« 狩野一信の五百羅漢図/小沢剛展/TRANS ARTS TOKYO/シュウゴアーツ/奈良美智「Shallow Puddles」 | トップページ | デザインイベントその1(LINK OF LIFE/江戸切子若手職人15人展/紙のかたち展/NIESSING × 名和晃平) »

LABYRINTH OF UNDERCOVER、他

東京オペラシティ アートギャラリーで見た展覧会
 
LABYRINTH OF UNDERCOVER 25 year retrospective
笑いとユーモア
project N 62 鈴木星亜
 
の感想です。
 
 
 

 

LABYRINTH OF UNDERCOVER 25 year retrospective
東京オペラシティ アートギャラリー
10/10-12/23
 
UNDERCOVERの展覧会です、そあのアンダーカバーです。  
UNDERCOVERは高橋盾さんのアパレルブランド。1990年
中頃から2000年前半位から注目を浴び始めたファッション
ブランド。
 
20151017_17_00_18
当初はロックやストリート的なイメージを持ちながらも
しっかりとまとまっている(ハチャメチャになってない)稀有
なブランド的なイメージがありましたね。
少しワイルドにロックっぽく、でも基本は上品に攻めていき
たいと言う層に受けたのでしょう。
とにかく初期の頃の服は本当にカッコ良くて渋い。
 
この左側の写真のラインは大好きです。今回の展示の中で
一番好きでしたね。最近のアンダーカバーの装飾性と比べ
ると地味に見えるかもしれませんが、シンプルな分、かなり
凝った造りになっています。
1999年春夏「RELIEF」のコレクションです。
写真右は1995-96年秋冬「RELIEF」。マニッシュな感じもイイ。
 
20151017_17_45_02 20151017_17_43_41
シンプルなのでマニッシュにも見えますが、ところがどうして
かなりセクシーな服も多いです。胸元がザックリなものも。
左2004春夏「LANGUID」、右2007-08秋冬「KNIT」
 
20151017_17_11_19
この二人ペアの2004春夏「LANGUID」のコレクションショーの
あたりでかなりブレイクした記憶がありますね。
この展覧会前半はコレクション映像のコーナーで全部見ると
うん時間経ってしまうので、ところどころしか見ていませんが
ショーに使っている曲がジョンレノンだったりニルヴァーナ
だったりして、ロックファンとしてはニヤリとしてしまう所。
 
途中にアトリエ再現コーナーやブローシャの紹介がありますが、
ここらもロックですねー。
 
スケッチやデザイン画コーナーも面白い。
そうか、アンダーカバーは怪人を作ろうとしていたのか……。
 
20151017_17_03_55 20151017_17_06_23
と思ったら本当に怪人と正義の味方が……UNDERMAN。
 
20151017_17_09_28 20151017_17_11_59
マネキンまで柄の入ったこれは何かのコスチュームではなく
2000-01秋冬「MELTING POT」のコレクション。
その流れで見るとストームトルーパーがファッショナブルに
見えてきますね。
 
20151017_17_03_10 20151017_17_04_33
この後からはコンセプトや意匠性がどんどん強くなっていく。
なのでコレクションの年代と名は記しませんが、まぁ、
どうやって着るの?と言うのも含めて見てるのが楽しい世界。
 
20151017_17_08_55 20151017_17_04_11
キラキラが好きな感じですね。完全に棘が刺さっている様な
のもありますが……電車に乗ってこないでくださいね。
 
20151017_17_13_26 20151017_17_04_46
木で出来たスカートとかね、夜に文字が光るシャツとかね。
もうそれ服じゃなくて良くない?みたいな。
 
20151017_17_04_28 20151017_17_05_34
これは完全にコスチュームですね。バレエリュスとか見て
いたのかしら?
 
20151017_17_05_51_1
最後はGRACEと言う人形。UNDERCOVERと言うブランドは
服だけなく人形や写真、絵画様々なクリエイティブで造り
上げられた創造物なんです。
とにかく世界観を作り上げているブランドUNDERCOVER。
展示会場の構成も名前のとおりラビリンスなつくりでした。
基本、私はこのブランドの世界観が好きと言う前提があり
とても楽しめました。そうでない人は無理な展覧会かも
しれませんが、笑。
 
 
 
笑いとユーモア
東京オペラシティ アートギャラリー
10/10-12/23
 
今回のコレクション展示は好みです、良かった!
いつも質の高い展示ですが、その中でもツボに入る展示で
した。
 
入江明日香さん、呉亜沙さん、フジイフランソワさんなど
好きな作家さんの作品があったのもあります。
天野裕夫さんの擬人化された生き物のコミカルな彫像作品
時松はるなさんや加藤ゆわさんの描く女性たち。
向山裕さんの海の生き物など直接的に笑いが生まれるもの
ではないにしろ、なんか見ていて気分がイイ、そんな作品
が多かったです。
 
 
 
project N 62 鈴木星亜
東京オペラシティ アートギャラリー
10/10-12/23
 
どこかで見たような景色が、どこかの異次元に迷い込んで
見えた、そんな感じの絵でした。
 
 
 

|

« 狩野一信の五百羅漢図/小沢剛展/TRANS ARTS TOKYO/シュウゴアーツ/奈良美智「Shallow Puddles」 | トップページ | デザインイベントその1(LINK OF LIFE/江戸切子若手職人15人展/紙のかたち展/NIESSING × 名和晃平) »

コメント

あなたはが望むなら、あなたは適用する必要がこのから大量 記事 へなど ウェブページあなたウォン戦略。
国内即発 正規品通販 http://prijs-graszoden.nl

投稿: | 2015/11/26 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/62527452

この記事へのトラックバック一覧です: LABYRINTH OF UNDERCOVER、他:

« 狩野一信の五百羅漢図/小沢剛展/TRANS ARTS TOKYO/シュウゴアーツ/奈良美智「Shallow Puddles」 | トップページ | デザインイベントその1(LINK OF LIFE/江戸切子若手職人15人展/紙のかたち展/NIESSING × 名和晃平) »