« 大日本タイポ組合展/日本のかご展/ローラン・グラッソ展/秋山さやかエルメスウィンドウ | トップページ | 久隅守景 親しきものへのまなざし/金銀の系譜-宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界- »

小林孝亘展/NEO COUNTER SHAPE GO!/李禹煥展

日本橋、表参道、谷中/根津、あたりのギャラリー巡り。
 
小林孝亘 新作展
西村画廊
 
NEO COUNTER SHAPE GO!
スパイラルガーデン
 
李禹煥「色のハレーション / 空間のハレーション」
SCAI THE BATHHOUSE
 
谷中/根津あたりはオシャレになりつつありますね。
 
 
 
 
 
小林孝亘 新作展
西村画廊
11/11-12/12
 
去年、横須賀美術館で個展を見た小林孝亘さんの相変わらず
な不思議な世界の描写。横須賀美術館の最後の部屋の雰囲気
がそのまま新作として西村画廊で展開されている感じです。
森や川、そこに居る人、そして積木などの何かの存在。
 
非現実でありながらも、あこがれてしまいそうなそんな世界。
夢に出てくるそんな景色だからこそ、そこに入り込みたい。
 
 
 
 
NEO COUNTER SHAPE GO!
スパイラルガーデン
11/10-11/26
 
BEN MORI/井口真吾/日比淳史/真舘嘉浩と言う四人の作家の
アートショー。メンバーが少し変わったりして何度か開催
されているみたいですね。今回は5回目だとのこと。
 
グラフィックやアートをまたいで活躍する前線で戦う人達
の作品でした。
 
 
 
 
李禹煥「色のハレーション / 空間のハレーション」
SCAI THE BATHHOUSE
11/5-12/5
 
Img_1424
リーウーファンってこんな絵や色を描く作家だっけ?と
思ってみたら、メインの作品3作は昔の作品だった。
「風景」と言う蛍光色の大きな絵はそれだけの存在感も
強いのですが、反射した色や光が壁や床に映りこみ、
その部屋を染めてしまう。そんな存在感をただ1色だけ
の作品が与えているという不思議さ。
 
 
 
 
谷中や根津にいろいろと新しいお店などが出来ていると
いう話も聞いていたのでギャラリーの近くを少し歩き
まわりました。
 
Img_1433
古民家を利用したお店などがあります。
街の景観を損なわず、そのまま新しい若い人を呼び込む。
 
Img_1435 Img_1439
定番のヒマラヤスギはいつも通ると写真を撮りたくなり
ますね。玉林寺のわき道も好きです。
 

|

« 大日本タイポ組合展/日本のかご展/ローラン・グラッソ展/秋山さやかエルメスウィンドウ | トップページ | 久隅守景 親しきものへのまなざし/金銀の系譜-宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/62695209

この記事へのトラックバック一覧です: 小林孝亘展/NEO COUNTER SHAPE GO!/李禹煥展:

« 大日本タイポ組合展/日本のかご展/ローラン・グラッソ展/秋山さやかエルメスウィンドウ | トップページ | 久隅守景 親しきものへのまなざし/金銀の系譜-宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界- »