« 蔵王権現と修験の秘宝/もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20′s Paris | トップページ | Don't Folow The Wind ノン-ビジターセンター展 »

『月映(つくはえ)』 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎

東京ステーションギャラリーの『月映(つくはえ)』 田中恭吉・
藤森静雄・恩地孝四郎を見てきました。 
 
 
 
 
『月映(つくはえ)』 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎
東京ステーションギャラリー
9/19-11/3
 
いやー、良い展示でした。
 
田中恭吉、藤森静雄、恩地孝四郎らによる版画と詩の本
「月映」。これは東京駅が開業した1941年に生まれたもの。
どうも当時はすでに版画と言う世界の中で木版画と言う
手法は主流ではないと言うことでした。それでも木版画に
こだわった三人の熱情が伝わってくる作品です。
 
展示を見ていても木版画でしか出来ない表現、それが
温かみや憂い、寂しさなどの表現が素晴らしいです。
 
最後の方にあった萩原朔太郎の詩集『月に吠える』で使
われた田中恭吉さんのペン画と恩地さんのの木版画など、
とにかくこの時代における若き3人の作家たちの想いが
ヒシヒシと伝わってくる、そんな展覧会だったと思います。
 

|

« 蔵王権現と修験の秘宝/もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20′s Paris | トップページ | Don't Folow The Wind ノン-ビジターセンター展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/62427919

この記事へのトラックバック一覧です: 『月映(つくはえ)』 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎:

« 蔵王権現と修験の秘宝/もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20′s Paris | トップページ | Don't Folow The Wind ノン-ビジターセンター展 »