« 6次元、トークショーメモ | トップページ | シルバーウィーク六本木根津横浜のアート諸々 »

あおひー個展「道草模様」、その他銀座周辺アート諸々

あおひーさんの個展に行ってきました。
他にも幾つか銀座周辺のギャラリー関連など。
 
あおひー展「道草模様」
GALLERY ART POINT.bis
 
大谷 清展
GALLERY ART POINT
 
内藤礼「よろこびのほうが大きかったです」
ギャラリー小柳

サイトウ・ミキ「Celestial Crossing」展
和田画廊

DC(デザインコレクション)のラッピングペーパー
松屋銀座7階・デザインギャラリー1953
 
 
 
あおひー展「道草模様」
GALLERY ART POINT.bis
9/21-10/10

知り合いでもあり、個展も良く見させていただいている
あおひーさんの個展。

こちらのギャラリーでは年明けにNew Year Selectionと
言うグループ展をやっているのですが、その人気投票で
大賞を取ると、なんと、ギャラリー事務所脇のミニ展示
スペース「GALLERY ART POINT.bis」で個展を開く事が
出来るのですね。そして2年連続大賞を取ったあおひー
さんの個展。

20150921_16_55_14
いつものピントをずらした写真。個人的にはシンプルな
花のモチーフのものが好きです。

20150921_16_55_02
そして、今年の初めから展開している半立体の水滴付き
のような作品。

20150921_16_54_18
ただ、私が一番気に入ったのは向かって右の妖怪のよう
にも見える、琳派の模様のようにも見える川面の写真。

写真なのに絵画的、デザイン的に見える面白い作品。



大谷 清展
GALLERY ART POINT
9/21-9/26

私があおひーさんの個展を見に行ったときに同時に実施
されていたメイン展示室の展示です。
ぱっと見、同じようなモチーフで同じ様な色味の絵ですが、
よく見ると形の違いや色味の差があることに気がつく。
ベースは同じところを持ちながら色や形のその差で表現
をしていく絵画。

ぱっと見たときはまったく同じ印象がタイトルと共に絵を
見ていくといろんな想像ができるという不思議さ。


 
 
 

内藤礼「よろこびのほうが大きかったです」
ギャラリー小柳
9/12-10/31

映画『あえかなる部屋 内藤礼と、光たち』が公開された内藤礼
さんの個展です。

映画『あえかなる部屋 内藤礼と、光たち』

ここのところ良く見る、白い面(でも良く見ると様々な色が浮かび
あがってくる)の絵画「color beginning」、や小さな人形たち。
そして新たな展開として「顔(よろこびのほうが大きかったです)」。
これが、まだ私の中に入ってこない……。この展開は今年の
資生堂ギャラリーでの椿会でも見ましたが……入ってこない。
今回の展示はこれがメイン(これに加えてぶら下がった風船)
ですのでこれが私的に入ってこないと、この展覧会が自分なり
にでも捕らえられないので困っています。



 
サイトウ・ミキ「Celestial Crossing」展
和田画廊
9/15-10/3

動物、がどこかにいる。顔の一部だったりそこまで露骨に
出ていないけど、動物とわかる一部が表現されている絵。
でも、動物って、顔の一部しか見えていなくても何の種類
かなんとなくわかるものなんですね。

アメリカで絵を勉強していながらも、日本の岩絵の具を
一部で使っていたりするそうです。


 
 
 
DC(デザインコレクション)のラッピングペーパー
松屋銀座7階・デザインギャラリー1953
9/15-10/12

 
20150919_14_04_17
松屋銀座7階のデザインコレクション売場60周年用の
ラッピングペーパーデザインを6人のデザイナーが
手がける。原研哉、松永真、永井一史、永井一正、
佐藤晃一、佐藤卓の6人。

デザインは形の表現でなくて、思考の表現なんだな、
と改めて感じる、考え方によって変わっていく形達。

永井さんのが好きだけど、あれは説明されないと
わからないね。


 

|

« 6次元、トークショーメモ | トップページ | シルバーウィーク六本木根津横浜のアート諸々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/62349629

この記事へのトラックバック一覧です: あおひー個展「道草模様」、その他銀座周辺アート諸々:

« 6次元、トークショーメモ | トップページ | シルバーウィーク六本木根津横浜のアート諸々 »