« 国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展 | トップページ | 竹工家 初田徹個展『時と竹』/青参道アートフェア 2015/平野紗季子の(食べれない)フード天国 »

アルフレッド・シスレー展 ‐印象派、空と水辺の風景画家‐

練馬区立美術館、アルフレッド・シスレー展に行ってきました。
シスレーの絵を見に行ったらまさかのあんな展示まで、笑。
 

アルフレッド・シスレー展 ‐印象派、空と水辺の風景画家‐
練馬区立美術館
9/20-11/15
 
20151018_16_28_09
美術館にあがる階段脇のトンボ(の彫刻)。
 
 
 
シスレーの絵、印象派の中でもまた地味なイメージが有るの
ですが、実は一番深く味が有る絵なのではないかと思って
います。
 
_02
 
美術好きの人には、実は印象派の中でシスレーの絵が一番
好きなんです、と言う人も多いのではないかと。
 
こう、何というのか、噛めば噛むほど味わい深くなってくる絵
と言うか、じっくり見ていると深くじんわりと良さが出てくる。
 
日本に有るシスレーの絵のうち20点ほどが集まっているこの
展覧会。まとまってシスレーを見るにはいい機会です。
 
_01
 
ただ、シスレーの絵中心の展覧会のため、少し作品数として
は物足りなく感じるかもしれません。
一応、シスレーに影響を受けたり、当時パリで描かれた日本
の画家たちの絵なども別室にありますが。
 
この展覧会で有る意味面白いのは、シスレーがセーヌ川の
絵を多く描いていたことに基づいて河川工学的な説明の
コーナーがあったこと。セーヌ川は実はかなり人の手が入っ
た川だったのですね。堰についての発展などの解説も。
 
まぁ、シスレーの絵を見に来た人にとっては、なんで河川の
説明が……?的なコーナーではありますが、まぁ、面白い
試みだと思います。
 
もうちょっと印象派の別の画家でも良いので作品数があると
うれしかったかな。
 

|

« 国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展 | トップページ | 竹工家 初田徹個展『時と竹』/青参道アートフェア 2015/平野紗季子の(食べれない)フード天国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/62527456

この記事へのトラックバック一覧です: アルフレッド・シスレー展 ‐印象派、空と水辺の風景画家‐:

« 国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展 | トップページ | 竹工家 初田徹個展『時と竹』/青参道アートフェア 2015/平野紗季子の(食べれない)フード天国 »