« 光琳アート -光琳と現代美術- | トップページ | 花と鳥の万華鏡 ―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥― »

ガブリエル・オロスコ展/未見の星座/菅 木志雄/コレクション・ビカミング

東京都現代美術館で企画展3展、コレクション展1展
を見て来ました。

ガブリエル・オロスコ展-内なる複数のサイクル
未見の星座〈コンステレーション 〉
菅 木志雄  置かれた潜在性
コレクション・ビカミング

 

東京都現代美術館で見た企画展3展+コレクション展です。
なんか全体的に難しかったな・・・この日はあまり考えたくない
ようなそんな展示が見たかったのかもしれません。ちょっと色々
考えるような展示でしたね。
 

ガブリエル・オロスコ展-内なる複数のサイクル
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/gabrielorozco.html
東京都現代美術館
1/24−5/10

この車を切って真ん中を抜いてつなげた作品、これは前に
見たことあったけど、それ以外は知らない作家さんでした。

20150207_14_48_43 20150207_14_48_49

写真が面白い感じですね。何かに見えるような写真の見立て
やそこに少し手を加えてモチーフとして作り上げているもの。
赤瀬川さんのトマソンほどではないですが、それがさりげ
なくてフッと入り込みそうな感じです。

20150207_14_45_05 20150207_14_46_01

ホテルなどの天井にある空気を撹拌する扇風機にトイレット
ペーパーを繋いだら・・・などと遊び心ある作品も。

20150207_14_54_46

石に模様を描き、その模様に合せて職人に磨いてもらう。
その途中でまた模様を描いてまた磨くということ繰り返し
て作った作品。

20150207_14_59_39 20150207_15_05_02

卓球台、なんですが、2ペア一緒に出来る台・・・でも中心
には蓮池・・・。

20150207_15_05_27 20150207_15_07_26

こんな感じで少し視点を変えてみたら、こんな作品が出来
た、的な作家さんのイメージがありましたね。
どこまでが計算でどこまでが思いつきなのでしょうか?

 

未見の星座〈コンステレーション 〉
-つながり/発見のプラクティス
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/constellations.html
東京都現代美術館
1/24-3/22

星座、星と星とを繋いで形作る。
から発して点と点のつながりを意識した展覧会。
とは言っても「つながる」というのが広義なイメージなので
作家さんそれぞれがイメージしたつながりを作品に反映した
ものは様々で幅の広いものになってます。
その分、とらえ難い事にもなりえてますが。

淺井裕介さんの泥絵のところは写真撮影が可能でした。
部屋いっぱいの泥絵は見ごたえあります。

20150207_15_40_32 20150207_15_40_12

20150207_15_40_43 20150207_16_06_32

太田三郎さんの切手の作品。切手や郵便局の位置により
アトムを描いたりなにかへ繋げています。

志村信裕さんのドレス、はリボンに映像を投影した作品。
水面の映像でしょうか?裏側から見ると輝きがまた趣き
あった綺麗でした。もう一つの桶への投影映像も良い。

その他、伊藤久也さんのお店を絡めたプロジェクト、
大﨑のぶゆきさんの溶けて行く星座の映像、北川貴好さん
の美術館の裏側を除くインスタレーション、山本高之さん
の難しい話に対する子供の表情を撮った映像作品など。

 

菅 木志雄  置かれた潜在性
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/kishiosuga.html
東京都現代美術館
1/24−3/22

石、木、金属、素材を見せるそんな作品たち。
菅さんを代表する「もの派」に対しては私は良く知らないの
ですが、ものだけでなくそこに至る経緯やパフォーマンスと
いうものも重視している点などがこの70年代頃の時代の芸術
に共通するようなものがある気がしました。

20150207_14_35_32 20150207_16_42_19

 

開館20周年記念 MOTコレクション特別企画
コレクション・ビカミング
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/motcollection-becoming.html
東京都現代美術館
1/24-6/28

今回のコレクション展は美術館の活動などを振り
返ったもの。活動と作品がリンクしていく。

テレビモニタなどのメディアを使った作品、その保存。
展示ごとに形を変えていく作品。
教育普及プログラムとの連動。

絵画のキャンパスの裏側を見せる展示は面白かった。
作品を見るというより作品の履歴を見る、そんな展示。

 

|

« 光琳アート -光琳と現代美術- | トップページ | 花と鳥の万華鏡 ―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/61108465

この記事へのトラックバック一覧です: ガブリエル・オロスコ展/未見の星座/菅 木志雄/コレクション・ビカミング:

« 光琳アート -光琳と現代美術- | トップページ | 花と鳥の万華鏡 ―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥― »