« 鈴木理策写真展、他 | トップページ | アルフレッド・シスレー展が今週末から! »

国宝 曜変天目茶碗と日本の美

素晴らしく良かったです。本当に……。
サントリー美術館
藤田美術館の至宝「国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
を見てきました。
 
 
 
 
 
 
藤田美術館の至宝
国宝 曜変天目茶碗と日本の美
サントリー美術館
8/5-9/27

20150812_16_46_17

世界に3点しかないという貴重な名品、曜変天目茶碗。なかなか
藤田美術館まで行けないし、行っても見る事ができる機会も少
ないし、それが東京に来るなんて!と話を聞いたときは小躍り
したものでした。

ところが……その期待は裏切られたのでした。
ええ、それも良い方向に!

曜変天目茶碗ももちろん素晴らしいのですが、それ以外の物が
また素晴らしくて、天目茶碗だけ展示かと思っていたら本当に
裏切られて、素晴らしいものばかりで目移りして困ってしまう
ような展覧会だったのです。

展示されているものは仏教美術と茶道美術系のものが多いです。
色気ある仏像たち。貴重な仏像が海外に出て行かないようにと
、日本の文化を守るという志でコレクションしてきた藤田さん。

そして素晴らしきかな数寄文化です。このコーナーが私的な
第一ピーク。ここにあった和洋の書が素晴らしかった!
展示室を見ていると、ある作品の前で思わず脚を止めてしまう
と言う経験をした人も居るでしょう?それでした、これです、これ。

008fujita_2
「深窓秘抄」と言う国宝の和洋の書、これが美しい!美しすぎ
た!もうしばらくはここから目が離せない状態でした。

他にも能面、樂茶碗、円山応挙、乾山、仁清に加え竹内栖鳳の
大獅子図なども!何億も払って手に入れた交趾大亀香合と言う
亀の香合は私はそこまで惹かれませんでしたが……。

と、一流スター勢ぞろいの中でもひときわ目を惹くのがやはり
曜変天目茶碗です。世界に3点(4点とも、更に欠片がそれとは
別に見つかっている)あるもののうち、今までに静嘉堂文庫の
ものは2年前に見ました。
今でもこの「曜変」は失敗による偶然の美しさだと思っており
ます、私は。静嘉堂文庫のものは、気味悪さを感じる位に光り
美しかった。それと比べて少し地味目なこの藤田の曜変天目は
まとまりがあり、個人的にはこちらのほうが好きでした。
と言うか絶対的に美しいよね?これ?美しいです!

Exhibition_visualm

満足です。後期展示もいろいろ入れ替わりがあようですので
行かないと。

|

« 鈴木理策写真展、他 | トップページ | アルフレッド・シスレー展が今週末から! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/62114598

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝 曜変天目茶碗と日本の美:

« 鈴木理策写真展、他 | トップページ | アルフレッド・シスレー展が今週末から! »