« 東京黎明アートルーム 11月展示 | トップページ | チェン・ウェイ「ナイト・パリ」/ゲルハルト・リヒター "Painting"/平川紀道 given »

遠藤新設計 旧近藤邸/国宝 一遍聖絵/From now on!! 藤沢発、アートのこれから 第2期

藤沢あたりのあれこれです。藤沢は私の実家がある、所謂
地元なのですが実家には寄らないと言う……。
すいません。
 
遠藤新設計 旧近藤邸
 
国宝 一遍聖絵
遊行寺宝物館
 
From now on!! 藤沢発、アートのこれから 第2期 Tri-Angle-作品との対話
藤沢市アートスペース
 
と言う藤沢/辻堂で見たものたち。
 
 
 
 

遠藤新設計 旧近藤邸
 
 
藤沢市民だった私はこの建物のことつい最近まで知らなか
ったのですよね。すぐ裏の図書館には何度も来ていて、
夏休みの受験勉強場だったのに。今になって来るなんて。
 
Img_0901
フランク・ロイド・ライトに師事した遠藤新の設計の建築。
だけあって、見事なフランク・ロイド・ライトの得意な
プレーリー様式の建物。水平のラインが素晴らしいです。
辻堂の別荘として建てられていた建物でしたが市民などの
保存を望む声で市がこの場所に保存したと言うもの。移転
の費用も市民や有志のカンパなどもあったようです。
 
Img_0906_2
イイですね、取り壊すだけじゃない方針。地元だから褒め
るわけじゃないですが、藤沢市民グッドジョブです。
古い建物の保存だって、そこそこお金かかる出ろうし大変
ですよね。
 
Img_0941 Img_0934
この建物は今はカフェとして使われています。見学だけ
する事も可能。入っているカフェも障がい者就労支援施設
「軽食&喫茶すかいはーと」と言うことで古い建物の使い方
として良い事例ではないでしょうか?
勿論、耐震やユニバーサル対応などの問題は残っている感
じですが、こうやって残していくのは大事だと思います。
 
Img_0917 Img_0925
窓枠などの美しさや細かいこだわりを今でも見る事が出来
るというのは嬉しい話です。コストの事を考えると間違い
なくスクラップ&ビルドの方が安く済むでしょう。保存に
はかかるお金や周囲の理解と言うものは乗り越えるのに
大変なことだと思いますが、残しておける、というのは
一つの文化なんだと思います。
 
 
 
 
国宝 一遍聖絵
遊行寺宝物館
10/10-12/14
 
遊行寺、確か小学校の時だったかになんかの合宿みたい
なので泊まりに来た記憶有るなぁ。今では箱根駅伝で
通りがかる目の前の坂が有名ですね。
 
遊行寺宝物館のリニューアル記念で遊行寺が持っている
国宝『一遍聖絵』が全巻展示されているとの事でした。
期間中に巻き替えありで、11/21以降は遊行寺宝物館だけ
でなく神奈川県立歴史博物館と神奈川県立金沢文庫と
3館連動の展示になるということです。
私はなんとか遊行寺宝物館に全巻展示されている間に
見に行くことが出来ました。
 
この巻物、巻によって保存状態や描かれ方なども違って
いるので、長い期間の間で作られたのか?それとも一度
バラバラになったものを遊行寺が集めたのか?
7巻も二つある(もう一つは東博所有)様ですね。どちら
かが模写でしょうか。ただ、シリーズものが一つの所に
あつまっていて、それを今、この時代にまとめてみる事
ができるという、なんてありがたい話なんでしょう。
 
鎌倉時代に自分の足で日本全国を巡った一遍上人の生涯
をこうやって今この時代に辿ることが出来るなんて。
 
 
 
 
藤沢市アートスペース 開館記念特別展覧会
From now on!! 藤沢発、アートのこれから
藤沢市アートスペース
10/3-2016/1/17
第1期 Visualize-それぞれの心象風景:10/3-11/3
第2期 Tri-Angle-作品との対話:11/7-12/6
第3期 Discovery-特別な場所:12/12-2016/1/17
 
参加作家
麻生知子/漆原夏樹/松浦 歩/米山幸助/江川純太/
柵瀨茉莉子/新澤悟郎/池田拓馬/内山 聡
 
Img_1306
私が見に行ったのは第2期 Tri-Angle-作品との対話。
江川純太/柵瀨茉莉子/新澤悟郎
絵画作品中心の江川さん、布や刺繍を使ったインスタ
レーション作品の柵瀨さん、映像や様々なものを使い
インスタレーションに仕上げた新澤さんがそれぞれ
展示と滞在制作をしていました。
(写真は新澤さんがワークショップで作った空間)
 
名称に藤沢とありますが最寄り駅は藤沢駅の隣の辻堂。
辻堂も藤沢市で、最近湘南テラスモールができて下手
すると藤沢駅前よりも賑やかなんじゃないか、と言う
位ですね。そこに若手アーティスト支援の場を作るな
んて、良いですね、と思いながらも正直まだまだ。
周囲やここが入っているビルにもまだ施設は少ないし、
たぶん、テラスモールに来ている人のほとんどがここ
にこう言う場所が有るのを知らない。もう少しこの
場所に人が集まってくる仕組みがほしい所ですね。
 
ただ、地元に関わるアーティストを紹介するという
取り組みとしては本当に興味深い。うまく場所も人
も活動も、育って言ってほしいと思います。

|

« 東京黎明アートルーム 11月展示 | トップページ | チェン・ウェイ「ナイト・パリ」/ゲルハルト・リヒター "Painting"/平川紀道 given »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/62645174

この記事へのトラックバック一覧です: 遠藤新設計 旧近藤邸/国宝 一遍聖絵/From now on!! 藤沢発、アートのこれから 第2期:

« 東京黎明アートルーム 11月展示 | トップページ | チェン・ウェイ「ナイト・パリ」/ゲルハルト・リヒター "Painting"/平川紀道 given »