« 単位展 — あれくらい それくらい どれくらい? | トップページ | 3331 Art Fair 2015 ‒Various Collectors' Prizes‒ »

上出長右衛門窯 「九谷焼コネクション」/「第9回shiseido art egg」 狩野哲郎展/波音の会 2015/「BARTKIRA EXHIBITION IN TOKYO」展/LUMINE MEETS ART/新宿眼科画廊諸々

幾つかの展覧会まとめて。

上出長右衛門窯 「九谷焼コネクション」
渋谷ヒカリエ8/CUBE 1,2,3

「第9回shiseido art egg」 狩野哲郎展
資生堂ギャラリー

波音の会 2015
日本橋三越本館6階 美術サロン

「HAPPY MUM MUM 2」 かなみとも / やとうはるか / べっぷまさし スペースM
「くおりあ」 きりさき個展 スペースS
「風と現前のカタストロフ」 内田ユイ個展 スペースE
「僕たちが考えた魔球」 ぼく脳×青山ぴゅー多 スペースO
新宿眼科画廊

「BARTKIRA EXHIBITION IN TOKYO」展
ギャラリー白線

LUMINE MEETS ART
ルミネ新宿

 

 

 

上出長右衛門窯 「九谷焼コネクション」
http://www.hikarie8.com/cube/2015/02/post-29.shtml
渋谷ヒカリエ8/CUBE 1,2,3
3/4-3/15

伝統的な技術と、今の時代、それをどう溶け合わせるか、
それを意識している伝統工芸を担う人たちは幾つか居ま
すが、高いクオリティで活動を続けている一つがこの
九谷焼の上出長右衛門窯。

上出惠悟さんの作品は九谷焼でバナナを作ると言うもの。
それも凄くリアルです。もしかしたら伝統的なことばかりの
方はこれが良いのか悪いのか解らないかも知れない。
ただ、ここに来ている若い人たちの心をつかんでいる、
その事実だけで、この作品がどれだけ訴求力ある物かが
解るはずです。クラフトとはそういうものだと思う。

20150308_15_40_08 20150308_15_40_28

なんとサザエも!
20150308_15_40_22

そしてハイメ・アジョン×上出長右衛門窯の作品もありました。
新作はありませんでしたが2回分のコラボ作品が一通り。
20150308_15_42_17

他にもドクロなど九谷焼の新しい魅力を見せるものが沢山。
20150308_15_41_37 20150308_15_44_46

 

「第9回shiseido art egg」 狩野哲郎展
http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/
資生堂ギャラリー
3/6-3/29

今年のshiseido art egg、3人目です。
前々回は女性に人気は高かったようですが私は入り込めず。
前回のも少し距離ありげに見てました。
今回の狩野さんの作品が今年の3人の中では一番好きです。

人工的なものを並べて森の様なものを作る。
私たちにはそれが見た目は人工的に見える。
でも鳥にとってはこれが森に見えるのか?

20150307_16_52_29 20150307_16_59_01

イサムノグチチェアの脚までありましたが……
そう、鳥が放し飼いになっているのです、この会場で。
この鳥が人口物を樹の代わりに止まったりその間の
餌をついばんだりします。とはいっても昼間は人が
沢山いるのであまり下に降りてこないみたいです。

20150307_16_55_50

上の方にずっと居て降りてきてくれませんでした・・・。

 

波音の会 2015
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/floor/main_6f/art/back.html#15
日本橋三越本館6階 美術サロン
2/25-3/3

65f9e42e

たまに作品を拝見させて頂いている荒木愛さん参加の展示。
荒木さんの作品は前に見たクリスマスの時の様に色がとても
鮮やかなものになっています。鮮やかな色の中に佇む鳥が
逆に少し寂しそうに見える気がする。
日本画の方の作品展になるのだと思いますが、モチーフが
モダンだったりポップだったり、材料としての日本画という
中で色んな事をやっている作家さんが多いですね。楽しい。

 

「HAPPY MUM MUM 2」 かなみとも / やとうはるか / べっぷまさし(スペースM)
「くおりあ」 きりさき個展(スペースS)
「風と現前のカタストロフ」 内田ユイ個展(スペースE)
「僕たちが考えた魔球」 ぼく脳×青山ぴゅー多(スペースO)
http://www.gankagarou.com/sche.html
新宿眼科画廊
3/6-3/18

(多分)若い方々の展示なのだと思います。若いです、笑。
絵画もスケッチっぽいのがったりアニメーションっぽいのが
あったりセル画的なのもあり、と技法とかジャンルとかには
とらわれない自由さがあります。立体も同じく。
でも、何かコアな縛りもあるといいな、とも思ってしまう私も
居ますが。いや、きっとそれぞれのアーティストでの自分の
中での縛りはあるのかもしれないけど。
こう言う個展が幾つか集まってそれぞれでやる場合は
やはり全体を見るキュレーションが有った方がいいのか?
貸し画廊では難しいのかな。

 

「BARTKIRA EXHIBITION IN TOKYO」展
http://hakusen.jp/
出展 : James Harvey、Ronald Wimberly、Zoom Rockman、
       Bodie Chewning、Ryan Humphrey、Jack Teagle
ギャラリー白線
3/7-3/21

これは阿佐ヶ谷アートストリート2015の一環で実施されて
いる展覧会です。

阿佐ヶ谷アートストリート2015
http://www.asagayaartstreet.com/
3/7-3/29

大友克洋の「AKIRA」にマット・グレイニングの
「ザ・シンプソンズ」のキャラクターと設定に置き換えて作品を
再現していくプロジェクト。
AKIRAのメインキャラクターである金田をザ・シンプソンズの
バートが演じているので「バーキラ」。
いや、金田をバートだとバーキラじゅあないだろ、アキラ
をバートが演じないと……と言う突っ込みはさておきですが。

この左の元ネタが右にようになるのですね。
20150314_17_31_20 20150314_17_31_26

このプロジェクトの面白いところは一人のアーティストの作品
ではなくオンラインコミュニティプロジェクトとして様々な
アーティストが参加していること。日本の漫画が元になって
いるのに日本人にはあまり知られていないプロジェクトなの
かしら?

20150314_17_30_49 20150314_17_30_53

それよりも阿佐ヶ谷アートストリート2015、ちょうど狭間の
期間に行ったというのもあるのですが……盛り上がり感
が全くないのが残念でした。大丈夫かな。
国内最大規模の都市型地域アートイベントと言うので
あちこちでイベントで盛り上がってるかと思いきや……。

我々が行ったその日、ギャラリーで展示をしていたのが
3,4か所。そのうち一番近くの1か所に行ったのですが。
3月中旬から、と銘打っていた他の場所のの展示はまだ
やっていない。ラピュタやアートストリートも寄りましたが
何もやっていませんでした。箱の人なども詳しく知らない
様な感じで、一体感は感じられず。
やっている雰囲気も無く、資料や旗もなく、駅前に何か
告知もパッと見は見当たらず(あったのかもしれません)
ととにかくさびしい状況でした。

公式WEBにパンフレットに関するおわびと訂正が沢山
載っていましたが、あれを見る限り、準備不足なのか、
何にしろ少し混乱があるような気もします……。
ちょっと残念な感じでした。

LUMINE MEETS ART
http://www.lumine.ne.jp/lma/artist/mayu_fujisawa/index.html
ルミネ新宿
3/12-

これは展覧会カウントには入りませんがLUMINE MEETS
ARTの一環で新宿ルミネのエレベーターにアート装飾を
すると言うものを良くやっているのですが今回の作品が
好みだったので。
20150313_15_52_31 20150313_15_53_47

藤沢まゆさんと言う作家さんで染色の伝統工芸を用いて、
淡い色調で布に絵を染め上げる作品を作る方らしい。
この色合い好きだなぁ、と思ったら染色の色合いなのか。

20150313_15_58_14 20150313_15_32_55

 

|

« 単位展 — あれくらい それくらい どれくらい? | トップページ | 3331 Art Fair 2015 ‒Various Collectors' Prizes‒ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/61270115

この記事へのトラックバック一覧です: 上出長右衛門窯 「九谷焼コネクション」/「第9回shiseido art egg」 狩野哲郎展/波音の会 2015/「BARTKIRA EXHIBITION IN TOKYO」展/LUMINE MEETS ART/新宿眼科画廊諸々:

« 単位展 — あれくらい それくらい どれくらい? | トップページ | 3331 Art Fair 2015 ‒Various Collectors' Prizes‒ »