分けて20幅ずつ展示をしています。
森美術館で開催されている「村上隆の五百羅漢図展」と
併せて見たい展覧会ですね。村上さんもかなりこの狩野
一信の五百羅漢図からのモチーフを使っている様です。
どこが同じか見比べるのも面白そう。
 
20151120_19_17_27
 
その森美術館の「村上隆の五百羅漢図展」にも関わって
いらっしゃる広瀬麻美さんのギャラリートークを聞きな
がら展示室を廻ります。
 
 
20151120_18_11_57
 
さて、東京タワーが美しい、そのお膝元の増上寺宝物館。
この前期展示(10/7-12/27)は第21幅~第40幅の展示。
 
20151120_18_43_46
 
この世の六つの世界、六道を羅漢様がそれぞれ訪れる様
を描いています。全百幅ある中でもセンセーショナルな
場面が多いところですね。特に前半10幅部分は描写が
素晴らしいので狩野一信が自分で描いている部分が
多いだろうとのこと。
 
20151120_18_43_31
 
後半になるともちろん狩野一信がメインではありながらも
弟子の手も入っているものもあるのではないか?と。
 
 
20151120_18_35_11 20151120_18_35_38
 
六道 地獄と鬼趣(餓鬼道)
地獄に落ちた人や餓鬼となった人達を不思議な力で救済
していく羅漢様たち。基本は2幅で10人の羅漢様が描かれ
ています。
 
 
20151120_18_36_23 20151120_18_39_36
 
六道 畜生と修羅
欲望のままに生きたばかりに動物になっている畜生道。
争いを止めなかった人が堕ちる修羅道。
ところで他の六道は2幅が2組あるのに、この二つは2幅が
1組なのはなんででしょうね?
 
20151120_18_37_57 20151120_18_36_11
 
畜生道には腹を開いたらその中から如来像が現れるという
有名なシーンもあります。動物の描写を見るとその描き方
は同時代の他の画家からも影響受けていたりするのかもと
思いました。
 
20151120_18_39_44
 
修羅道は阿修羅と帝釈天が争っているという構図。
 
 
20151120_18_40_32 20151120_18_42_49
 
六道 人と天
人道は我々が過ごしているこの世界。悩み、苦しみからは
逃れられないが、楽しみもあり、解脱も可能な世界。
天道は画面の下のほうに太陽が描かれているように空の上
の世界。
 
20151120_18_42_57
 
羅漢様ってば、確か聖者のくせして、天女の美人さんに鼻
の下を伸ばしていたりします。口説いちゃいけませんよね。
 
 
最後にラウンジで画像を見ながら広瀬さんとアートブログ
青い日記帳のTakさんのトーク。
 
弐代目 青い日記帳
 
20151120_18_59_43
 
空襲で焼けた羅漢堂は当時数幅ずつ羅漢図を展示してい
て東京の名所にもなっていたそうです。
奇跡的に焼けずに残った羅漢図を現代の羅漢堂として
年に数回の入れ替えをして展示していくとの事。
 
他にも全国の羅漢寺を巡ったときの話になったときに……。
なんと、美術史家 山下裕二先生の飛び入り参加が!
12/5に山下裕二さんと井浦新さんの「日本美術応援団」で
狩野一信を応援する、と言うトークがあるようです。
 
詳しくはこちらで。
 
20151120_19_07_41
 
結局、3人で様々な羅漢寺の羅漢様の様子を色々語りながら
トークは盛り上がっていったのでした。

|

« 久隅守景 親しきものへのまなざし/金銀の系譜-宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界- | トップページ | 青木淳|三嶋りつ惠展/松井えり菜展/Retro Nostalsia Fantasia/London Gallery コレクション展/梅津庸一展/ポール・コイカー展/薗部悦子×渡邉良重/始皇帝と大兵馬俑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/62749170

この記事へのトラックバック一覧です: 狩野一信の五百羅漢図展 ブロガー内覧会:

« 久隅守景 親しきものへのまなざし/金銀の系譜-宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界- | トップページ | 青木淳|三嶋りつ惠展/松井えり菜展/Retro Nostalsia Fantasia/London Gallery コレクション展/梅津庸一展/ポール・コイカー展/薗部悦子×渡邉良重/始皇帝と大兵馬俑 »